イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ワーキングマザーで幸せですか?」

私がわりと定期的にチェックしているWebサイトに「ewoman」があるのですが、先週このサイトのサーベイで「ワーキングマザーで幸せですか?」というのがありましたので、紹介します。

このewomanというサイトのスタンス、私はとっても好きなのです。
「自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意思のある人たちが集う"場"それがイー・ウーマンです。」とか、自分の意見や体験を自分自身のコトバで表明する「"I" statement」での投稿を推奨していたり(みんなはこう思ってると思う、とか、働く女性の多くはこうなのです、ということは、推測に過ぎないので書かない。自分の経験や自分で考えたことを書く)。

また、サーベイの投稿者の意見も、実際、シャープだったり、骨太だったり、目からウロコだったり、読み応えのあるものがしばしばあったりする。
とっても刺激を受けているサイトなのです。

妊娠・出産前からこのサイトは定期的にチェックしていて、それはいまだに続いています。
意見を投稿する機会自体は激減しましたけど・・・。(自分の時間自体が減ったのに加えて、このblogを始めるようになっちゃいましたからねー。それに必ずと言っていいほど、2日目くらいに自分と似た意見や感想を持っている人が投稿しているので、それを読んで満足しちゃうことも多いんです。)

さてさて、表題の「ワーキングマザーで幸せですか?」ですが、私の回答は強く「Yes!」です。

これに付けて特に意見投稿はしなかったのですが(意見をまとめてる時間がなかった)、実はこのblogで、これに対する回答に近い記事を書いたことがあるんで、私自身のコメントとしてはこちらをご覧ください→「育児をしながら仕事をすると、こんなにいいこと♪」

で、このサーベイの最終結果は、Yes!が731票、No!が183票。80%の読者が「Yes!」という心強い結果が得られました。

この投稿を読んで発見だったのは、子どもが働くお母さんを誇りに思うケースが結構多いということ。
母親が働く、というと、子どもを寂しがらせる、というのが、世間一般のイメージになっていると思うのですが、このサーベイの投稿者では複数の人が「自分も(子どものとき)働く母をかっこいいと思ってた」と投稿しているのです。ただし、子どもによっては寂しがる子もいるので、その子次第のようですが。

私がハッとさせられたのは、3日目に投稿されたAiさんという方の意見。
『当時育休という制度はなかったため、わたし自身が生後2ヶ月から保育園通いをしていました。小学低学年の頃、専業主婦のお母さんが羨ましくて「どうしてお母さんはいつもお家にいないの?」と文句を言ったことがあります。母は「仕事してないとお母さんがイキイキできないんだもの」と答えました。その時子ども心に母から仕事を取り上げられないことを理解し、それ以後、イキイキ働いている母を誇らしく思ってきました。自分も将来WMになるのは当然と思い、不幸だと思ったことはありません。』
私もたぶんAiさんのお母さんと同じで、仕事をしていないと活き活きできない人だと思うのです。私もいつかそう言って、子どもに自分の生き方について理解を求める時期が来るのかもしれませんね。

ひるがえって私の子どもの頃ですが、私の母はパート勤めだったり、働いていない時期もあったりしたのですが、小学生の頃、私たちが通学の時間になってもまだ布団に入っていることがあって(朝食は、自分でトーストを作って食べる習慣になっていたので、母が眠っていても問題がなかったのですが)、子供心にその様子をみっともないな~と思っていました。その様子を見て、私は絶対こんな大人にはなったら、こんなだらだらした専業主婦になんかならない、と決心した覚えがありますね。
ちなみに、そんな私と母は、大人になってから折り合いが悪くなり、距離を置かないとつきあえない関係になってしまうのですが・・・(この辺の話はいつか自分のために記事にしようと思っています。)。

さて、本題に戻りまして。
ここに投稿されている意見は、本当に「そう!」「そうそう!」と思えるものが多く、ワーキングマザーの私としては、多くの同志を得た気分で、非常に力をもらえました。
ワーキングマザーでがんばる方、もし良かったら、チェックしてみてくださいね♪
【 2008/03/29 (土) 】 両立生活supporter | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。