イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2010年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やっぱり見た目のこと。そして、自信のこと。

前々回のTV朝日系のバラエティ番組、「ロンドンハーツ」で、小森純さん(ファッションモデルだそうです。私はこの番組でしか知らないのですけど)と大久保佳代子さん(お笑いコンビオアシズの光浦さんじゃない方)の比較っていうのをやってた(5月18日放送)。
この二人、年齢もぱっと見の雰囲気も全然違うんだけど、実は、素顔はとてもよく似てるのね。

…考えさせられました。
お二人の小学生時代の写真を持ち出してまでの、念の入った比較ぶりだったんだけど、なんていうか同じ顔立ちなのに、小森さんは表情が華やかなのよ。

あのあの。
私、女の子で、素顔が抜群に美形というわけじゃないけど、でもオーラを出してる美人さんっているじゃないですか。その秘密に興味があるんですよね。
スポンサーサイト
【 2010/05/29 (土) 】 教育について話そう | TB(0) | CM(5)

あいさつって仕込まなくっちゃいけないのかなあ

私、照れ屋の4歳の男の子を育児中、将来小学校受験をさせるかも、という母親なのですが。

小学校受験の本を見ると、というか、教育指南の本、育児のハウツー論、そういった情報を見ると、必ずと言ってもでてくるのが、「ハキハキ挨拶ができるような子にしよう」ということ。

それに対して、うちの子の現状は。
【 2010/05/14 (金) 】 教育について話そう | TB(0) | CM(4)

続・子どもを叩くこと

前記事「子どもを叩くこと」とで、どうやら世の中でそれなりの割合を占めるらしい「しつけのためなら、たたいてもいい」という考え方に対する、私の意見を綴ってみました。

で、結論としては、「私は暴力がキライ、だから、私は自分の子を叩いたりしない」、ということになりまして。
実際、この一言に尽きるのですが。
でも、元来が理屈っぽいタイプのワタシ(理屈じゃない、と言いきったのに^^;)、前記事を綴った後も、私が子どもを叩きたくない理由、というのが、次々と浮かんで来ちゃいまして。
せっかくの機会ですので、ここで、私の中に思い浮かんだ「私が子どもを叩きたくない、さらなる理由」というのを、とりまとめてみたいと思います。

(ふー。私が自分の子どもを叩かない理由を、思いつくまま、書いてみたら、思いがけず長文になっちゃいました。
丁寧でない口調になってしまったところもありますし、同時に決めつけ調になっているところもありますし、何より「叩かない」のは少数派らしいですから、反論のある人もいるでしょう。
とはいえ、私は自分の意見を紹介したまでで、考えの違う人と議論する気はありませんので、参考になるところがあれば参考にしていただき、考え方が違う部分があれば読み流してくだされば、幸いです。)

【 2010/05/09 (日) 】 教育について話そう | TB(0) | CM(0)

子どもを叩くこと

ベネッセの教育情報サイトに、「教えて!親野先生」というコーナーがある。
その最新の相談は、「しつけのためなら、たたいてもいい?」というもの。
(ベネッセの教育情報サイトは、会員登録しないと全てを読むことはできません。未登録の方、すみません。登録は無料ですので、興味があればどうぞ。)

この相談者の友人は、3歳と6歳のママなのだそうだが、「3歳では、やってはいけない理由を言ってもわからないこともある。それでも、ダメなものはダメと教えなければならない。しつけのために痛くない程度でたたくならいいと思う。おしりとかなら痛くないから」と言っているのだそう。

親野先生の回答は、
「私はたたくことには絶対に反対です。」
「ニュースを見ればわかることですが、暴力を振るう人は必ず理由をつけます。「その理由は正当であり、自分の暴力は正当なものだ」と言います。個人でも国でも同じです。
でも、暴力はどんなに理屈をつけても暴力なのです。暴力を正当化することはできないのです。」
「どんな理由があっても暴力は振るわない、それがあるべき姿なのです。」
というもの。

私自身も親野先生の回答に全く同意です。
親野先生のお考えも普段から主張してらっしゃることと変わりなく、さらっと読んでスルーしようとしました。

が、スルーできなかったのは、・・・読者からのコメント。
【 2010/05/08 (土) 】 教育について話そう | TB(1) | CM(0)
カレンダー(月別)
04 ≪│2010/05│≫ 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。