イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

こどもの習い事、検討開始。

最近は、お子さんを早くから習い事をさせているお宅も多いですよね。
うちも、習い事、させた方がよいのかどうか、悩んでいました。

早く始めた方が苦手感がなくてよいのか?
でも習い事を始めると、週末の時間がままならないのではないか?

何冊か本を読んだところ、「芸時は6歳6ヶ月からはじめよ」との言葉もあるそうで、始めるとすれば、せいぜい年中さんからかな、というふうに今は思っています。
「しあわせ脳」に育てよう! 子どもを伸ばす4つのルールにも書いてあったし、おばあちゃんに聞いたらくらく子育て名言集にも書いてありました。)

ということで、この1年は、こどもの習い事方針をゆっくり考える1年にしようかと思っております。

楽器、造形教室、スイミング、体操、いろんな習い事がありますよね。
何にもやらないよりはやった方がいいのかもしれませんが、消化不良に終わるくらいなら、やらない方がいい、という話もあるかもしれません。
もしかして、何にもやらない方がいい、という結論になるかもしれませんし。

また、小学校受験もするかもしれません(しないかもしれません)。

いろいろ検討していきたいと思います。
【 2009/03/21 (土) 】 教育について話そう | TB(1) | CM(3)
お受験
受験についてなんですが、以前の地域は割と盛んで、11月1日の年長さんの出席人数が少なかったです(小学校では2月1日に座席がガラガラらしいですが、今住んでいる地域は私立がないので無縁です)。
そんなことで、受験されている方も知っていましたが、みなさん年中ぐらいから塾に通っていらっしゃいました。あと、幼稚園の申請書類の中に、「内申書の発行」みたいなものがありましたね。お金とられるものなので、「けっこー儲けてるなぁ」と思ったものです(うちは転勤で転園したので、次に通う園で在園証明が必要で、お金とられました。申し送り(こちらは無料)もあり、封がされていたので、中に何が書いてあったかは分かりませんでした。多分、普通の公立の小学校へ上がる時も、幼稚園から学校への申し送りがあるようです。)。
それから最近は、中学受験もそうですが、激戦みたいで、実際に落ちるかたも少なくないようで、「うちは(落ちちゃって)公立なのよ」とおっしゃる方には、声が掛けられなかったです。4,5校受けてもダメだったという方もいるみたいですね。落ちた時の覚悟もある程度必要なのかも。
WMSにも以前、保育園からのお受験がかいてあったと思いますが、少数派なので大変かもしれませんね(内申書提出や申し送りなどがあれば特に)。
あと、うちは公立なのですが、近隣学校に比べ少人数のため、PTA役員が6年間で1回というわけではなく、1~2年間で1回なにかの役をやらなくてはいけないそうで、同僚(みんな小学生のお子さんがいる)と職場で、「本当に大変よ。無報酬だし、仕事のほうがマシ」といいあっています。受験で入るような小学校は、働く母が想定されていない場合が多いので、さらに大変かもしれませんので、要チェックだとおもいます(とくにキリスト教系は奉仕精神が強いので)。実は幼稚園でも預かり保育があって働く母が想定されていても、役が廻ってきたりするところも多いので、小学校でさらに公立でなかったら、なおさら想定されていないケースがおおいのかもしれません。
また、学童についても、近隣の公立で受け入れてくれるところもありますが、そうでない場合もあり、働き続けるのであれば、それも調べておいた方が良いと思います(いろんな小学校から通える民間学童がお近くにあれば大丈夫だとおもいます)。
【 2009/03/24 (火) 】 編集
【 2009/03/24 (火) 】 編集
ちゃいさんへ
ちゃいさんへ

充実したアドバイスをくださり、ありがとうございます。
「小学校検討」も少しは始めているのですが、また、そのことはいつか記事にまとめてみようとは思っていました。
うちは、子どもが食物アレルギーがあり、給食よりもお弁当の学校の方が、辛い思いをする機会が少ない、と思い、私立を検討することにしたんです。
公立には公立のメリットがあり、私立には私立のメリットもある、ということも、自分なりに見解ができてきたので、何が何でも私立に入れたいわけでもないんですけどね。自分ちの経済力も十分検討する必要がありますし。私立に入ると、親の負担もいろんな面で相当大きい、というところも、何となくイメージできています。
うちの地域的にはどうなんでしょうかね。こないだ、保育園の親睦会で、ちょっと小学校の話がでていたのですが、「(私立には)うちは行かないよねー」、というお母さんもいれば、実際におにいちゃんを私立小学校に入れているお母さんもいますので、盛ん、というほどではないかもしれませんが、私立受験を検討している人は何人かはいると思います。また、実際に私立小学校ママに話を聞く機会もあったのですが、その私立は、幼児教室のお受験対策はむしろしない方がいい、というところで(ただし、お手伝いをさせる、読み聞かせをする、などはさせておくべき)、私もそういう感じの私立を選ぶ予定ではあります。
学童は、うちの自治体は、私立の子でも預かる、という噂は聞いているのですが、実際に聞いていないので、これから、調査しないと、という感じですね。
私立から情報収集をしていますが、公立の情報収集も4月以降に始める予定でいます。
いただいたリンクはこれから読んでみますね。ご紹介、ありがとうございます。
【 2009/03/25 (水) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

習い事の検討 -音楽教室編-
習い事検討、第一弾は、Y音楽教室です。 春の体験スペシャルウィークということで、わがメールにも某メルマガからご案内が来ました。 うち...
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。