イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

業務時間中の「雑談」について

仕事で、考え込んでしまった話を記事にします。
テーマは、業務時間中の「雑談」について。

このblogの読者の方、特に、リピーターの方は、仕事をしている方が多いかな、と思います。
とはいえ、その職場環境は千差万別でしょう。
もし、職場が同じでも、立場によって、こういうことに関するあるべき話は違ってくると思います。
さらに、職場が同じで、立場も同じ人でも、こういうことに関する「こうなんじゃないの~?」という思いは、多少の個性がでるところと思います。

ということで、内容にピンとこない人も多いかも、と思いつつ。
まあ、どちらかというと、自分自身のメモ、ということで、綴りたいと思います。

*****************
先日、「経営戦略としてのWLB」という記事をつづり、こういう会社になればいいのに、と思いつつ、提言に至らなかった話を書きました。
で、これは、その後日談ということになるかと思います。

その後、とにかくできることをしてみよう、と、所属部署で、業務時間内にどのような時間の使い方をしているのか、報告させることにしました。

それはあくまで部署内の自主活動ということで取り組んでいたのですが、なぜか、他の部署についても同様の活動をするように上から指示があり、いくつかの部署について、業務時間中、どういう時間の使い方をしているのか、の情報が、私のところに入ってくるようになりました。

その中で、ポイントなのが、業務時間中の「雑談」。
私は、「その4・社員の生産効率」という記事の中で書いたとおりの見解の持ち主。職場のおしゃべりを全面的に否定するわけではありませんが、非公式なコミュニケーションなしでも業務が回る職場をめざすべき、という考えです。

しかし、隣の部署の課長君は、これについて異なる見解を。
彼は、「ボクは職場を回るときに、直接業務と関係ないことで話しかけられるが、それを無視するわけにはいかないし、それはむしろ情報収集(情報交換)の一環。もちろん、過度に話し込むのはよくないのはよくないとわかっているが、情報収集することが次の提案に結びつく」というのです。

それを聞いて、私はかなり考え込んでしまいました。
確かに、彼の組織内の役割はそういうところがあります。

そういう役割であるからおしゃべりをしてもいい、という理屈は、そういう役割ではないからおしゃべりはほどほどにという理屈に結びつきます。
でも、実際には、社内で同じ時間を共有しているメンバー同士なのだから、どんな役割の人かにかかわらず、話しかけやすい人同士、コンタクトをとりあってもおかしくはないでしょう。実際、職場の活気や、モチベーションの維持につながっていることはあるのでしょうから。

例えば、わが課長君も、知り合いと顔を合わせては雑談しています。
彼と話しているのは、彼と共通項のある人と。まあ、そんなにだらだら話し込んでいるようには見えませんが、わりと頻繁に話す機会を持っているのは確かです。
わが課長君の場合は、隣の部署の課長君に比べれば、社内の情報収集をする必然性というのは少ない役割を担っています。
でも、きっと彼に聞いても同じようにいうでしょう。「あれは、情報収集だと思っています」と。

別の部署の女子社員も、話し好きの社員に話を始められたら、つきあわざるをえない、と言っていました。
「あの人は愛想が悪い」と思われるのは本人にとってもマイナスでしょうが、組織としても確かにマイナスです。

だからといって、もっと上の経営者の視点から見れば、どっちもただの「おしゃべり」。
だらだら仕事をしてると見られてもおかしくありません。
(実際、理屈をつけて「情報収集」するタイプの人は、時間の使い方がうまくない傾向にあるように思います。)

それに、隣の部署の課長君は、その役割ということを除いても、「話すのが好き」な人なんですよね。

本当、業務時間中にやっている業務と直接関係ない時間の使い方って、社会人を数年経験した人ならいくらでも自分なりの理屈をつけられるんじゃないですか?

例えば、時間管理をする説明をした時にある女性からこういう質問がありました。
「じゃ、お化粧を直してる時間とかどういうふうにすればいいんですか?」

ストレートな答えはこうでしょう。「休憩時間にしてください。」
でも、そんなことはいえません。・・・というのは、もう、うちの会社、こういうのが平然と言えちゃう社風なんですよ(ため息)。
きっと、彼女は間違いなく彼女はこう思ってると思います。「きれいにしておくのも仕事のうちですから」と。

ネットして遊んでいるように見えても、「情報収集してるんです」。
まあ、実際、業務上インターネットで情報収集することも多いと思います。それが、業務にかなり関係あることなのか、むしろ、直接業務というより単に自分の興味のままに情報収集しているのか、・・・たぶんやってるうちにその境界はあいまいになっていることが実態として多いと思います(これは私もよくあることです)。

要は、厳しい見方をすれば、彼は「役割」にかこつけて、やりたいことをやってるだけ、と見ることもできる、と言いたかったわけです。
(実際のところ、彼にそこまで厳しい言い方をするつもりはありません。
見方を変えれば、自分のやりたいことと自分の「役割」が一致している、本人にとっても会社にとっても幸せなケース、と見ることもできますから)


前置きが長くなりました。
さて、今、話題にしたいのは、じゃ、なんで隣の部署の課長君は、そんなにいろんな人に業務と関係ない(こともある)おしゃべりに付き合わされてるの?ということです。
確かに、社内に、会社に対する不満がある人がいて、それを彼が聞いて、何か解決の糸口を発案できるのであれば、それは意味のある情報収集だったといえるでしょう。

でもさ。
業務と関係ないおしゃべりをしてくる人って、そもそも、ヒマなんじゃないの?
抱えてる業務量に余裕がある、ってことなんじゃないの?

自分に置き換えて考えてみました。
私はおしゃべりは苦手ですが、でも、ついつい雑談に応じたり、どうでもいいことを話しかけたりするときがあります。
それは、どういうときかというと、・・・手持ち無沙汰なとき。
時間に追われてるときは、どうでもいいことを人に話しかけたりしませんわよ。

あと、人に話しかけずにいられないときは、・・・自分の持ってる社内の情報量が足りないんじゃないかと思うとき。
それから、会社のやってることに不満があるとき。・・・いわゆる愚痴です。

まあ、もともと、おしゃべりが好きな人、というのもいますよね。
時間に追われていようが、何の不満もなかろうが、多少にぎやかな状態でないと落ち着かない、というキャラクターの人もいると思います。


まとめてみるとこんなことがいえるのではないかしら。
挨拶と簡単なご機嫌伺い、ということは当然ありとして、
それ以上におしゃべりしてくる人、というのは、
①もともとおしゃべりが好きな性格である
②会社に不満を抱えている(プライベートで不満を抱えているということもあるかも)
③自分の持っている社内の情報量が足りないという不安を抱えている
④ヒマである、余裕がある
ということかと。

①は、変えようがない話なので、置いといて。
②、③、④は、それでいいのか?うちの会社・・・って話だと思うのですよ。


本日の記事はこんなところで止めときます。
続きをお楽しみに~(あるとは言い切れませんが。)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。