イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゆきごん、3歳0ヶ月(その1)

うちの子、3歳のお誕生日を迎えました。
ひとつの区切りがついたのかな、と言う気がなんとなくいたします。
なにしろ、今回は、本人が、「きょうはボクの3さいのおたんじょうび♪」と自覚できる、初めてのお誕生日。やっぱり2歳までとは違います。
家族としても、2歳のときの、「本人もわかってないし、適当にすませとこ」というお誕生日ではなく、準備万全のお誕生日会をしてあげました。
ひとりでできることも随分増え、母としては、その成長が嬉しいやら、ちょっぴり寂しいやら。

ま、ま、そんなわけで、3歳のうちの子レポート、言ってみたいと思います。
テーマは、「のりもの大好き」「ボキャブラリー」「アルファベットに興味」「絵本&おうた」「はずかしがりや」「お誕生日会」です。
★のりもの大好き

乗り物好き自体は今に始まったことじゃなく、ものごころついたときから既にそうだったのですが・・・。

最近は、バスを見るたびに、「どこゆき!?」と聞くようになりました。
(ちなみに図鑑を見ても聞く。図鑑のバスなんか、いいじゃん、どこゆきでも。と思うのですが)

そして、タクシーを見るたび、「あれ、なんのタクシー?」と聞くようになりました。
(あんまり聞くので、ご近所のタクシー会社の名前、インターネットタウンページでチェックしましたさ)

・・・みたいなこともあって、「そうめんてつどうこうえん(ゆきごん曰く)」に連れて行きました。(実際の施設名を知りたい方は「鉄道公園」でネット検索してください。たぶんわかると思います)
うちの子と同じくらいのちびっ子の男の子がいーっぱ来ていました。

いくつも並べられた蒸気機関車に一通り乗り込み、乗り物の遊具にも一通り腰をかけ(場合によってはコイン投入し)、そして、鉄道模型には釘付け。実演前10分くらいから実演後まで離れてくれませんでした(ワタシはずっとだっこした状態・・・)。
満喫です。
そして、入場料の安さ。
このコストパフォーマンスのよさは何!?(←あくまでわが子にとって、ですが)

その帰り道に寄ったおもちゃ屋さんでは、おふろおもちゃ「水につけると色の代わるミニカーセット」をチョイス。
そして、その「ミニカーセット」のおかげで、今は毎日のように自主的にお風呂に入るようになりました。
あがろうよ~、と言っても、まだあがらない!とか言うし。
まあ、少しでもお風呂好きにするために買ったおもちゃなのですが、それにしても効果ありすぎでしょ~~^^;

ある日、保育園のお迎えに行ったとき、夕方は、異年齢との混合保育になるのですが、うちの子、同級生のおともだちがカード遊びしている中にいない・・・と思ったら。
いました。プラレールで遊ぶ、お兄ちゃん集団の中に。
同級生の男の子達だって乗り物好きって聞いてるんですけど、うちの子、たぶん、相当に好きのレベルが高いような気がするのです。

パパに「将来は『ななめ45度』みたいになるかも」と言われて、全然否定できないワタシでした。なるのか!?ああいうふうに。


★ボキャブラリー

最近、こちらを嬉しくさせるボキャブラリーが増えました。

「ありがとう」がちゃんといえる。
意固地で言わないこともあるけど、自分の意志で、こちらが思いもかけないときに言ってくれる「ありがとう」もあります。

それから、「ママ、すきー」
これは、結構、気まぐれに言っているように聞こえる。簡単に「ママ、きらい」に変わるからね。
まあ、「好き、嫌い」の言葉には基本的に動じないようにしています。
パパは、ゆきごんに「嫌い」と言われると、なんとかして「好き」といわせようと本人を脅迫(?)していますが、ワタシの場合、またまた~、嫌いなわけないじゃん、くらいの気持ちで聞き流しています。

でも、唯一、「すき」と言わせるのは、だっこを要求されたとき。
だって、重いのに耐えてだっこしてるのに「きらい」といわれた日にゃ~、やる気がそがれるじゃん。

あと、ボーナスもらったみたいにうれしい気分になれるのは、「ママ、かわいー」
で、「えー、ゆきごんの方がかわいいよ」と言うと、今度はゆきごん「ママのほうがかわいーよ」と言ってくれる(たぶんこっちのまねっこで返してくれてるんだと思うが。もしくは対抗心?)。
「ゆきごんの方がかわいいって」。
「ママがー」。
・・・
これはうれしい。この言葉のおかげで、気分が若返ります。(バカップルみたいだが)

そして、さらに最近覚えたのが「さすが、ママ」
料理がおいしいと言ってくれるようになりました。
「誰がこれ、作ったの?」、「ママだよ」、「さすが、ママ」、と言われたときは、さすがにほめるタイミングがはやすぎるんじゃないか、と思いましたが。
たぶん、この言葉は、ゆきごん自身が現在消化中のボキャブラリーなのかもしれません。

あと、お行儀の悪いボキャブラリーも増えてきました。保育園がきっかけで覚えてくるのでしょうけど。

まず、命令形。
「○○してくれ!」とか。
なので、「してくれ、っていう言い方は乱暴な言い方なんだよ。乱暴な言い方をしたら、だれもゆきごんの言うこと、聞いてくれないよ。ママだって、ゆきごんの言うこと、聞きたくなくなっちゃうよ」と言ったら。
最近は、「○○してくれ、は、らんぼうなんだよね!」と言うようになり、直接、私に「○○してくれ!」と言うことはほとんどなくなりました。

それから、おなら関係。
「おならプー」とか。
「♪おおがたバスにのってます~、・・・おとなりへ、プー、おとなりへ、プー」とか(本当の歌詞は、「プー」ではなく、「ハイ!」)。
こっちは、一過性のものと聞いているので、流していますが。

あと、なぞの言葉が。
それは、「ゆきごん、ポニョ。ママ、タイヤの王子様。パパ、タイヤ」。
パパにお風呂に入れてもらって、私が体ふき担当、というパターンのお風呂上りの時に、少なくとも続けて3日言いました。
ゆきごんがポニョなのは、まあ良いとしよう。
ママ、王子様なの?(ママ、男じゃないんですけど。しかも、タイヤの!?)
しかも、パパ、ただのタイヤですよ。
・・・わからん。いつか謎が解けるのだろうか。

面白かったのは、配膳の手伝いをお願いしたところ、「はりせん、はりせん、はりせんぼん!」
どうやら、配膳がマジに「はりせん」にきこえるらしい。

他にも、今のゆきごんは、こちらを楽しませてくれるおもしろいボキャブラリーがいっぱい。
本当は逐一メモしたいくらいなんだけど、その場でメモしないと後で思い出せないんですよね~。
なんだか、もったいない。


★アルファベットに興味

前回の記事で、ひらがなに興味を持ち始めた、ということを書いたのですが。最近はむしろアルファベットに興味があるようなのです。

きっかけは、私がアルファベットのロゴ入りTシャツを着てたこと。
「これ、えいご~?」ときく、ゆきごん。
(あ、ちなみに、「これ、なにご~?」とやたら聞いてくることがある。実はそれが病院の待合室で、放映されているTVを見ながら。「日本語だよ」と答えているのですが、周囲に聞かれると結構ワタシが恥ずかしい。しかも、先日、知り合いにまともに見られて、「ゆきごんくん、すごいね~」と言われたが、変なこと教えてる母親だと思われてるんだろうな~、と思っちゃいました(汗)。)
「英語だよ」と答えると、「なんてよむの~?」と質問。
で、なので1文字ずつ教えてあげたり、単語レベルで教えてあげたりしているうちに、どうやら「S」の文字が「エス」だと覚えたようなのです。
どうやら「S」の形が特徴があって覚えやすかったらしい。「Sと2って、にてるね~」という発言もありましたから。

で、次のきっかけは、蒸気機関車。「D51」が「ディーごーいち」と読むことができたり。そして、「C」なんとかという蒸気機関車の型があるらしいのですが、おかげで、「C」が「しー」だということもわかるようになったようです。

・・・っていうか、世の中を見るとロゴや看板はアルファベットが使われていることが多いし、ひらがなが約50文字で、しかも漢字やカタカナに混ざって登場するのに対し、アルファベットは26文字であることを考えると、確かに1文字あたりを目にする頻度は、アルファベットの方が多いのかも、などと思うワタシでした。


★絵本&おうた

最近、くいつきがよかった絵本は。

「11ぴきのねこ」
 :馬場のぼる作。ある絵本紹介冊子に載っていたので借りてみました。
絵のタッチがどうもな~、とワタシは思ったのですが、ゆきごんはかなり気に入ったよう。
文体のテンポがよく、読んであげるのはワタシも楽しかったです。
最後から2ページ目は、文字がないページなのに、思わず「え!?」と声を出してしまいます。
そんなところがうちの子、気に入っているのかも。
これもシリーズものの第1作らしい。
しかも絵本ナビとAmazon.co.jpでチェックすると、相当評判のよろしい本のようです。

14ひきのおつきみ
 :いわむらかずお作14ひきシリーズ。
保育園に「14ひきのひっこし」があって、うちの子が気に入ってると聞いていたものですから、そのなかでも今の季節とあっている「おつきみ」を借りたもの。
私はこのシリーズをじっくり見たのは初めてなのですが、ねずみたちが素朴でかわいいし、大自然の様子が丁寧に描かれていて(ねずみ目線なので、ちょっとした自然も「大自然」に感じてしまうのです)、こころ安らぎますね。

ほね、ほね、きょうりゅうのほね
 :バイロン・バートン作(以前、このblogで「はたらくくるま」を紹介したことがあります)。
うちの子、乗り物も好きだけど、昆虫や恐竜も好きらしい・・・ということで、本作です。
この本で、恐竜の名前、いくつか覚えました。
保育士さん(担任ではない)には、「ゆきごんくん、すごいですね~。『ゆきごんね~、トリケラトプスと○○○(忘れたけど、恐竜の名前ね)ではね~、トリケラトプスがすきなの』っておしゃべりしてましたよ。恐竜にも興味あるんですね~」という報告までありました。
そういや、家でも、「ティラノでんしゃ~」、「アパトでんしゃ~」、とつぶやいて、恐竜をでんしゃ化してたことがありましたよ。

きょうりゅうたちのおやすみなさい
 :せっかく恐竜に興味がでてきたようなので、続けて、恐竜の出てくる話を借りてみました。
そのとき4冊ほど借りた中では、もっとも気に入っていて、こればかり読んでと持ってきます。
母としては、絵が妙にリアルだし、翻訳した文体が読みにくくて、ちょっと苦手でしたが。

崖の上のポニョ」(別記事で紹介済み)

逆に、うちの子がくいつきが悪いのが、昔話系。民話とかグリム童話とか。

昔話がたくさん載っている本を買っているのですが、ほとんど読んでいません。
一日一話読んであげる、というのがコンセプトの本なのに、基本的に読もうとしても拒否されるし、読ませてもらえても決まったお話ばかり。
ハハとしては、つまらんです。

おおかみと7ひきのこやぎ」。
借りてきて1回しか読んでないんだけど、その1回は、なんと読まれながら入眠されてしまいましたさ。(←うちの子、そういうことはほとんどない)

そして、最近、興味のあるおうたは。

ワタシが歌わされているのは。
・「だんご三兄弟」
・「むしのこえ(♪あれ、まつむしがないている)」
・「紅葉(♪あきのゆうひにてるやまもみじ)」。

本人が歌っているのは、「おうまはみんな」。
これが。
公園に遊びに行ったとき、おうまの遊具に乗って、楽しそうに歌い始めたのがきっかけで、ブームになった気がする。
その、ゆきごんの歌詞は「おうまのしっぽ、ちょんちょりちょろりん・・・♪」。
(↑・・・あれ?それ、1番と2番、ごっちゃだよ?)
「どうしてな~のか~、(しばし、間。歌が終わったのかとこっちが思い始めた頃)・・・だけどおうまのしっぽ、ちょんちょりちょろりん・・・」。
(↑『だけど』の部分を妙に強調して歌うのが、おもしろい^^)


★はずかしがりや

以前からはずかしがりやなのはわかってたけど、人並み以上のはずかしがりやだということに最近気づいた。

なにしろ、慣れない場に行くと、私にしがみついて顔をあげない。
サークルに行っても、部屋に入るときは必ず私にくっついている。
最初の20分くらいはその状態。(何回も参加してるのに!)
そのサークルはうちの子より年の大きい子が多いので、うちの子がまだ小さいからそんなにはずかしがるんだろう、と気にも留めなかったのですが、別の似たような場でも、そういう状態だったのです。
そのときは、小さい子が多く、うちの子が年齢の平均的なところにいたのですが、
そこまではずかしがってるのはうちの子だけ。

それに、運動会でも。最初に撮った集合写真、泣いて私にしがみついて、正面向いてないのですよ。いつもと雰囲気が違うとはいえ、いつも一緒に遊んでるメンバーじゃないですか。
練習では、ちゃんと踊ってた、と聞いていたのに、本番はまったくその気配なし(涙)。
担任の保育士さんには「ゆきごんくんの場合、予想通り(だからだいじょうぶ!)」とフォローされてしまった。それもどうだか(ため息)。

実は、今月はお遊戯会あり。
これは平日行事。
本人に「来てほしい?」って聞いたら、「きてほしい」って言ってたけど、どうせ本番では固まってるんだろうな~と思うと、仕事の調整をする意欲も失せてしまうんですけど・・・。


★お誕生日会

3歳のお誕生日は家族でささやかなお祝いをしました。
用意したのは、バースデイケーキと、プレゼント。

バースデイケーキは、Apt-Cakeさんで注文いたしました。
プレゼントは、「くまのひもとおし」と「ビリボ」です。

ケーキには、ろうそく3本立てて、火つけて。
ふーふー、気合の入らない息を吹きかけるも、なかなか上手に消えず。でも、なんとか1本ずつ、吹き消しました。
お味の方は、おいしい!・・・んですけど、普通のケーキを味わえる大人からは、なんとも重たいケーキだった(米粉と豆乳クリームのケーキなので)。カットすると、重みで崩れてしまう。
でも、これを自分で作ろうとすると、大変だからね。Apt-Cakeさんには、大感謝です。

くまのひもとおし」は、即効で、ひもにくまを通し始めました。
え。子ども、そんなにすぐ、遊び方がわかるものなのか?と思ったら・・・、「これ、ほいくえんにある~」とのこと。
そ、そうでしたか(汗)。
まるで昔の人が銅貨を紐でつないでたみたいに、じゃらじゃらとしたものがあっという間にできあがりました。

ビリボ」は、見ると、いきなり、その中に座りたがりました。
あとは、背中に乗せようとしてみたり。
子どもの創造性に頼るおもちゃなので、見向きもされなかったらどうしよう、と不安でしたが、それなりに遊び始めたのでほっとしました。

ゆきごん、「ありがと~」と、しっかりお礼を言っていました。
自分からお礼を言えるようになったわが子の成長に、ハハ、感激したりして。


なお、その後、保育園でも、お誕生日の日に、お誕生日バッジをつけたり、おうたをうたってもらったり、ささやかなお祝いをしてもらったようです。
いろんな人に声をかけられて、嬉しそうに、指を3つ突き出して、にんまりしていたとのこと・・・
その日の夕方、「みんなにおいわいしてよかったねー」とワタシが声をかけると、
「もうすぐ、サンタさんなんだよねー」とゆきごんに返されたのが、謎。
確かに、君の誕生日近辺は、クリスマス商戦開始の時期なんだけどさ・・・。
【 2008/11/15 (土) 】 ゆきごん成長レポート | TB(0) | CM(2)
くまのひもとおし、うちも以前の保育園にありましたね(高価な木製のポニーもありました)。長女がやはり2~3歳ではまっていたので、次女にはクリスマスに買おうかな(こちらの保育園には当然のごとくありませんので)。
うちも祖母のおかげで「崖の上のポニョ」をゲットし、2人してはまっています。
14ひきシリーズはやはり同じ頃の長女がはまっていましたが、次女はまだあまり興味がない様子。今度、いわむらかずお美術館に行きたいとおもっています。
11匹のネコは私自身が「11匹のネコとあほうどり」が幼少時代、大好きで、出産した友達によくプレゼントしていました。子供たちもシリーズの中ではあほうどりが一番好きかな?(シリーズでいろいろあるので図書館ででもみてください)
ちなみにうちの2号も、今は「じぶんでじぶんで」でかんしゃくをおこす、いやーな魔の時期になってきております。しかも1号が手伝ったりするから、家庭内扮装が・・・(毎日勃発)
【 2008/11/15 (土) 】 編集
ちゃいさんへ
いわむらかずお美術館の情報、ありがとうございます。あまり「いわむらかずお」という切り口で見たことがなかったのですが、あらためてみると素敵な作品を書いてらっしゃる方なんだな~、とわかって、他の作品にも触れてみたくなりました。
「14ひき」と「11匹のねこ」はそれぞれ1冊ずつ同じシリーズの別の本を図書館で借りていまして、「あほうどり」は今読んでいるところです。(うちの近所の図書館、作品名別に整理されているものですから、この2つのシリーズ、同時に目がとまるんですよねー)。11匹のねこたち、ちょっとしたたかでずるいんだけど、間が抜けてるところも合って、にくめないですよね。
「じぶんでじぶんで」もかわいいんですけどね。こっちに心の余裕があるときは^^;。でも、二人だとまた違う大変さがありそうですね。
【 2008/11/16 (日) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。