イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2歳児、教育環境 その7 ~ずこう編~

このシリーズ、ずいぶん長くお休みしておりました。
気がつくと、うちの子も2歳10ヶ月。もう3歳になるではないですか。3歳になる前に全教科まわせると思って、このシリーズを綴り始めたのに、これじゃ間に合わなくなっちゃう!
・・・と少々焦りつつ、第7弾、ずこう編、行ってみます。

★ずこう(図工)

図工・・・図画工作の略なんでしょうか。
お絵かきする、工作をする、等、創作すること全体がここで取り扱われることになるのかな、と思います。

つらつら考えてみると、これって結構大変な科目では?と思えてきました
まず、何を作りたいか、のゴールのイメージがなければならないと思います。
次に、それを作るための素材や手段の選択。
そして、それを作ることを技術的に可能ならしめる手先の器用さも必要です。
そして、最後、それを完成させるための遂行力。
・・・うーん。

ワタシ、図工も苦手なんですよ。でも、ここまで書いてみたところで、ここまで大変な内容ですもん、やっぱりワタシは苦手なはずだよな、と思いました。

だってワタシは。
そもそも、何かを手作りしたい、という意欲がない。そのため、何か作れ、と言われても、イメージが湧かない。課題があってもやらされ感が強い。
もともと意欲に乏しいだけあって、素材や手段の知識・情報が乏しい。
手先も不器用。
遂行力、という観点からは、飽きっぽい。
・・・いや、苦手なわけですよ。

でも、子どもにとっては。
「創る喜びを覚えさせる」とかね。
「手先の器用さを身につける」とかね。
「最後までやり遂げる忍耐力を身につける」とかね。
いろいろな学習効果があるから、こういうことをさせた方がいい、ということはよくわかる。

で、今、私が実践していること、実践しようとしていることの前提として、うちで購入した関連グッズ類を紹介しますと。
 ・お絵かき帳(業務用というか、会社から余ってる在庫処分するしかないノートをもらってきた)
 ・クレヨン(お高い蜜蝋クレヨンと100円均一ショップで買ったクレヨン)
 ・折り紙
 ・紙しかきれないハサミ
 ・寒天粘土(小麦アレルギーがあるので、この粘土をチョイス)
・・・って感じかな~。

絵とクレヨンでお絵かきは、比較的、子どもにワタシがやらされてるかな~。新幹線とか乗り物系を描いてとリクエストされることがほとんどです。
本人も、絵を描いて遊んでることはあります。時々、紙からはみ出て畳とかに描くので、困ることがあるのですが。
保育園でも、時々描いているようです。
こないだ保育園で描いてきたものを、「バス」と言いはっていた。しかも、うちの地元を走っている赤いローカルバスと言い張っていた。赤い丸にしか見えないが、それでも彼にはちゃんとバスであるようだ。

折り紙とハサミづかいはこれから覚えるという感じです。
紙しかきれないハサミ、安全といえば安全なんだけど、意外と使い方が難しいような気もしてる。
どう教えていいのかがこれまたわからなかったりするのですけど。

寒天粘土は、以前、やってみましたが、そういえば、最近やってないな~。

だめですね。全然、それらしい環境を作れてあげれてない・・・。

ただ、最後までやり遂げる、完成させるということについては、身につけてほしいので、ここは意識しています。
この間は、パズルを出すだけ出させといて(しかも2つ)、どっちもちょちょっと手をつけて最後までしようとする気配が見られなかったときは、2日に渡って怒っちゃいました。1日目は、「最後までやらない子はママ、嫌い」「最後までできない子には、もうパズル出してあげない」。2日目には「ゆきごん、どうせ出しても最後までしようとしないから、パズル出さない」という怒り方です。「一人でできなかったら、ママに手伝ってって言っていいんだから、最後までちゃんとやるんだよ」と教えています。
その後は、出してきたパズルは完成しようとしているようです。もともと、やる気になれば集中力はある子なので。

そうそう、造形と言う意味では、上に加えて、
 ・レゴブロック
 ・積み木
 ・プラレール
 ・各種ジグソーパズル
も関連グッズと言えなくもない。

それにしても、手先の器用さはどうすれば身につくんでしょうかね?うちの子、保育園ではすでにあんまり器用じゃないというレッテルを貼られてるようで(たぶん事実なんだと思うけど)。
でも、こういうのもきっと家庭環境なんですよね~。以前の保育園でも、そういうのが上手、と保育士に褒められてた男の子のパパは、家でもやってると言ってたし。

まず、創る楽しさ、みたいなものがないと、ムリヤリ作らされてる感を植えつけるのもどうかと思うしね。
ということで、最近は、私も何か作ってみようかなと思ったりしています。
ゆきごんの前で切り紙みたいなことをしてみたり。
ああ、もともと、手作りするのが好きなママたちがうらやましい。
(まあ、ハンドメイドが好きで得意だったりしたら、私もおそらくワーキングマザーの道を選ばず、家で子どもと遊ぶ道を選んでた気もしますが)

【 2008/10/03 (金) 】 教育について話そう | TB(0) | CM(2)
うちの2号は1号の影響で
 ・お絵かき帳
 ・クレヨン
 ・折り紙
 ・紙しかきれないハサミ
 ・小麦粉粘土(アレルギーあると使えないとは知りませんでした)
は、やってますね。保育園でもやっているようです。
あとは、1号の好きな、ジグソーパズルとか積み木もはまっていますね。
以前の地域の保育園にあった、外国製の木製の「うまのひもとおし」が欲しくて(手先が器用になるから)、ネットで見たんですが、5000円近くするので、どうしようか迷っています。でも、1号はすんごい得意だったので、2号にもやらせたいんですが。ちなみに2号は折り紙にはまっていますが、角をそろえるとかあまり上手くなくて、友達からもらってくる完成品で、上手なものがあると凹みます(本人はあまり気にしていないみたいだけど)。
【 2008/10/03 (金) 】 編集
ちゃいさんへ
そうそう、保育園にはいろいろなおもちゃがあるし(うちは「うまのひもとおし」というのはなかったのですけど)、実際に粘土とかもたまにやってくれるので、母親としては助かりますよね!
うちの家では、お絵かきは比較的うちでよくするものの、粘土は買って、すぐ何度かやっただけで、その後、なかなかする機会がないままです。もったいない!
でも、2号ちゃんも折り紙がんばってますよね。うちの子はたぶん教えてもあんまりがんばってやろうとはしないような気がする・・・。教えても、そのままがんばるんじゃなくて、ちょっとアレンジして(それも手抜きな方に)遊ぶことが多い人なので^^;2号ちゃん、やる気はあるんですし、それにまだまだ月齢も低いんだし、これからどんどん上手になるんだと思いますよ!

【 2008/10/06 (月) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。