イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2014年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

他人の育児を笑うな

他人の育児を笑うな

ってフレーズを思いついたので書いてみました。

気がつくと、上の子も9歳。
あと一年で10歳。私も、育児歴10年になるってことですね。びっくり。

そして、おりしも彼は小学校3年生そして4年生。
まだ未就学児だった頃の面影も完全には消えておらず、そして、塾だの中学受験だのといった雑音もまだ色濃くない時期。

この時期になると、いろいろ見えてくるものがあるような気がします。

一人一人の子に個性があること。
必ずしも、同級生に合わせなくてもいいってこと。

子ども時代は子ども時代ならではの大切さがあること。
お勉強も大事だけど、お勉強ばかりではいけないような気がすること。
でも、時間はとても貴重で、油断すると、大事な子ども時代に経験しておいた方がよいことをスルーできそうな気もすること。

あと、最近、見えてきたこと。
それは、育児とか教育とかって仕事は、親の人生(特に母親?)を色濃く反映してるってことです。
親がどんな教育を受けてきたか、どんな人生を歩んできたか、そこでどんな景色を見たか、そして、それを踏まえて、子どもにはどんな人生を歩ませたいか。
教育熱心すぎてびっくりな親御さんもいます。
でも、それを批判することはできないな、ってちょっと思うんです。
だって、それって、彼女の(彼の?)人生を賭けてのリベンジのような気がして。

これは今だから言えることかも、って思ったりします。

この時期は、お勉強漬けにもでき、ほったらかして中だるみにもなりやすい時期だから。
だから、私もいろいろ悩むし、だから見えてくるものもある。
いろんな人がいるなあ、って思える時期でもある。

うん。まあ、そんな独り言です。
スポンサーサイト
【 2014/12/08 (月) 】 教育について話そう | TB(0) | CM(0)
カレンダー(月別)
11 ≪│2014/12│≫ 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。