イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お片づけ、マイ・ルール

イー・ウーマン「部屋が片付かないのは買いすぎているからですか?」というテーマの円卓会議を今週やっていました。

さて、私自身、「お片づけの霊、憑依。 」という記事のなかで、自分なりの掃除の方法論をまとめたところ。
それは次の4つ。
① モノの置き場所を決めること
② モノを増やさないこと
③ モノを捨てること
④ モノを置き場所に戻すこと

このうち、②と③についての議論だと理解しました。
コメント全体を読んで、やっぱりワタシの方法論は間違っていないんだな、と再確認できました(自分ができているかどうかは別)。
人によって、①から④のどれができてないか、どれが重要と思っているか、は違うみたいですが。

で、やっぱり、「②モノを増やさないこと」、「③モノを捨てること」ができてない人が多いんですね。(ま、そういうテーマの会議だから、そういう投稿が多いのは当然なのですが)

議長の木村さんの「本、CD、絵などの小世界を提供してくれるモノモノたち。(中略)この3つは作者への敬意もあって「三大捨てられない対象」ではないでしょうか。」コメントは、確かになあ、と思いました。
私は、絵は買わないけど、本は好きなんで、増えますよね。あと、CDもたまにしか買いませんが、減るということはないです。
私の場合、本は早めに古本屋やネットオークションで処分することが多いですね。あくまでお片づけ意識の高いときの行動ではありますが。発売直後や話題性の高い、鮮度が高いうちに購入して、さっさと処分すると、回収価格もそれなりになります。でも、鮮度が落ちた本は、なかなか買い手もつかないので、タダでも差し上げます、って感じになりますけど。
あと、一度、フリーマーケットに出店して、処分したこともあります。自分と同じ興味志向にある、本を読む人と、リアルに出会うことって少ないので、これはこれで楽しかったですけどね。

それから、同じく木村さんのコメント「実はからっぽの部屋の空虚が怖いってこともあるのかなぁ~、って点。
モノに囲まれている状態はぬいぐるみに囲まれているのと同じように擬似安心感があるのかもしれない。」も、いえてる、と思いました。
実は、少し散らかってる部屋の方が落ち着く、というのはある。
ただ、うちの場合、子どももいるので、しつけのことを考えると、散らかった部屋の方が落ち着く、という感覚は、非常にまずいんですけどね。

同じく木村さんのコメント「捨てる以外に売るって手も一法。が、それも時間があってのこと。」も、うんうん、という感じ。
片付けられない、ってことは、自分の持っている限られた時間のうち、「片付ける」に割く時間が少ない、ということを表しており、つまり、自分の中で「片付ける」のプライオリティが低い、ってことを表すんだと思うんですよね。
本当、blogやってるヒマがあったら、部屋を片付けろよ、と何度思ったかわかりません(自爆)。
それに、「売る」というのは簡単だけど、結構、「商品管理」も大変だからねえ。フリマ開催して、とっか思っても、複数の「目玉商品」がないと、開催しにくいですし。
ネットオークションに出品するにしても、1点1点、「商品」の紹介を丁寧にしないといけないでしょう。写真を撮ったり。あれ、結構面倒くさい(これまた自爆)。
不要になったものをいらない人に届ける努力をするより、ただ、捨てる方が、よっぽどラクなんですよ。罪悪感はありますけど。

あと、片付けのルールを決める、というのは、そのとおりかな、と思います。
「郵便物はその日に片付ける」というルールを紹介してらっしゃる方がいましたが、私は、郵便物は宛名別のハコに入れておき、後日まとめて処分しています。
要は、郵便物は、とっちらかななきゃいい、ということと、リアルタイム処理でも意外と時間がかかる、ということで、一日一日の時間の節約のためです。ま、後で、まとめて処分するときは、結構な時間がとられちゃうわけですが、しようがないですよね。

服の色を決める、というルールは、私もやっています。
年明け頃から、おしゃれに興味がでてきたので、服は増えてきていますが、幸い、色味については、あまり増えてませんね。
確かに、服が増えても組み合わせに困る、ということは、少ないです。
(逆に、上着とパンツが同色になってしまい、セットアップに見られた、ということはあります。よくみると、素材が違うんですけど。)

「片付けましたよ。皆さんはどうでしたか?問題はその台の維持がいつまで続けられるかですよね。」とは木村さんの最終日のコメントですが。
私の方は、その後は、一応、ひどく散らかる、ということはないですね。(あくまで今のところ、ですが)

うちの場合、コツは、前の記事、「お片づけの霊、憑依。 」のときに、家族それぞれの「とりあえずBOX」を購入したこと。
パパのBOXは2つですわよ!本人の希望により。
でも、おかげで、床に脱いだ服が無造作においてある、ということがなくなり、多少はすっきりを維持できるようになりました。
ポイントは、家族それぞれのBOXを用意する、ということだと思います。
以前も、そういう「とりあえずBOX」は1つはあったんですけど、すぐいっぱいになっちゃうし、パパがそのことを知らなかったようで、「とりあえずBOX」に脱いだ服があるのに、また別のところから新しい服を持ってきたりして、結局、「とりあえずBOX」に入れたものがデッドストックになっちゃってたんです。

ということで。
ワタシの方法論、①から④に加え、
⑤片付けのマイ・ルールを探す
も加えたいと思います。

そして、今回確認したワタシのマイ・ルールは、次のとおり。
・本等は、古本屋(リサイクルショップ)・ネットオークション・フリーマーケットで処分(あとは、バザーや景品としての提供、ということもあります)
・郵便物は宛名別の「郵便物BOX」へ入れる(後日、時間を作って、まとめて処理)
・服はマイ・カラーを決めておく(ワタシの場合は、ダンナさんと一緒にカラーコンサルを受けました。結果、ダンナさんとワタシの似合うカラーが違うことが判明。結婚してから、かなり長く、ダンナさんの好きな色をとりいれていましたが、それ以降、決別し、自分の似合うカラーを自信を持って選ぶようになりました)
・リビングには家族の数だけ「とりあえずBOX」を置いておく。
・我が子の健全な成長のためにも「片付いた部屋は子どもの成長に望ましい!」と意識する(これは、できてないかもしれないんで、今後、強い意識付けが必要^^;)
【 2009/05/02 (土) 】 主婦として&家事のこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。