イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

弱気なこのごろ

最近、体力が衰えてきているな、と思います。
年齢的なものもあると思いますし、一時的なところもあるかもしれない。
ただ、体力が衰えてきていると感じると、精神力も弱くなってくることを実感しています。
私はいつまで生きているのかしら、なんて思う。
でも、2人の子どものことを考えると、この子たちが大きくなるまでは死ねない、とも思う。
子どもたちを出産していて良かったな、と思う。あなたが私たちのところに来てくれてありがとう、と思う。私のために。

そういう言葉の綴り方は概念的に知っていて、それに従って、今、私は文章を紡いているだけなのかな、とも思うけど、でも、目の前に実際に子がいると、実感も伴う。
私は、母親として、他の女性と比べればスキル的に大したことはないかもしれないけど、それでも、やっぱり自分の子どものことは誰とも違うことまで知っているはずで、愛情、というものかどうかわからないけど、思い入れが誰よりもあることは間違いないわけで、やっぱり彼・彼女たちの根っこのところに私がいた方がいいと客観的に思うし、私もそこにいたいと主観的にも思う。

仕事もし、育児もしていると、また家事のこともあるのですが、毎日いろいろやらなければならないことがあり、でも、思い通りに時間がとれず、また、貴重な時間を非効率に使ってしまう、自分の無力さに落ち込み、他の人の私に対する態度に落ち込んだり、または何かの一言に嬉しくなったり、そういうふうに簡単に他人に感情をアップダウンされたり、いろんなタイプの人に接して、そういう見方もあるかとか、ああはなるまいとか、気づきをもらったり、場合によっては感激させられたり。
たぶんそういう忙しさは、誰からも求められていないことよりも、何倍も幸せなことだと思いもしますが、やっぱり疲れますし、ふと落ち込んでしまうこともある。
今は、ちょっと落ち込み気味な感じです。

それでも、自分なりに頑張っていかなきゃいけないんですよね
スポンサーサイト

LINEしない派

最近、思うのですが。
私はつくづく、他人とのつながりをわずらわしく思う人だな、と。

友だちがたくさんほしい、とか、思ったこと、ないのですよね。
みんなでわいわい楽しみたい、とか。

最近、そんな私と感覚の違う方と接する機会がありました。
まあ、接するというか、しばらくお付き合いする必要があった、というか。
それで、ああ、私とは感覚が違う人がいるなー、となんとなく感じていました。

で、そういう方たちは、どうやらスマホでLINEを活用してらっしゃるみたい。今、そういう方たち、と複数形で表現しましたが、違う場所での知り合いで、その方たち同士の接点はありません。それぞれの交友関係にLINEを利用されてるみたい、ということです。

良識的であるということ

ご無沙汰しております。年度末ですね。

この一年を振り返ると、ですね。
好むと好まざると、人とのお付き合いの多い一年だったなあ、と思います。
職場でも、子どもの学校でも。

そして、思ったことは…。
世の中にはいろいろな人がいるんだなあ…、という感想。
いや、あたりまえすぎる感想で、すみません。

特に、「感じ方」。
「感じ方」というのは自由です。その人の感じ方を否定することはできない。
ま、その感じ方を「変わってるなあ…」とこっちが思うことも、同じく自由だったりしますが…。
そして、その「感じたこと」に対する「行動の仕方」。
これまたやっぱり、「え?そうくるの?」と思うような行動をしてくる人がいる。いるんです。
もちろん、公序良俗に反する行動でなければ、どう行動しても認めざるをえない、と思う。
これも、こっちがどう思うかは自由なんですけどね…。

で、その「感じたこと」「それに対する行動」。
やっぱりそれが突飛だと、ちょっとね。
他人に信頼してもらえなくなる、というのはあると思います。

いろんな考え方(愚痴)

久しぶりに軽くひと記事。(←1ヶ月放置のバナー広告が現れたので)

ここのところ、少々忙しかったです。
瞬間風速の強い仕事が、職場でもプライベート(ママつながり系)でも入ってきましたので。

で、まあ、プライベートの仕事の方で感じたんですが・・・。

「母という病」を読んで

標題のタイトルの本を読みました。

いろいろ考えされられました。
そして、結構疲れました。

乳児期に母親と愛着関係を育むことがいかに大事か、という内容です。(はい、はしょりすぎです)


(017)母という病 (ポプラ新書)(017)母という病 (ポプラ新書)
(2014/01/08)
岡田 尊司

商品詳細を見る

結婚相手と実母

最近、ちょっと昔の友人から連絡があったりしまして。
それでちょっと昔のことを思い出して、もやもやしたりしております。

ぶっちゃけ、結婚のことだと思います。
今の生活は、幸せなんですが。夫と二人の子にはほとんど不満なく。
ただ、結婚するときまで記憶を遡ると、他の人とも結婚する可能性はあったじゃん、ってことなんですね。
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。