イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハハもお気に入り 乗り物絵本

物心ついた男の子ってどうしてあんなに乗り物が好きなんですかねー。
我が子の乗り物好きには時々ついていけないことがあります。

うちの子の場合。

発する言葉といえば、「でちゃー(電車)」「ばしゅ(バス)」の繰り返し。
そこには電車ないだろうー、というところにも電車が見えるらしく、あらぬ方向を指差して、「でちゃーーー!」と叫ぶことも。

保育園の紙芝居でも、そう。
お迎えに行くと、かぶりつきで大喜びで紙芝居を見ていたことがあり、『紙芝居好きなんだなー、よしよし』なーんて思いながら見てたのですが、保育士さんの話によると、乗り物がでてくるお話かどうかで、彼のくいつき度が全然違うらしい。
乗り物が出てくる話では大興奮して見ていますが、出てこない話ではよそ見をしたりして退屈そうにするそうです。

そんな彼の喜びを助長させようと奮闘するのが、パパ。
ハハの私の知らない間に、トミカ、ペットボトル飲料のおまけ等の車のおもちゃや、子供向け乗り物図鑑が、どんどん増えていく・・・。

絵本の読み聞かせなんかはしてあげたい私ですが、乗り物図鑑を持ってくる彼には複雑な心境でした。
だって私、乗り物の写真とその名前が並んでるだけの本って、全然そそられないんだもん。
絵本の読み聞かせはしてあげたいけど、気持ちが萎えました。
一度、ダンナにキレたことがあります。「読んであげるのは結局私なんだから、勝手に本を増やさないでくれる?」と(←結構マジギレ)。

しかも、車の名前をどんどん覚えていくんだよねー。
好きこそものの上手なれとはこのことでしょうか。
ハハはもう全く彼らについていけません。

どうですか、物心をついた男の子をお持ちのお母さん。
なんでそんなにくるまばっかり・・・、と呆れ果てたことはありませんか?あるでしょ?いやあるはずだ。

で、そんな気持ちをやわらげる絵本を見つけました。

それは、くるまの登場するおはなしの絵本。
いろいろあると思うのですが、私がひとめぼれしたのはこちら。

はたらくくるまはたらくくるま
(1999/12)
バイロン・バートンあかぎ かずまさ

商品詳細を見る

引越して初めて近所の図書館に足を運びました。
ゆきごん、いつのまにか絵本好きになっていたようで、展示してある絵本あちこちに手を伸ばします。表紙とかの印象で手に取っているはずなんだけど、意外とおもしろそう!と私にも思えるような本を手に取るんですよね。たまに「???」と思う絵本も手に取っていましたが・・・。
そんななかで、ゆきごん自ら見つけてきたのがこの「はたらくくるま」。ちょうど目の高さにあった車の本だったのでしょう。
ブルドーザー、クレーン車、ミキサー車等を使って、工事現場で働く一日が描かれた絵本なのですが、この絵本のシンプルな絵、カラフルな色使い、短いけど車の働き方を教えてくれるシンプルな文に、私もひとめぼれ。車だけなく、働く人がいっしょに描かれているところもよい。
「つぎのしごとはまたあした」という終わり方も素敵な終わり方だと思います。
こんな素敵な絵本を見つけてくるなんて、さすがゆきごん^^(←親ばか)


のせてのせて (松谷みよ子あかちゃんの本)のせてのせて (松谷みよ子あかちゃんの本)
(1969/07)
松谷 みよ子

商品詳細を見る

ゆきごんのくるま好きが顕在化しはじめた頃に買った絵本。
実はこの絵本、私が小さい頃にもあったんですよね~。うさぎさんの手をあげている絵とか見て、「あ、この本、やっぱり知ってる」となつかしく思い出しちゃいました。
まこちゃんの運転する車に、のせてのせて、とやってくるうさぎ、くま、ねずみ。まあ、それだけっちゃそれだけなんですけど。
この絵本の、「さあいくぞ、びゅーん」というフレーズは読んでて、楽しくなっちゃうんですよね~。


たろうのおでかけ (こどものとも傑作集 (24))たろうのおでかけ (こどものとも傑作集 (24))
(1966/07)
村山 桂子堀内 誠一

商品詳細を見る

乗り物を紹介する絵本ではなく、たろうくんがおともだちのところへおでかけするまでの様子を描いたもので、むしろ交通ルールを守る等しつけ面の要素が強い絵本です。
たろうがおでかけするにあたって、いっぱい車が通る道が出てくるのですが、ゆきごんは、ストーリーよりむしろ車の絵そのものに夢中。
でも、隙を見て、おはなしの読み聞かせをするようにしています。


でんしゃでいこうでんしゃでかえろうでんしゃでいこうでんしゃでかえろう
(2002/01)
間瀬 なおかた

商品詳細を見る

保育園で読んであげている本だそうです。
前からも後ろからも読める本で、いろいろな景色を旅していくお話。列車の窓から次の景色が少しだけ見えているので、少しわくわくします。
大人の私が見ても、工夫されてるな~、と感心する作りの本。


がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)
(1987/06)
安西 水丸

商品詳細を見る

いろんなところで赤ちゃん向け絵本として紹介されているので、いまさらここで紹介することもないのかもしれません。。。
最近は、うちの子、汽車の絵本とわかったみたいで「しゅしゅ」「ぽぽ」と言って楽しむようになりました。
(実は、私、この本が乗り物絵本だと長いこと気づかなかったんですよね~。哺乳瓶とか果物とか、身近なものを紹介する絵本かと理解してた。)





他にも探せば、乗り物のでてくる絵本はいろいろあるみたい。
お母さんもついていける(?)お気に入りの1冊があると、わが子の乗り物好きも、少しは余裕を持って見守れますよね♪
【 2007/08/10 (金) 】 教育について話そう | TB(0) | CM(2)
ほんと、男の子ってどうして乗り物大好きなんでしょうね。
子供が生まれる前は
「親が男の子だからと乗り物のおもちゃを渡すから乗り物好きになる」のだろうと思っていたのですが
そうではなくて、自ら乗り物に興味を持つんですよね。
保育園にはおままごとセットやらぬいぐるみやらもあるというのに、
電車や車を選ぶんですよね。
ほんとに不思議。

うちにも
バイロン・バートンの絵本ありますよー。
「ひこうき」と「ふね」と「とらっく」です。

たしかに、図鑑だと一緒に読めないですね。
私のほうがすぐに飽きちゃいます。
どれ見ても
「でんしゃー!!!」
ですもんね(笑)
【 2007/08/16 (木) 】 編集
くまななさんへ
保育園のお友達も、男の子は揃って乗り物好きなんですよね~。
でも、そのおかげで、うちの子は保育園に早くなじめたような気がします。(共通の趣味!?)
本当、不思議。。。

バイロン・バートンの本、ほかの本は私も本屋で立ち読みしたことがあるだけなのですが、無駄な線がなくて、色使いがきれいで、いいですよね~^^

図鑑好きはいいんですけど、うちの場合、チチは、買ってくるくせに自分では読み聞かせず、私に読ませようとするので、困ってしまいます。
飽きちゃうということもあるでしょうけど、私の場合、何が楽しいのか理解できないんですよね^^;
【 2007/08/17 (金) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。