イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2歳児、教育環境 その8 ~さんすう編~

このシリーズも、第8回目。
おお、3歳の誕生日前に全科目一巡できたのでは?
がんばった、ワタシ(←独り言^^;)。

[関連記事]
2歳児、教育環境 その7 ~ずこう編~
2歳児、教育環境 その6 ~りか編~
2歳児、教育環境 その5 ~たいいく編~
2歳児、教育環境 その4 ~えいご編~
2歳児、教育環境 その3 ~おんがく編~
2歳児、教育環境 その2 ~しゃかい編~
2歳児、教育環境 その1 ~こくご編~

2歳児のわが子のためにワタシができること、というテーマで綴ってきました。
大したバックグラウンドもないくせにエラそうに語っているところ、そもそもそんな記事書く資格があるのか!ってほど頼りないところ、いろいろありますが、まあ、自分のできる範囲でしかできないわけなので、ご容赦ください。
読者の方には、多少なりとも、参考になるところ、もしくは、共感できるところがあれば、ということで書いては公開してきたわけなので、よろしかったら関連記事も見ていただけると幸いです。

ということで、今回は最終回、さんすうに関して、語ってみたいと思います。

★さんすう(算数)

「算数」は国語と並んで、大事な科目だと認識しています。
理由は、いろいろありますが、一番に思いつくのは、資本主義社会・商業主義社会であるこの世の中、お金の計算ができないと生きていけないから、ということ。
それから、ロジックの組み立てが学べるという意味で、国語等と同様、コミュニケーションスキルの基礎としての要素があること。
理科と同様、真理を追究につながる科目であること。

私自身は不思議と算数・数学に苦手意識を持ったことがありませんでした。
それほど得意だったわけでもないんですけどね。女の子って算数・数学を苦手と思っちゃう人が多いらしく、だもんで相対的に得意と思われてたかもしれない。

でも、学校を離れて改めて考えてみても、算数・数学っておもしろい科目なんじゃないだろうか。
そういえば、ムギ畑でこんな本を出してたんですよね。
『数学にときめく―あの日の授業に戻れたら 』
読んでもないのにここで話題に出すのも気が引けるのですが、ずっとちょっと気になってる本なので。。。

まあ、そんなことはさておき。
わが子には、算数については苦手意識を持たないでほしい。と思っております。

で、将来は、そろばん塾に通わせようかな~、とかいろいろ妄想はしていたのですが、数字をいつから教えるとかそういうことは特に考えていませんでした。
というのは、うちの子、成長ゆっくりちゃんだったこともあり、あまり周囲と比べて早く覚えたとか遅かったとかで一喜一憂したくなかった、というのが、理由です。
また、早期教育みたいなのも昔は興味があったのですが、今は、文字を覚えるとか数字を覚えるとかそういういかにもお勉強チックなことを教えるより、安定した情緒を持つ子にするとか、しつけのできた子にするとか、赤ちゃんの頃はそういうことの方が大事だと、いろんな書物に諭されたというか。

私の方で意識的にやっていたことは、おふろで数をかぞえることと、体温計を図るときに数を数えることくらい。
うちの体温計、10秒で体温を予測するタイプのものなので、10まで数えるにはちょうどよかったりしたのでした。

ところが、わが子、勝手に数字に興味を持って、勝手に0から10までを覚えてしまいました。
別記事でも書いていますが、きっかけは「きかんしゃトーマス」の車体番号。キャラクターごとに車体番号がついているので(例:トーマスなら「1」、ゴードンなら「4」、パーシーなら「6」)、それで覚えたようです。
その後は、その辺の駐車場に停まってる自動車のナンバープレートを指差しては、「ろく!」「なな!」等読むようになり。そういや「99-99」の「-」を指差して、「なんてよむの?」と聞かれ、「の。だよ」と教えたこともありました(本当に「-」を「の」と教えていいのかわかりませんが)。

数字を覚えたので、ついでに数の概念も教えた方がいいかと思い、エリックカールの「1・2・3どうぶつえんへ」を持ち出すと、おおよろこびでくいついてきました。
この本は、説明の文は全くないのですが、いろいろな動物達がでてくること、そして、数字の1から10までが理解できるような内容になっています。
それを見ながら、1ページずつ動物を数えていきました。うちの子も「こっからかぞえる!」とか、「いーち、にーい・・・」とか言って、いっしょに数えるのが楽しいようです。

1、2、3どうぶつえんへ―かずのほん (ボードブック)1、2、3どうぶつえんへ―かずのほん (ボードブック)
(1998/12)
エリック カール

商品詳細を見る


あと、もうひとつは、「ペネロペ、かずをかぞえる」。
これも楽しい本です。
うちの子も気に入ってくれました。
ペネロペちゃん、かわいいですね。それに、「うっかりやさん」ペネロペえほんは突っ込みどころ満載。
「くつした、ひとーつ、ふたーつ、みっつ。・・・ちがうちがう!」とボケとツッコミ両方読んであげるとうちの子もキャッキャッと喜んでくれます。

ペネロペかずをかぞえる (ペネロペおはなしえほん)ペネロペかずをかぞえる (ペネロペおはなしえほん)
(2006/02)
アン グットマンゲオルグ ハレンスレーベン

商品詳細を見る


あとは、論理や図形、空間認識みたいなことも、算数の範囲ですよね。
実はワタシが小さい頃、「はじめてであうすうがくの絵本」というのが家にありまして。
この本、好きだったし、もしかして、自分の算数が苦手じゃないというところに結びついている気がして、そのうち、読んであげたいなあと思っています。

はじめてであう すうがくの絵本 (1)はじめてであう すうがくの絵本 (1)
(1982/11)
安野 光雅

商品詳細を見る


あと興味あるのは、百だまそろばん。
パズルもやってみたいな~。
・・・って親の方が勝手にわくわくしてるだけのような。

ということで、2歳児への算数なので、こんなとこかな。
本当はもっといろいろしてあげられることはあるような気もするけど。
【 2008/10/17 (金) 】 教育について話そう | TB(0) | CM(2)
うちはそろそろ上の子に百玉そろばんを買おうとおもっています。
下は。。。まだ数字の暗唱のみですね。いちおう3とかは、その特徴的な形で覚えているみたいですが・・・結構ほかはあやしいです。
上の子は2歳の冬に、池にいる鴨を数えていましたが(たしか15匹ぐらいまで)、どうやら下の子はまだ数えられない様子ですね。
エリックカールとペネロペは図書館でみてみますね。
うちはリサガスの「かず」というのをもっていますが、これだと数えられませんね。
「はじめてであう・・・」の本は、図書館で借りましたが、上の子は「難しい」といって、みてくれませんでした(爆)。いつかまたトライ。
【 2008/10/19 (日) 】 編集
ちゃいさんへ
コメントありがとうございます。
百だまそろばん、数の概念をわかってくれそうですもんね!私も興味ありありです♪
リサとガスパールの「かず」っていうのがあるのは知りませんでした。また、チェックしてみます。
「はじめてであるすうがくの絵本」は、私が子どもの頃、家にあって、好きな本でした。でも、かなり記憶にあるから、小学生になってからちゃんと読んでたんだと思いますよ。実は、「いつでも興味を持ってくれ」とばかりに、すでに買ってあって、なにげに本棚に並べてたりするんですけど(笑)。
【 2008/10/20 (月) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。