イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2009年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2009年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幼稚園でも、保育園でも。 その2

そして、続けてよんだのが、雑誌「ちいさい・おおきい・よわい・つよい64号」。特集は「お勉強なら幼稚園?生きる力は保育園?」です。
この特集を読むと、母親の悩みや、幼稚園・保育園の現実の保育の様子が伝わってきます。
その中で、私が気になった内容を抜粋・メモしておきます。([ ]の中は、私のコメントです)
スポンサーサイト
【 2009/03/28 (土) 】 両立生活supporter | TB(0) | CM(4)

幼稚園でも、保育園でも。 その1

以前、「幼稚園っ子は格上?」というちょっと感情的な記事を書いたのですが、予想以上の数のコメントをいただきまして。
その後、ちょっと真面目に自分でも「幼稚園」「保育園」について調べとこっかな、と思いました。

そう思ったとき、図書館でたまたま見つけた「チャイルドヘルス(2009年3月号)」という雑誌の、特集が「保育園・幼稚園ってどんなところ?」。
思わず読んじゃいました。

それでわかったのは、幼稚園・保育園は省庁の管轄が違う、ということもあるのですが(幼稚園=文部科学省、保育園=厚生労働省)、そもそもなりたちが全然違う、ということ。
【 2009/03/28 (土) 】 両立生活supporter | TB(1) | CM(0)

お片づけの霊、憑依。

私が家事全般が苦手、という話は、このblogでも何度か、書いています。
特に、掃除は苦手。
なのですが、何年かに一度、何ヶ月かに一度、くらいの割合で、猛烈に掃除がしたくなるときがあります。
先週末がそうでした。

私は掃除は苦手ですが、かれこれ主婦歴は長いので、それなりに、掃除の方法論、というのは、わかっているつもりです。
① モノの置き場所を決めること
② モノを増やさないこと
③ モノを捨てること
④ モノを置き場所に戻すこと
・・・というあたりでしょうか。

「①モノの置き場所を決めること」、ですが、これでも、十年以上にわたるダンナとの共同生活、そして、4回の引越しを経て、ずいぶん改善されてきました。
例えば、日に日に溜まる郵便物については、夫婦それぞれの「箱」を用意する(1~2ヶ月に1度のペースで中身を整理)、とかね。

で、平素、何ができてないかというと、断然「④モノを置き場所に戻すこと」ですわよ。
【 2009/03/28 (土) 】 主婦として&家事のこと | TB(0) | CM(0)

こどもの習い事、検討開始。

最近は、お子さんを早くから習い事をさせているお宅も多いですよね。
うちも、習い事、させた方がよいのかどうか、悩んでいました。

早く始めた方が苦手感がなくてよいのか?
でも習い事を始めると、週末の時間がままならないのではないか?

何冊か本を読んだところ、「芸時は6歳6ヶ月からはじめよ」との言葉もあるそうで、始めるとすれば、せいぜい年中さんからかな、というふうに今は思っています。
「しあわせ脳」に育てよう! 子どもを伸ばす4つのルールにも書いてあったし、おばあちゃんに聞いたらくらく子育て名言集にも書いてありました。)

ということで、この1年は、こどもの習い事方針をゆっくり考える1年にしようかと思っております。

楽器、造形教室、スイミング、体操、いろんな習い事がありますよね。
何にもやらないよりはやった方がいいのかもしれませんが、消化不良に終わるくらいなら、やらない方がいい、という話もあるかもしれません。
もしかして、何にもやらない方がいい、という結論になるかもしれませんし。

また、小学校受験もするかもしれません(しないかもしれません)。

いろいろ検討していきたいと思います。
【 2009/03/21 (土) 】 教育について話そう | TB(1) | CM(3)

だからといって、登校拒否は

このタイトルは、「育児書で、自分の育てられ方をふりかえる・その1 ~だからといって登校拒否はしませんでしたが~」です。どう考えても、長い題になってしまうので、正式のタイトルは、略して表示してみました。

で。
平井信義さんという人の書いた育児書を2冊読みました。

親がすべきこと・してはいけないこと―子どもの能力を最高に引き出す秘訣 (PHP文庫)親がすべきこと・してはいけないこと―子どもの能力を最高に引き出す秘訣 (PHP文庫)
(1996/01)
平井 信義

商品詳細を見る


第一子を伸びる子に育てる本 新版―のびのび子育てのすすめ第一子を伸びる子に育てる本 新版―のびのび子育てのすすめ
(2008/09/13)
平井 信義

商品詳細を見る


育児書を読むときは、その本から、うちの子を育てる際に有用そうなネタを仕入れる目的で読んでいるのですが、その本の信憑性を判断するのに、自分自身がどう育てられてきたか、その結果、自分自身はどういう人間に育っているか、ということと照らし合わせながら読むクセが私にはある。

で、この本。

ゆきごん、3歳4ヶ月

3歳4ヶ月になりました。
最近のゆきごんは、ですねー。ちょっと、「がきんちょ」っぽくなってきました。さすがに「悪ガキ」とまでは思いませんけど。

子どもの笑顔って普通にかわいいものですが、なかでも、子どもの笑顔が魅力的にみえる瞬間があります。
それは、「何かをたくらんでいるとき」の笑顔。
にまっ、と笑みを浮かべられると、「かわいいっ」と思いながらも、「こやつ、今、何を企んだ?」と警戒するようになりました(^^;)。

さて、今回のテーマは、「なんで?」「ごあいさつ」「家でのあそび」「おてつだい」「てしごと」「読める文字」「男の子、女の子がわかる」「母、格下げ?」「えほん」「2月のおでかけ」「病気」です。

【 2009/03/13 (金) 】 ゆきごん成長レポート | TB(0) | CM(2)

魔法は続くか?

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【 2009/03/07 (土) 】 世の中に対して | TB(-) | CM(-)

両手にくま -わが子の気遣い-‏

ある休日、親子三人で大きな公園に遊びに行きました。
はじっこの方に落ち葉の残る道をジャック、ジャック音を立てて、お散歩。

そんななか、私がゆきごんと手をつなごうとすると、なぜかゆきごん、私の左手とパパの右手をしっかり繋がせようとするのです。
そして、ゆきごん自身は、私の右手と手を繋ぎ…。
この状態は、両手に花、ならぬ…、両手にくま!?
まあ、両手にお気に入りのくまちゃんをはべらせて、いい気分でお散歩させていただいたワタシなのですが。

ダンナは「ゆきごんなりに気を使ってるんだね」と一言。

そのときは公園をお散歩することが気持ちよくって、ダンナのいった一言を気にもとめなかったのですが。

家に帰って、その日あった一日をふりかえってみたら。

あ。
【 2009/03/07 (土) 】 たあいない日常 | TB(0) | CM(0)
カレンダー(月別)
02 ≪│2009/03│≫ 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。