イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゆきごん、2歳6ヶ月

わが子、2歳6ヶ月になりました。
最近のうちの子は、しっかり自己主張。保育園でもいろいろ主張してはよく泣くようになったようです。以前は癒し系と呼んでいただいていたのに・・・。まあ、順調に成長中ってことなんでしょうけど。

実は、この成長記録を付け始めた頃の気持ちに比べると、ずいぶん惰性的な感じでこの記事を書いています。
私も育児に慣れてきたということでしょうか。仕事の方が充実しているということもあるでしょうし、ゆきごんの成長ぶりが落ち着いてきたということもあると思います。
でも、本当は子どもの成長にはいつも新鮮な気持ちで接するべきですよね。

それでも、書き始めるといろいろネタがでてくるものです。
今回のテーマは「信号機が気になる」「自己主張期、顕著に」「運動」「おしゃべり&おうた」「トイレトレーニング」「自分のことをする&おてつだいをする」「おばあちゃんたちと過ごすGW」です。

★信号機が気になる

道を歩いていて、信号機を気にするようになってきました。
「あかー」「きいろになるよ」「あお、てんめつー」とか、叫びます。
保育園でも教えてくれてるんだと思いますが、以前は、道路を通っている車の方に興味を持っていたんですけどね。。。

「あおだねー、まにあうかなー」とかおしゃべりしながら、自転車を漕ぐもまたたのし、です。


★自己主張期、顕著に

以前から、ちょっと自己主張期ってこんな感じなのかなー、と思われる行動をよくしていたゆきごんですが、
最近は、
・ちょっとしたことで泣く。
 ゆきごんなりのこだわりがあるらしい。そのこだわりが叶えられないと上を向いて泣く。(←見慣れると、これはこれでかわいい♪)
 ただし、悔しいらしいことはこっちに伝わるが、そのこだわりの内容がまったく伝わらないので、対処に困る。
 あんまりわけがわからないので、一度放っておいたら、今度はひきつけをおこしそうな勢いで泣いていたので、怖くなって、あわててなぐさめに行ったこともあります。
 最近は、保育園でも、そういうことはあるようです。そして、保育士さんには、「ゆきごんくん、がんこだもんね~」と言われていました。そっか、何かを始めるとひくにひけない性格には見えていたが、多くの子どもと接している保育士さんに「がんこ」と呼ばれるということはやっぱりこだわりの強いところがあるんだろうなー。
・あいさつしない
 以前は朝起きたら「おはようございます」って言ってたじゃん!「ありがとう」も言えてたじゃん!と思うのですが・・・。
 最近は、朝起きたら「ます」しか言わない。
 ちなみに、ご飯を食べるときも「ます」しか言わない。
 親たちの対応ですが、パパ/ダンナは「おはようございます、って言わないと、XXしてあげないよ」とか言って、言わそうとしています。
 が、ママ/私はそれも逆効果な気がして、本人のしたいようにさせています。言いたくなりゃ言うでしょ。
・服にこだわる
 「それ着ない」とか「これ着る」とか主張するようになった。
 靴や帽子も、パパが買うときにゆきごん自身に選ばせたらしい。
 センスは悪くないんだよね~。男の子ってセンスが悪い子が多いって何かの本に書いてあったんですけど。ま、そのうち、とんでもないセンスになっていくのかもしれませんが。
・読んでほしい絵本と読んでほしくない絵本があるらしい
 これは今まで見られなかった現象。以前は、私が「読んであげよっか」というとどんな絵本でも聞いていたのですが、最近は、表紙を見ただけで「これ、読まない」と言うこともしばしば。
 保育士さんの話と突き合わせると、どうやら林明子さんの絵が好きらしい、ということに。家では「はじめてのおつかい」、保育園では「こんとあき」が気に入っているようです。やわらかい感じの絵が好きなんじゃないか、というのは、保育士さん談。私は、自分の身近な生活で起こりえるかもしれない、ちょっとした冒険モノが好きなのかな、と思っておりました。
 確かに、子どもに人気があると聞いていた「かいじゅうたちのいるところ」は、表紙を見ただけで拒絶(絵はワイルド系)。ゆきごんの前ではまだ一度も読んでいないです。
 そして、最近は、少しおはなしらしいおはなしが好きになった感じ。つまり、あかちゃん向けの繰り返しの多い絵本より、主人公がちょっと冒険をしたり、起承転結があったり、そういう内容を好んでいる気がします。
 で、リクエストが多い絵本は文言を覚えるようで、いっしょになって読んだりすることも。
 この1ヶ月、リクエストが多かったお話は「はじめてのおつかい」「あさえとちいさいいもうと」「そんなことってある?」「ぐりとぐらのいちねんかん」。
 ここのとこ、少ないけど、ちょっと前にリクエストされていたお話は「むっちゃんのしょくどうしゃ」「うさこちゃんとどうぶつえん」「ゆきのひのうさこちゃん」「ぐるんぱのようちえん」。
 それから、雑誌「母の友5月号」に載っていたお砂場に登場する機関車のおはなしや、「きかんしゃトーマス」(原作の方)の中のお話も聞けるようになりました。
 紙芝居では「かにむかし」(内容は「さるかに合戦」です)。
 まあ、ハハ的にも好きな内容が多いので、問題ないですけど。
 ただし、乗り物系図鑑も相変わらず好きです。


★運動
 運動意欲は前月に引き続き、旺盛です。
 以前、あるお母さんの集まり(会場は和室)に参加したら、椅子によじのぼったり、折りたたまれた机が重なっているところによじのぼったりするのが、1歳3ヶ月の女の子(彼女は活発ちゃん)とまったくおんなじ動きなの。やっぱり、うちの子、運動意欲が芽生えるのが遅かったのね・・・。
 そして、家の前の公園の滑り台(登り口が網状の階段になっている)に、ついに自力で登ることができるようになりました。
 近所の公園のアスレチック風滑り台にも相変わらず挑戦してるし。
 そうそう、保育園からの連絡帳によると、砂場の縁を平均台のように歩くのが、すっかり上手になっていたと書いてありました。(以前は不安定だったとも)。あと、公園に行くと、だいたい走り回ってると書いてあるので、前月に引き続き、走るブームが続いているようです。


★おしゃべり&おうた
 おしゃべりもさらに上手になりましたよ。
 ケチャップがあると思っていたのになくて「ごめんね、ケチャップ、あると思ってたのになかった~」と私が言うと、ゆきごん、「あるよ。ちゃんとさがして!」(『ちゃんと』という副詞が初登場)。
 寝室のベッドの上で遊んでいるゆきごんのところにいくと、「ママ、ちょっとここ~」(『ちょっと』という副詞も初登場)。

 ひとりごとで、絵本の中のことを口走ったり、歌を歌ったり、というのも多い。
 保育士さんが言うには、うちの子は「耳がいい」らしい。人のいったことのマネとか結構上手で、おともだちの作曲したでたらめなうたまで覚えて歌ってしまうとのこと。
 私もそう思います。本当に、マネをするのは上手。もうそんなこと覚えたの!?ということもあります。(習ったり覚えたりは得意で、逆に、独創性というところには欠けてるかもなー)

 歌を歌うときに、途中で違う歌に変わる、というのも最近良くあります。
 例えば、「(さんぽ):あるこ~、あるこ~、わたしは元気~。歩くのだいすき~♪」とくると、続きの歌詞は「どんどん行こう~」なのですが、ここで「ドラえもん~♪」と歌ってみたりとか。
それがまた妙に合ってるので笑っちゃいます。

 あと、自分のことを「わたし」ということも。ハハの方でさりげなく「ぼく」と言い換えていますが。
 一人称をわかるようになったのは成長だな、と思う。


★トイレトレーニング
 ある日、紙おむつをはくのをいやがったゆきごん。
 最近は、紙おむつはくにしても、「これはいやー」とか主張するんですよね。「ゆきごん。アンパンマンと~、ロールパンナちゃんと~、しまじろう、どれにする~?(以上、紙おむつにプリントしてあるキャラクターの名前。パンパースは最近ベネッセとタイアップしてるんですね)」といちいち聞いています。そして最近のゆきごんの答えは「しまじろう!」。なぜかしまじろうを気に入っています。ベネッセには触れさせていないのに。不思議です。そして、「しまじろう、つみきしてるね」とか「絵本読んでるね」とかお話してくれます。
 で、その日はどの紙おむつを提示してもいやがるので、仕方なく、布オムツ(パンツ型)を見せて、「これにする?」と聞くと「うん!」と。
 そうかいそうかい、そんなに紙おむつがいやなら、今度同じ話の展開になったときには、ぜひ本物のパンツをあてがってやる・・・と思った私。ネット通販にて、トレーニングパンツを数枚購入いたしました。
 で、届いた商品ですが、・・・しまった、くまのパンツ、黄色を選んだつもりがピンクを選んでた!さっそく返品しなきゃな~、などと思っているところにやってきたゆきごん。ピンクのくまパンを見て・・・「これはく」。
 ・・・これ、はくんですか!?ピンクっすよ?ピンクって好きなの、普通、女の子よ?・・・とっさに思った私ですが、よくよく考えてみると、色で性別を判断するのもおかしいよな~、とも思い、また、本人の意思は尊重してやらねば、とも思い、そのままピンクのパンツをはかせました。・・・もうこれ、返品できないわ。
 そしてはく時に、「これ、おむつじゃないからね。おしっこするときは『おしっこ』っていえる子がはくものなんだよ。わかる?」と言ってはみたものの、結局、パパの膝の上でやってしまってました。激怒するパパと大泣きのゆきごん。私が「いいんだよ、まだできなくても。今は練習なんだからね」というと、パパも我に帰ったみたいで、「いいんだよ、いいんだよ」とゆきごんに言っていました。
 
 その数日後、保育士さんから提案が。
 「ゆきごんくん、夕方、おしっこ溜められてるみたいなんですよね~。パンツをはかせてみてもいいかな、と思ってるんですけど」とのこと。
 トレパンの準備ができているので、うちとしては当然OK。
 それ以降、1日1枚トレーニングパンツを園に入れています。

 ということで、わざわざトイレトレーニングらしいことはしてないんですけど、なんとなくチッチが一人でできる方向には近づきつつあるかな。

★自分のことをする&おてつだいをする
 自分のこと&お手伝いはどこまでできるかもメモっとこうと思います。
 (たぶん、他のお母さんの育児blogに比べると、ワタシのblogでは「自分でできるようになったこと」の内容が薄い気がするので、たぶん、私はあんまり早く自分のことができるようになってほしい、とか言うことを気にしてないんだろうと思います。ああ、いい加減な母親^^;)
・服を着る
 ズボンを少し上にあげる、というのはできます。でも、最後お尻のところはひっかかってできないので、正直できていると言う感じはしない。
 服は自主的に脱ぐ・着るの気配なし。
・くつのぬぎはき
 運動靴はマジックテープをべりべりするところはできますが、脱ぎはきはできません。
 長靴は脱ぎはきできます。そのせいか、長靴をはく必要のない日でも、長靴をはきたがる・・・。
・はみがき
 自主的にする気配なし。私がしようとすると嫌がる。「むしばできない~」と言ったり、歯ブラシを歯で加えて動かせないようにしたり。
 しかも、私自身がはみがきをしてあげるのをしばしば忘れる。・・・すみません、最悪ですね。
・顔洗い
 顔を洗うのっていつくらいからできるようになるのか知らないんですけど。まあ、当然できません。そして、顔を拭いてあげようとするとやたらといやがります。
・手洗い
 基本的にしたがらない。他の人が手を洗うとつられて洗ったりはする。手洗いをする体制になって、水遊びをしたり、シャボン泡遊びをしたり、というのは、興味深々でやっている。
・料理のおてつだい
 やりたがる。食材を切っていると、おもちゃの包丁を持ち出してきたり。調味料を入れようとすると、自分が(する)!と主張したり。
・掃除のおてつだい
 やりたがる。
 掃除機をかける音が聞こえて、はっと見ると、ゆきごんが掃除機かけているところがしばしば見受けられる(本当はダンナがかけようとしているのだが、自分も(する)!と主張するらしい)。
 クイックルワイパーを床で滑らせていて、はっとみると、ゆきごんがもうひとつのクイックルワイパーを持ち出してきて、となりで同じようにやっている。
 ・・・ということで、お手伝いはやたらとやりたがるんですけど、自分のことはやられるのいやがるんです。うちの子。


★おばあちゃんたちと過ごすGW
 このゴールデンウィークは、パパ側のおじいちゃん・おばあちゃん、そして、パパの妹夫婦(ゆきごんのおば・おじ)、そしてその娘のSちゃん(ゆきごんのいとこ・0歳10ヶ月)が遊びに来てくれました。
 ゆきごんと一緒に東京駅まで。久々会ったおじいちゃん・おばあちゃんに、ゆきごんはごあいさつ・・・できませんでした。直前に「こんにちは~」「いらっしゃい~」っていうんだよ、と教えたのにな。

 そして、ゆきごんはSちゃんに興味津々。
 Sちゃんはお気に入りのくまのプーさんのぬいぐるみを持ち歩いていたのですが、Sちゃんがくまのプーさんのぬいぐるみを手から離しているときは、「はい」とかいがいしく持っていってあげていました。そして、なぜか自身も、その日以来、自分のくまのプーさんのぬいぐるみを持ち歩くようになっちゃいました。
 食事の時間は、Sちゃんが離乳食を食べ始めると、自分も~、と食事を要求。私は大人向けの食事の準備しているところだったのでゆきごんの食事の相手はできなかったのですが、準備済みだったゆきごん用の料理を渡すだけ渡すと、自分でそれを食卓まで持っていく、Sちゃんの横に座って、一人で食事をして始めました。食卓から聞こえる、おじ・おばの「ゆきごん、すごいね~、一人でごはんを持ってきて食べれるの~」の声。そして、キッチンで小さくなりながら、「いつもはワタシの膝で食べてるんですけど」と思っちゃうワタシ。おじ・おばの賞賛が気持ちよかったのか、ゴールデンウィーク中は、そしてゴールデンウィーク後も、途中までは一人で食事することができるようになりました(途中で「ママのところで」とか言って、やはり膝上にくるんだけどね)。
  
 そして、おじいちゃん・おばあちゃんのお楽しみは、孫へのお買い物。
 最初、「おもちゃ買う?」には「いらない」と答えてたらしいゆきごんですが、「新幹線ほしい?」と言われると「ほしい」と答えていたらしい。結局、「はやて」と「こまち」の連結するプラレールを買ってもらっていました。
 「ありがとうは言った?」と言ってもなかなか「ありがとう」をいえないゆきごん。しかし、その日の夜、再度「ありがとう、って言わなきゃね」と教えているところに、いいタイミングでやってきたおばあちゃんには「ありがとう!」ときちんと言っていました。 最近のゆきごんは、「ありがとう」や「おはようございます」をきちんと言わないのですが、実は言わされるのが嫌なだけで、言いたいときにはきちんといえるんじゃないんだろうか、と思った瞬間でした。
 その後も毎日のように「こまち」と「はやて」で遊んでいます。

 そして、今年も去年に引き続き、こどもの日には柏餅を作りました。約8個作ったうち、ゆきごんは実質3個食べていました・・・。

【 2008/05/16 (金) 】 ゆきごん成長レポート | TB(0) | CM(2)
すくすくと育っていますね
みーたんもしばらくおはようの挨拶ができないでいました。
もちろんそれ以前はしていたんですけどね・・・
最近ようやくちょこちょことするようになりました。
半年ぐらい、しなかったかも!?
これってなんなんでしょうね~
【 2008/05/16 (金) 】 編集
わおさんへ
コメントありがとうございます。
みーたんもおはようの挨拶できてなかったんですか。
でも、言われてみると、保育園の同じクラスの4月生まれちゃん、以前はちゃんと挨拶してくれなかった子が、最近、普通に挨拶してくれたことがあって「おおお、何かあったのか?」等とちょっと思ったのですが、もしかすると、以前がそういう時期で、今はそういう時期を通り過ぎたってことだったのかもしれませんね。
うーん、そういう時期ってあるんですかね。不思議ですね。。。
【 2008/05/20 (火) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。