イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

食アレっ子、鉄分補給

私がお邪魔しているbloggerさんのくまななさんせとかさんもお子さんの鉄分不足のことを記事にされていましたが、1歳頃の子どもって血液中の鉄分が不足することが多いそうですね。
うちの子もその例に漏れず。

アレルギー反応のテストのために、半年に一度のペースで血液検査をしているうちの子。
11ヶ月の検査のときは、検査結果がでるやいなや、連絡が入り、すぐにインクレミンシロップ(シロップ状の鉄剤)を処方されたくらい、鉄分が不足していたのでした。
1歳6ヶ月の血液検査でも引き続き鉄分が不足しているとのこと。
さすがにこれは少し意識して鉄分を摂取せねばなるまい。
・・・ということで、ネット上で情報収集してみました。

まず、鉄分を含む食材を調べてみると・・・、いやいやそれなりにあるんですね。
鉄分が不足しているというと、最初に思いつく食材が、レバー、ほうれん草というところですが、うちの子、抗原度が高いということで、レバーはもちろん、ほうれん草もまだ食べさせたことがない。
でも、うちの子が食べれる多くの食材の中に、鉄分は含まれてることがわかりました。
・海草(ひじき・わかめ・のり・昆布)
・貝類(あさり・しじみ)
・青菜(小松菜・春菊・チンゲンサイ・レタス・モロヘイヤ・大根葉)
・青い香味野菜(ニラ、ねぎ、パセリ)
・豆類&豆製品(高野豆腐・木綿豆腐・納豆・そら豆)
・雑穀&米(アマランサス・キヌア・粟・黍・稗・精白米)
・乾燥果実(レーズン・プルーン)
・その他(切干大根・椎茸など)
これだけあれば、食材の回転に困ることもないですね^^
あんまり鉄分という栄養にこだわるあまり、そればかりを食べるということはないようにしたいとは思っていますが。。。

で、具体的に、日々どう摂取するか。
まず、取り入れやすいと言うところで、主食はなるべく雑穀混ぜごはんにする。
おかずには、より多く鉄分を含み、日々の食材に取り入れやすい、ひじき、わかめ、昆布、小松菜、切干大根といったところを回転させて取り入れる。
あとは、アクセント的に、あさり、しじみ、パセリ、レーズン、プルーンといったところを時々使う。
というパターンならいけそうです。

ただ、植物に含まれている鉄分は、レバーなど動物性に含まれている鉄分より、吸収が悪いそうです。
それを高めるためには、たんぱく質、ビタミンCを一緒に摂取することだとか。

あとは、鉄の調理器具を使うとよいそうです。
例えば鉄鍋を使うと、微量の鉄が溶け出して、料理に混入するとか。
で、うちの場合は、調理器具ではないのですが、「鉄の健康鯛」を使うことにしました。
お湯を沸かすときに、これを入れて沸かしています。

以上です。
これで次回の血液検査までに少しは改善するかな?


【参考資料】
出典:J-Medical、http://national.jp/college/kenko/24fe/index.htmlより逆算、その他インターネット情報
    雑穀類は商品パッケージ記載
(食材100gあたり)

ひじき(55mg)
わかめ(2.0mg←乾燥わかめ、0.5mg←乾燥わかめ水戻し)
のり(10mg)
昆布(3.9mg←真昆布素干し)
あさり(7.0mg)
しじみ(5.3mg)
小松菜(3.0mg)
春菊(1.9mg)
チンゲンサイ(1.1mg)
レタス(0.3mg)
モロヘイヤ(3.8mg)
大根葉(2.7mg)
ニラ(0.7mg)
ねぎ(1.2mg)
パセリ(7.5mg)
高野豆腐(9.3mg)
木綿豆腐(1.4mg)
納豆(3.3mg)
そら豆(2.3mg)
アマランサス(5.76mg)
キヌア(3.75mg)
粟(2.2mg)
黍(1.1mg)
稗(1.0mg)
精白米(0.8mg)
レーズン(2.3mg)
プルーン(1.0mg)
れんこん(0.5mg)
切干大根(9.5mg)
スイートコーン(0.6mg)
ブロッコリー(1.0mg)
大根(0.2mg)
かぶ(0.2mg)
椎茸(4.0mg)


うちの子の食べれないもので鉄分豊富な食材
×ほうれん草(3.7mg)
×レバー
×小麦
×卵(2.6mg)
△獣肉
△魚肉
△大豆(2.0mg)
△黒豆
△赤身の魚
×アーモンド・ピーナツ
△ゴマ(9.6mg)
×牡蠣(かき)(3.6mg)
×玄米(2.1mg)

P.S. くまななさん、せとかさん。結構古い記事へのトラックバックになっちゃいました^^;。ご迷惑じゃなければよいのですが。
【 2007/07/06 (金) 】 アレルギー&生活改善 | TB(0) | CM(5)
うちは鉄分が不足してるかどうかの検査なんてしたことない。。
普通するものなのかしら?(@_@;)

1歳の頃は復帰してて朝晩は母乳だったけど、
日中はフォローアップミルクだったから
それで大丈夫だったのかな?
特に鉄分に気を使った食事とか作ってなかったし。

鉄分を含んでいる食材を見て安心した。
ひじき、わかめ、のり、高野豆腐、納豆などは
長男大好き食材です(^^)

あ、PSでプチトマトを頼んでみたら、エコ・トマトでは
なかった美味しさがありましたーー!
ともかく甘いんですよ~。
今回は1パックしか頼まなかったけど、次からは2,3パック
頼んじゃおうかな・・って思うくらいでした。
【 2007/07/06 (金) 】 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【 2007/07/06 (金) 】 編集
トラックバックありがとうございまーす。
「顔色もよくなったしもう大丈夫ー」
とシロップをサボったら
さらに数値下がっちゃいましたので、
お気をつけくださいませ。
(しっかり者のさちまねきさんなら
 そんなことはないですよね。)

うちはその後、血液検査していないのですが
特に鉄不足を指摘されることもなくなり
大丈夫なようです。
やっぱり一時的なものかもしれませんね。
【 2007/07/08 (日) 】 編集
Aquamarineさんへ
うちの場合はアレルギーテストのため血液検査を定期的に受けているんですよねー。
鉄分の不足を調べることを特に目的とした検査じゃないのですが、何の心配もなく健康に育った赤ちゃんはこういう機会は少ないかもしれませんね。
長男君、和食系食材、好きですねー。かくいううちの子も結構好きですけど^^。こういう食材が好きだと、栄養バランスの心配をしなくていいから助かりますよね。

今度はいいトマトに当たって、よかったよかった♪
美味しいトマトって本当に甘くておいしいですもんね。
【 2007/07/09 (月) 】 編集
くまななさんへ
なんとか無事トラックバックできました(なぜかよく失敗するんです。)。

私もサボりがちですよ、インクレミンシロップ。
この記事もかなり自戒モードで書いています^^;。

一時的なものだったらいいんですけど。
まあこれを機会に栄養バランスのことも少しは考えようと思いました。
【 2007/07/09 (月) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。