イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

断乳を終えて・その4 (断乳後1ヶ月)

さて、断乳を終えて、1ヶ月近くが経とうとしています。

断乳をして大変になったこと、よかったこと、気づきをまとめてみたいと思います。

断乳を終えてまず思ったのは、断乳なんかしなくてすむならしないでいい、ということでした。
うちは考えた末「日を決めて断乳」という方法を選択しましたが、おっぱいを欲しがって泣き叫ぶ我が子を見ると、大人の都合で大事なものを取り上げて申し訳ないという気持ちでいっぱいになりました。

他に断乳をして大変になったことを列挙してみますと。

☆寝つかせ
断乳からすでに1月近く経った今ではそれほどでもないのですが。それまで添い乳という方法でしか寝つかせたことのなかった私は、最初どうやって入眠するのをお手伝いすれば良いのかわからず、途方に暮れました。
☆抱っこ
断乳をして数日は、おっぱい以外のわがままには、ある程度即効で応えてあげないといけない気がします。それが「おっぱいをやめたのは、赤ちゃんを卒業するからやめることになったんであって、ゆきごんが嫌いになったからじゃないんだよ。」というメッセージになると思うから。
特に抱っこ。
☆体力低下
気のせいかもしれないのですが、どうも断乳後、力がなくなってきたような気がする。断乳前の方が力とか強かった気がするんですよね。なんでもないところでこけたりとか、ふらついたりとか。(←保育士さんに相談しても、小児科の先生に相談しても、気のせいだと言われたので、気のせいなのかもしれませんが。。。)
たんぱくしつが不足してるのかもと思い、魚・肉を1日2食与える方針にすることに(これまでは1日1食しか与えていなかった)。
☆体調不良のとき
断乳から2週目、体調が悪くなり、食欲が落ちた日がありました。熱こそなかったのですが、熱が出てないのが不思議なくらい、体をだるそうにゴロゴロし、よく眠り、ごはんを口にしようとしなかったのですが、こういうときは栄養補給におっぱいがあれば!と本気で思いました。


逆に、断乳をして、良かったこと。

☆時間の使い方
授乳時間がなくなることにより、家事の時間をとりやすくなったり、ゆきごんと絵本を読んだりお歌を歌ったりのお遊びをする時間が増えました。
私もより自分の時間を持てるようになりました。
☆コミュニケーション
ゆきごんとの関係が、生物的なものから社会的なものに変わった気がします。
少し距離ができて、さみしいっちゃさみしいのですが、お遊びをしたり、お手伝いをしてもらったり、いろいろやりとりをしあう関係になって、私たちの関係も新しい関係にすすんだかな、という気がします。
☆自立の気分
これは私自身の自立、ということです。
授乳のことを考えなくていいということは食事制限も解除されるということで、最近になって、久々のコーヒーや久々のファーストフードを楽しみました。
それから、これまでは自分自身に時間を使うということをあんまり考えていなかったのですが、ようやく考えられるように。例えば、勉強したいなとか、おしゃれも少しは楽しみたいなとか、そんなことですけど。


そして、断乳を通じて、学んだこと。
それは、情報に頼りすぎず、決断には自分の感覚を信じること。

実は、断乳に当たって、いろいろ情報収集はしたのですが、もっとも参考にしていた本(パンフレット?)があったのです。
それは「卒乳」という書籍。
この本、徹底的に「断乳」をしなくてよい理由が書かれているのですね。私自身、できれば断乳をしたくなかったので、この本を頼りにしていたのですが、断乳後、この本を改めて見てみると、ものの見方が偏ってると思ったのです。
Q&Aコーナーでは、どういう質問に対しても、結局は「赤ちゃんには授乳をしましょう。」「なるべく授乳を続けましょう。」という答え方をしている。
そりゃあなるべく授乳は続けた方がいいと思うけど、でもお母さんがやめたいんだったらやめた方がいいと私は思うんですよね。「(母親が)私がやめたいのですが」と質問しているのに「なるべく続けましょう」じゃあ、答えになっていないと思う。

・・・みたいなことを思って、別の(授乳とは異なるテーマの)育児書を読んだのですが、その本にもQ&Aコーナーがあって、やっぱり似たようなやりとり(Q「私はXXしたくないのですが」、A「XXしましょう」みたいなやりとり)が載っている。。。

本を書くような人や団体は、それなりに首尾一貫したことを主張しなくてはならないから、そういうことがおこるのでしょうけれども。
実際に生きている人間は、矛盾を抱えてるところもあるし、決断にはスピードを要求されることもあるし、一人一人異なる価値観を育んで生きているのだから、そういう首尾一貫した主張が必ずしもその瞬間に求めてる答えに合わないこともあると思う。
だから、情報にふりまわされすぎず、最終的な決断には自分の感覚を信じるべきだと。

そんなあたりまえっちゃあたりまえのことに気づきました。
ついつい情報に頼りすぎてしまいそうな私としては、これは発見だったのです。


***********************************
記事・「断乳を終えて」シリーズ リンク
その1・きっかけ
その2・準備
その3・断乳日~数日後
その4・断乳後1ヶ月
***********************************
【 2007/11/02 (金) 】 ハハの気持ち | TB(0) | CM(2)
卒乳、おめでとうございます。
断乳を決断するまでにいろいろ考えたり、悩んだりすることがあったのでしょうね。
でもゆきごんくんも納得の上での断乳、
スムーズに行ってよかったですね!

私も一時期、「できるだけ母乳を続けましょう」という情報には悩んだ記憶があります。
働きながらの授乳が大変で夜中何度も起こされるし・・・
必ずしも母乳を続けることばかりがいいことではないと私も今は思います。
母乳をやめるとコミュニケーション をとる時間が増えるし、
目を見て話す時間が増えたように思えるし。

やっぱり、子供とお母さんのタイミングで卒業の時期は決めるのが1番ですよね。
1人目だとどうしていいか分からなくて、
情報や周りの意見に左右されてしまうことが何度もありましたが・・・

余談ですが、
ゆっくんは未だにおっぱいを
出ないのに飲んだりしております(汗)
【 2007/11/08 (木) 】 編集
くまななさんへ
自分が母親になるまでわからなかったのですが、おっぱいのことって本当に悩ましかったですよね。
1年10ヶ月という授乳期間は、私自身にとっても満足がいくものだったし、ゆきごんにとっても無理のないものだったと思うので、これでよかったんだと思えます。

うちの場合、夜中に何度も起こされるということはなかったんですけど、昼間にやたらと吸いに来るので困ってましたね。他のことが何もできなくなっちゃって、ストレスでした。
こうやってみると、一口に授乳と言っても、母子の組み合わせの数だけ事情が違うということなのでしょう。

1人目の時はわからないことだらけですけど、2人目のお子さんはいろいろ勝手がわかっての育児になると思うので、そういう意味ではラクかもしれませんね。

ゆっくん、おっぱいを忘れられないんですね。
うちの子は最近は「ぱーぱい」と口走ることがなくなった気がします。
でも、断乳してもおっぱいに執着する子は多いそうですよ。
【 2007/11/14 (水) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。