イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

年中向けのテストを受けてきた

さてさて、小学校受験を一応検討していることをこれまでの記事でも書いていましたが、このたび初めて、子どもを幼児教室の模擬テストを受けさせてみることにしました。

で、ある休日。子どもを連れて、ある幼児教室へ。
子どもには何をさせるか一切言わずに、「XX駅に行くよ~」とだけ言って連れ出したので、いきなりテストを受けさせて、へそを曲げてしまわないか心配だったが(私自身、子どもに何と言ってテストを受けさせればいいのかわからなかった。「どこまでできてるか調べてもらいに」とか?「おともだちと比べてもらいに」とか?あらためて考えると、結構「テスト」って嫌な響きだなあ、と思った)。
着くと、すぐにお預かり。私は子どもが最後にトイレに行ったのがいつか思い出せなかったので、「トイレに行っておいで」と言ったのだけど、職員さんは「一人で行けるよねえ」と言って、預かられてしまった。付添の大人は、一時間後にお迎えに来てください、とのこと。(テストの間、親が外で時間をつぶすことは聞いてないよー、と思った私。)

子どもには数字のかかれた名札をつけられ、「今日はゆきごんくんじゃなくて、1番さんと呼ばれますよ」と説明していた。・・・そんなことは初めての経験なので、大丈夫かな、と思いつつ、後ろ髪をひかれる思いで離れました。




で、1時間後、テストが終わった様子。
子どもたちが一列に並んで出てくる、一番最初に「XXXXゆきごんくーん」と呼ばれ、「はーい」とお返事して、にこにこしながら出てきた我が子。その笑顔を見て、ほっとする私。
全員の子どもたちがでてきて、さあ、帰ろうとしたそのとき、先生が私のところに走り寄ってきて、おっしゃるには。
「あの、ゆきごんくん、あんまりテスト慣れしてないみたいで、やり方を教えるところじゃないところでも少しやり方を説明したりしてやった感じなんですけど、それでも、やっぱり慣れていないので、テストの結果もあんまり良くないと思うんですけど、ただ単にテスト慣れしてない、ってだけですので、気にされないように」みたいな。「でも、本人はにこにこして楽しそうにしてたので」と。
まあまあ、こちらこそ、全然準備できてない状態で受けさせてすみません、みたいな気持ちだったし、むしろ、うちの子が普通の状態でどの辺の位置として評価されるのかが知りたくて行ったのだから、結果は良くはないだろうが、気にしないつもりでいた。でも、先生がそこまで言われるのなら、よっぽど悪かったんだろうな~、とは思ったが。
帰りに、テストがどんな様子だったか聞くと、「ぼくねー、いちばんさん」、「さいごにねー、紙芝居をよんでくれたの」
と、話してくれたが、それ以上のことは、「わすれたー」一点張りで、何をやったのかはよくわからなかった。ちなみに、うちの子、「わすれたー」と言い始めると、それまでに話してくれた内容まで、話さなくなってしまう(ーー;)。

そして、1週間後。テストの結果が郵送されてきた。
(実際には、それまでに解説の日が設定されていて、その日にテストの結果を幼児教室に取りに行くのだが、それが平日で私が取りに行けないと言うと、それなら郵送しますと。)
ドキドキしながら、開封する私。ちゃんとテストの内容一式と、そして、成績表が入っていました。
そして、成績表。うーん、やっぱり良くない。てか、1番下ではないが、下から数えて、1ケタめの順位。良くないことは想像していたが、ここまで良くないとは思わなかった。意外にも、ペーパー以外のところの成績は悪くなく、そこもびっくりした(とはいえ、ほとんどすべてが平均点を下回っていたので、相対的に見れば大したことはないのだが)。
で、その次に、テストの内容一式を吟味(こっちの方が大事だからね)。
まず驚いたのは、そのボリューム。たった1時間の間に、こんなにテストできるものなのか、と。いわゆるペーパーが半分と、ペーパーじゃないものが半分。両方、8種類ずつくらいのテストがされていたのだった。
そして、ひとつひとつ内容を見ていくが、面接の様子とか、うちの子の回答、まあ、普通に回答できてるし。「です、ます」がほとんどついていないので、コメントには「つけましょう」と書かれているが、それでも、得点してるのは、やっぱり年中向けということで少し採点基準が甘いのか。
最後に読んでもらった紙芝居、というのは、実は、テストの一環で、お行儀よくできるか、のテストだったらしい・・・。うちの子が、満点だったのは、ここだけだった(^^;)。
そして、ペーパーの方の内容も見てみたが・・・、私に言わせれば、できてる方だった。できてないところもあるけど、まだ4歳なんだから、こんな問題できなくても、という程度。
実は、ある項目で、実際には8点満点中6点採れていたのを、移記ミスで成績表上0点になっている項目もあったのだが、それでも、下から数えた方が早い順位なのは一緒だからね。

で、テストを受けての感想は。
うちの子はうちの子なりに、ちゃんと成長しているし、それなりにできるようになっていること。
しかし、幼児教室でテストを受けるようなお子さんは、その程度ではなく、万全の対応をしているということ。
つまり、相対的にみると、お受験市場の子どもとしては、うちの子は現在下位グループにいるということ。
・・・でした。

現時点で下位グループとしても、それほど気にすることもないこともわかっているんだけどね。
これから、年長さんになるにつれて、現時点では受験未検討の幼児さんの参入も増えてくるだろうし。
あくまで、この時点で十分準備ができてる子どもさんたちの中で、ってことだから。

むしろ、すでに準備ができていて、満点や満点近くを採ってるお子さんってどうなんだろう、と、逆に怖くなってきました。
年中さんといえども、やればできるのだろうけど、しかし、それには、それなりのトレーニングが必要なんでしょうから・・・。
あんまり小さい子が、そんなトレーニングに時間を費やしてるというのも、どうもね。
(私立小学校の怖さって、案外こんなところにもある気がするなあ・・・。こういう環境で育った子が数割を占める、っていう教育環境も、逆に、健全ではないかもしれない、と思う)

しかし、小学校側も、そんなことはわかっているわけで。
これまで、いくつか私立小学校の説明会見学をしているが、「トレーニングをしてきた子が欲しいわけではない」というのは、多かれ少なかれ、どの学校も言っていることだ。おそらく嘘は言っていないだろう。
とはいえ、それも本当だろうか?とも思う。受験している子のほとんどをトレーニングをしてきた子が占めている中、過度にそれとわかる子をふるいにかけることはあるかもしれないけど(学校側がそういうことをできちゃうのが小学校受験のいいところでもあり、ダークなところでもあるわけで)、全くトレーニングをしてない子の見栄えが落ちるのは間違いなく。本当にトレーニングをしてきた子が欲しいわけでないなら、むしろ、見栄えの悪い子から採っていく方が間違いないとは思うが、実際には、できる子の方からほしいと思うのだろうから。
親にしてみれば、問題は、こっちが行かせたいと思ってる小学校にとって、うちの子は十分採ってもらえるんでしょうか?ということ、それだけだと思う。そのために、トレーニングが必要なら、それなりのトレーニングはさせとくべきだと思うし、本当にトレーニングしてきた子を採らないというなら、トレーニングなんかさせたくない。個人的には、未就学児にトレーニングは必要ないと思ってるから(幼児は幼児期にしかできない体験をすべきだし、トレーニングでその貴重な時間を削りたくない、という考えなので)、もし、その学校に入れるためには必要としても、本当に最低限なことしかやらせたくない、というのが本音だ。

しかし、このテスト結果。どうなのかなあ、と思う。

一応、私が候補と思ってる学校数校は、いわゆるお受験校ではないところなのだが、いわゆるお受験校の中にも、気に入っているところが、現時点では1校だけある(気に入ってるだけで、どうしても行かせたいとまでは思ってないが)。

お受験校、つまり、人気の高い学校の特徴っていうのは、実は、共通項があって。
それは、名門大学の付属小学校。それから、大学は併設されていないが、そのまま進学できる高校から有名大学への進学者数が多い小学校。そして、伝統校(名の知られている学校、すでに一定のイメージが認知されている学校)だ。そして、それらからは少し劣るが、その偏差値の高い中学校への進学者数が多い小学校、というのも人気がある。
・・・ということが、だんだん、私にも見えてきた。
私は、小学校時代の環境が子のその後の心作りに大きな影響を与えるのではないか、という仮説のもと、小学校選びをしているので、必ずしも、こういう人気校を好ましいとは思っていない。
しかし、私も、子どもには、可能ならば名門大学に入ってほしいと思ってるし、そういう意味では、いわゆるお受験校に対する色目というのもゼロというわけではないのだ。
でも、たぶん、お受験校には行かさないような気がする。先に書いたように、幼い頃からトレーニングされてきた子が少なからずいる環境、というのは、ちょっと不自然で、子どもにとってあんまりいい環境ではないかもしれないと思う。
私が入れたいのは、むしろ、そうではない私立小学校で、進学実績をあえて入学希望者にアピールしないような学校なのだけど(こういう学校もいくつかはある)、でも、そういう学校も「本当は人気校に行かせたい。でも、もしその志望校がダメなときに、どうしても公立には行かせたくない」という親御さんの受け皿になるかもしれなくて、そんな場合は、さきに書いたようなトレーニング児ととうちの子を比較されるということになる。
そういうことでね、うちの子はどうなのかな、と思っちゃったりするのだ。

機会があったので、保育士さんにもこの話を話してみたところ、「(世間に)そういう子はいるが、そういう子は毎日、それ(ペーパー対策のことだと思う)、やってるからねー。ゆきごんくんもやればできると思うけど、べつにねー」とのこと。
・・・私としては、毎日、それをやらせることが、子どもの将来のためになるとは思えないので(近い将来、つまり受験のためには役立つだろうが、遠い将来、つまり社会に出てからのことを考えると、幼児期は幼児らしい環境に身を置いておいた方が自信を持って生きられるんじゃないかと思うのだ)、できることならやらせくない派。だって、毎日、知能テストの準備をしてるようなもので、それって不自然でしょ。
ついでに、保育士さんからは「ま、公立に行ってれば、模試とか常に後ろから数えた方が早いくらいだから」とも言われた。
・・・それは困るが。
ゆきごんの成長については、「ぜーんぜん、ふつうですよ!」とのことだったので、幼児としては普通に成長しているということだと思うのだが。(私自身、子どもの成長具合には満足していたし。部分的に歯痒いところはあるが、それが欠陥だと思ってるわけでもないし)


・・・ということを踏まえて、今の悩みは、幼児教室に入れるべきかどうか、入れるなら、いつから入れるか、ということ。もちろん、幼児教室もいろいろあるので、どの幼児教室に入れるのか、ということもある。
料金も結構なものなので、その点でも悩む。
どうなのかな、結局最後まで入れないかもしれないし。逆に、突発的に始めちゃうかもしれないし。

【 2010/07/26 (月) 】 小学校入学準備 | TB(0) | CM(2)
No title
私がこの記事を読んで思ったのは「やっぱりなぁ・・・」というのが率直なところです。
おそらく、うちのお子たちも(もしかしたら姉さんのほうも)、いまそのテストを受けたら、間違いなく下から一桁代だとおもいます(自慢にはならないだろうが。。。汗)。
まず、家で問題集をやるにも、問題の意図するところがわかっておらず、親が説明しないといけない。そして、それでもわからない問題も多々あり。。。
うちの子の習い事(スイミング)に、国立の大学付属小学校(幼稚園)に通う子が多いのですが、彼らをみていると、受験すること(したこと)よりも、親の教育熱心さのたまものを感じます。お家柄というのか。
たぶん、「受験慣れ」ってのもあるのでしょうね。また、夏休みのコンクール系の宿題(提出してもしなくてもよいが、学校から紹介される絵や作文など)の、去年の入賞作品ってどんなのかしら?とHPとかをみると、うちの地域は、この学校が一番多く、ほかもきまった学校の子ばかりが入賞していたりして。公立の普通の子はそこまではいかないのかしらね?親が介入してたりして(←悪意?)とおもったり。
塾なども余裕があれば、通うにこしたことはないのでしょうけれど、うちの1号と同じ幼稚園の子たちが、2年間、週3回通っていて、それでも受からなかった姿をみていると、なんだか切なくなってしまいますね。
うちの場合、人生の目標は「自分のことは自分で」「自分の興味の持てる分野で生き生きと活躍できるように」「他人を思いやる心」ということだけなのですが、結局そこに至るまでは、いつかは受験しないといけないのですけれど、それを「いつ」にするかは結構悩ましいところですね。早いほうが後が楽なのか、遅いほうが、小さいうちは遊ぶことを楽しめるのか??相反するメリット、デメリットがあるわけですから。
小学校に入ってみて、入る前よりは「意外といいかも」と思える部分もうちの場合は多かったのと、なにより経済的な理由で、できるだけ受験は遅くから開始してほしいとも親の都合で私個人的には思います。あと、転勤問題も残っているので、この問題が落ち着くまでは、当分公立で・・・とも思います。
気になるのは、公立でも親の出番が多いけれど(最低でも年に10回は学校に出向くので、兄弟がそろって入学すると楽かもしれないが、片方が未就学児童だとさらにイベント回数が重ならない分多いし)、公立ですら強制のPTA活動から、強制ではない「ボランティアで掃除」「ボランティアで校庭やプール、下校の見守り」「図書室当番」「家庭科の先生補助」「英語教師補助」「理科実験補助」「朝の読み聞かせ」などがあるので、学校活動に参加したければ、毎日でも学校にいく機会はあるので、、私立ってどうなんでしょうね?共働きでも実際、可能なんですかね?
【 2010/07/26 (月) 】 編集
ちゃいさんへ
コメントありがとうございます。

テストの問題の1つ1つはそれほど難しいものではないですが、出題量が多いと思いました。
ですので、「トレーニング」が必要だと思いました。
1度解いたことがあれば、その次はできるようになる確率が高まるでしょうし、何度か繰り返しやれば、少なからぬ子が反射的にできるようになるでしょう。
また、小学校受験では子どもは文字をかけないことになっているので、マルをその数だけ書きましょうとか、あてはまるものに△をつけなさいとか、そういう出題方式です。なので、慣れが必要なのも確かです。ただ、子どもはそんなに応用が利くと思えないので、下手にひとつのパターンに慣れると、違う問われ方をしたときに、また答えられないこともあると思います。なので、出題されそうなあらゆるパターンを慣らしていく必要もあるのだと思います。
私が懐疑的に思うのは、そういう設問に対し、反射的に答える能力、パターンを変えても正解できるほどのトレーニングというのが、幼児に必要なことなのか、ということです。

夏休みのコンクール系の宿題に特定の学校の子が多い、というのは、わかる気がします。
受験科目に絵画がある学校の、子どもの作品の展示、っていうのは、素晴らしいですもん。
親の介入は、間違いなくあると思いますよ(←偏見?^^;)。
小学校受験が親に相当のウェイトが置かれる試験なのは間違いありません。中学校受験でも親の支援が必要だと言われていますが、小学校受験は両親揃って協力的であることが望ましいようです。

幼児教室を通わせることについては悩んでいるところですが、通わせるのであれば、受験のためのトレーニング一辺倒なところではなく、受験に失敗しても、子どもに大切な何かが残るような、を選ばなくちゃな、というのは、肝に銘じているところです。

「いつ」が悩ましいことは、本当に同意です。(私もブログのどこかで書いたかも)
私は、10代の頃にはいろんなことを勉強してもらいたいので、大学受験には挑戦してほしいと考えてますね。でも、そこ以外は、悩ましいです。

親の出番についてですが、公立か私立かではなく、どの学校か、によると思います。
共働きでは通わせるのがほぼ不可能という私立もあります。逆に、学校に任せてほしいということで、親の過度の介入を望まない私立もあります。私の印象では、女子校系は親の負担は大変で、男子校系はそれほど親の負担は必要ない、という傾向にあるように思います。
【 2010/07/26 (月) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。