イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

前記事その後

うーん。私はフィギュアスケートにめっちゃ興味があるわけでもないし、スポーツ観戦も別に好きなわけではないので、前件のこと、語る資格もないような気がするのですけど。
でも、その後も、ニュース等でどのような取り上げられ方をするのか、気になって、チェックを続けていましたので、その所感など。
(断っておきますが、私は本当に素人なので、ただ感じたところを書いてるだけで、何かを主張してるつもりはないですよ~)

まず、一番多い、そして、もっとも大人な反応は、「棄権すべきだった」というもの。
脳震盪の危険を考えると、あの判断はありえない、とか、本人の意思を尊重したというのは言い訳、とかいう批判ですね。
スポンサーサイト
【 2014/11/12 (水) 】 tea break | TB(0) | CM(0)

昨日のフィギュアスケート(中国GP)の羽生選手の件

昨日(2014年11月8日)のテレビ朝日のフィギュアスケートの中継、見ました~。

羽生結弦選手がエンカン選手と公開練習中に衝突し、氷上に倒れたシーンも、その後、にらみつけるような表情で公開練習を再開したところも、そして、ついにはフリーの演技を始め、完了した一部始終も。

リアルタイムですごいものを見てしまった、と思いました。
言葉で簡単に表現することはできないようなもの。

でも、なんとなく、羽生選手なら出場するんじゃないかという一抹の期待はありました。
怪我を治すことが優先なのだから、そんな期待をしてはいけないような気がしながらも。

不屈の精神を体現した、という感じでしょうか。

オリンピック金メダリストの彼が、もともと最注目されていた選手である彼が、あのような行動に出た、ということは、
観ている全員に、不屈の精神というのはなんたるものかを刻み付けたのではないかと思います。


【 2014/11/09 (日) 】 tea break | TB(0) | CM(0)

映画「STAND BY ME ドラえもん」見てきました(辛口)

家族で「STAND BY ME ドラえもん」見てきました。
正直、観なけりゃよかった、というのが個人の感想です…(*_*)

あまり興行中のものに対して否定的な見解をこう公の場で書きたくないんですけど、ちょっと宣伝過剰だったり、一応興行成績が良かったりするので、つられて興味が出て見に行っちゃう層もいるかもしれません。
はっきりいって、育児中で忙しい層が時間を工面してまでいく映画ではないという感想です。
私は、TVアニメのドラえもんの中で放送された「特別映像」を見てこれは泣けるかもと思って、映画館に足を運んだクチですが、「本編」より「特別映像」の方がよっぽど素直に泣けます。
っていうか、この映像素敵、と本編で思ったところは、ほぼ全て、特別映像で既視でしたから!

☆5で評価するとすれば、☆1.5、ってところかなあ。。。
タイムマシンでの時空移動シーンや、しずかちゃんの表情のかわいらしさなど、観る価値があるところもなくはなかったので。最低の☆1は免れてる感じかなあ。
でも、逆に、☆1どころかマイナスをつけたい気持ちもあります。あとでネタバレのところで詳細は書くつもりですが、観客をバカにしてる?と思うところはありました。
ただ、一緒に行ったお兄ちゃんはよかったと言っていたので、よかったと思う人もいるみたいです。。。

あえて見に行くことをおすすめするとしたら、
★ドラえもん映画をもれなく観たいファン
★実験映像として観たい映画マニア
★今、話題になっていることを一通りおさえておきたい流行敏感派
かなぁ。

逆におすすめしないのは、
☆宣伝で久しぶりにドラえもんを見てノスタルジーに浸りたいと思っちゃった人
☆これまてドラえもんの登場キャラに愛着がある人
☆時間とお金を無駄にしたくない人
です。

以下、具体的に書きます(ネタバレ含みます)。。。
【 2014/09/02 (火) 】 tea break | TB(0) | CM(0)

THIS IS IT、観てきました。

マイケル・ジャクソンの映画「THIS IS IT」、観てきました。
リンク ⇒ 公式サイト

貴重な映像を見せていただきました。
マイケルってこんなにかっこいい人だったのですね。
(もちろん、彼が「スリラー」、「ビート・イット」、「バッド」等の大ヒットを飛ばしていたころ、私は中学生だったので、リアルタイムでその音楽を耳にしてはいたのですが、その頃は特に意識して聴いていませんでしたので)

まず、伸びやかで美しい歌声。
【 2009/11/08 (日) 】 tea break | TB(0) | CM(0)

親子漫才

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【 2009/07/04 (土) 】 tea break | TB(-) | CM(-)

忌野清志郎さん

死去、というニュース。(この記事を公開するときは、もうニュースから2週間過ぎて、お葬式等も終わっているので、すでに「ニュース」ではなくなっているかもしれませんが)
私もショックを受けました。
私自身がファンだったということでもないんですけど。
でも、独特の存在感がある人でしたから。
もともとは私の好きだったミュージシャンがファンだった、という感じで知った、忌野清志郎さん&RCサクセション。
それで興味を持って、過去の曲を聴いたりしてました。素敵な曲、いっぱいあります。
私自身が、ぱっと思いつくのは、「雨上がりの夜空に」「トランジスタ・ラジオ」、いま、私の頭のなかではなぜか、「不思議」という曲の「この街で会えるなんて不思議」という歌詞が頭の中をぐるぐると回っています。
私がリアルタイムで触れたのは、80年代終わり頃の「カバーズ」というCDアルバム、そして「タイマーズ」のCDアルバムでした。
でも、過去に数々の名曲を持ちながらも、忌野清志郎さん自身は、常に「今」話題の人、だったような。
なんというか、私の中で、パンクな人、かっこいい人の代名詞で、「死去」ということが信じられません。
ご冥福をお祈りいたします。
【 2009/05/16 (土) 】 tea break | TB(0) | CM(0)
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。