イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2006年03月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2006年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小さな自信

小さな子の成長にとって、「小さな自信」って大事だと思います。
「小さな成功体験」というか。

ママ友さんとお話しすると、(まあ、いろんな方がいるんですが、)自分のお子さんのことを卑下される方が本当に多いので…。
ママ友さんに話しかけるときって、相手のお子さんの最近のご活躍を褒めることをとっかかりにすることが多いんですけど、否定の形で返される方が本当に多くて…。
謙遜は美しいことなのかもしれないですけど、でも、本音の否定のようにも聞こえて、自分の子には「もっと上」を目指してほしいのかなあ、とも思います。

(私は結構自分の子を否定しないんで、厚かましいお母さんと思われてるかもなあ…。
こそばゆいので、さりげなく話題を変えたりはしますけど。)

私はむしろ「小さな成功体験」をなんとか積み重ねさせたい、と、頑張っちゃってる方です(必ずしも結果には結び付きませんが^^;)。
井の中の蛙なのはわかっていても、ね。
小さな自信が積み重なっていけば、自己肯定しやすい子に育つんじゃないかと思うので。

今はインターネットでいろんな情報が入るようになったので、「全国レベルではこの程度」とか評価の基準もナショナルレベルになっちゃってるのかもしれないですね(これで英語がもっと普及すると、我が子は「世界レベルではこの程度」というグローバルレベルの評価基準になっちゃうのかも…)。
私も、インターエデュのような教育系掲示板で、優秀なお子さんをお持ちの親御さんたちの話の盛り上がりを見て、すごいなー、(本当かなー、)等と思い、我が子とつい比べてブルーな気持ちになっちゃうこともありました。
情報発信をしたい人が誰でも情報発信できるインフラが整っていて、それはいいことだとも思いますが、つい自分とか自分の子とか比較して情報を受け取りがち(そして、ブルーになりがち)なので、うまく距離をとって情報を受け取らないといけないですよね。

あと、謙遜ということもあるかもしれないですけど、私なんかはこっちがほめてるんだから、一緒になって、喜んでくれたらいいのに、なんて思っちゃいます。
親御さんに否定されることを期待して話題をふっているわけではないので・・・。
正直、軽く「ありがとう~」くらい言ってくれたらいいのにな、と思うのですが。

「小さな成功体験」、いいじゃないですか。
一緒に喜んであげましょうよ。
誰かに言われた時は、自慢するほどのことではないかもしれませんが、否定しなくったっていいと思いますよ。軽く肯定しておけば。
それを親に認めてもらえたからこそ、子どもは次も頑張れるんじゃないかな、と思います。
まあ、負けて発奮するタイプもいるでしょうから、子どもの性格や得意な分野・不得意な分野によって、多少さじ加減はあるかもしれないですけどね。
スポンサーサイト
【 2015/10/01 (木) 】 教育について話そう | TB(0) | CM(0)

小学校4年生の夏休みの過ごし方[結果]

小学4年生息子、新学期が始まりまして、1週間。
我が家にとっては、3年生まで頼みの綱だった学童保育所(公設)に頼れない初めての夏です。
本当、この1年半くらい、「小学校4年生の夏休みは、なんとかなるんだろうか?」とずーっと懸案事項でありました。
まだ小学校4年生になっていないお子さんをお持ちの共働き家庭にとっても、懸案事項だと思いますので、参考にしていただければと、うちの夏休みの過ごし方の結果をこの場でまとめてみます。

【 2015/09/08 (火) 】 教育について話そう | TB(0) | CM(0)

中学受験塾に行かせるべきか否か(矛盾する思い)

小学校3~5年生を持つ親御さん(特に近隣に国私立中がある地域)は、「中学受験」という言葉に心がざわざわする方が多いのではないかと思う。私もそうです。

ただ、中学受験準備をしようと思えば、年間百万円は受験対策塾に支払う必要があるとの通説のようで。
「年間百万円」が家計に痛くないご家庭は、中学受験への道を躊躇なく選んでいただければ、と思うのですが、うちの家計から見ると、これは高い負担だが不可能ではない、という認識。だから、心がざわざわするんでしょうね。

さて、「中学受験」という言葉に、心がざわざわするのは、私のように「中学受験」準備の世界に飛び込んでいない親であって、もう覚悟が決まっている親御さんは、それとは違う心もちで日々を送られていることと思います。本当にそれは邁進していただければよいと思っていて、それに対して口出しをする気は全くありませんし、むしろ尊敬しているくらいだということを先に明記しておきます。これから書きますことは、私が置かれた環境において、自分がどう選択すべきか、ということについて考えを整理するつもりで書いているのであって、そうでない選択をした方たちへの批判ではないですので、ご承知おきを…。
【 2015/08/25 (火) 】 教育について話そう | TB(0) | CM(0)

兄妹でかける教育費が違うこと

今年の夏は暑かったですね~。やっと落ち着いてきたころでしょうか。
久しぶりに記事書きます。

うちは、兄妹でかける教育費に差が出てしまいそうな気配です。
まあ、大学卒業までのトータルではわかりませんが、少なくとも小学校くらいまでは。。。

時々ネットの掲示板とかで見るのですが、教育費に差をつけるのはよくない、って考えは結構あるようですね。
それについて、思うこと…。


【 2015/08/20 (木) 】 教育について話そう | TB(0) | CM(0)

小学4年生、夏。

うちの子、小学4年生男児ですが、最近、順調に成長してるかも、と思います。
学童保育所が3年生までなので、4年生の夏休みのことをすごく心配してきました。
いや、そのことはまだ今も心配なのですが、でも、やっぱり3年生までとは違うかもしれない、と思う。

ひとつは、お手伝いをしたり、自分で自分のことをすることをあたりまえと思うようになってくれたような気がします。
【 2015/07/25 (土) 】 教育について話そう | TB(0) | CM(0)

目の前のことにがんばれる、ということ


「音大卒は武器になる」という本を読みました。

私の知っている方で「音大卒」で、某会社の取締役として活躍されている方がいらっしゃいまして。

あと、それ以外の方でも、音楽系で活躍されている方(娘さんが海外でリサイタルをされている、とか)を少々知っていたので、「音大卒」や音楽で食べて行っている人、に少々興味があったものですから。

その謎が解けるかも、と。
【 2015/06/06 (土) 】 教育について話そう | TB(0) | CM(0)
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。