イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

THIS IS IT、観てきました。

マイケル・ジャクソンの映画「THIS IS IT」、観てきました。
リンク ⇒ 公式サイト

貴重な映像を見せていただきました。
マイケルってこんなにかっこいい人だったのですね。
(もちろん、彼が「スリラー」、「ビート・イット」、「バッド」等の大ヒットを飛ばしていたころ、私は中学生だったので、リアルタイムでその音楽を耳にしてはいたのですが、その頃は特に意識して聴いていませんでしたので)

まず、伸びやかで美しい歌声。

人形のように長い手足と、小さな顔。
キレのある動き。
独創性のあるダンス。

こういう人が存在してた、ということ自体が奇跡のような気がして。
彼が、黒人だろうが白人だろうが、どちらでもいい。
彼の年齢だって、気にならない。(実際、50歳とは思えない)

そんなことを思いながら見てたら、流れてきたのは、「ブラック・オア・ホワイト」。
まさに。という感じでした。

この映画は、最後の(そして幻の)コンサート「This is It」を創り上げる過程を撮ったもの。

マイケル・ジャクソンの最高の舞台を作るために、(おそらく超一流の)スタッフ、ダンサー、演奏者たちが集まり、観客を喜ばせるために、最高の力をライブで見せようとする、その過程。

マイケルが奇跡のパフォーマーであることは、今更言うまでもないことですが、最高の舞台を創造するクリエイターでもある一面を見られるところが、この映像の貴重なところ。
彼の妥協を許さないところ、優しいところ、純粋なところ、奉仕の精神、そして、夢を信じて突き進む姿。
そういうところを含めて、トータルで、彼の存在は、本当に奇跡だったのだなあ、と思いました。

彼が私たちに伝えようとしたそのメッセージは、私には単純にそのとおりと受け止めきれない気持ちがありますが、でも、その信念を貫こうとする彼を美しく思いました。
単純に、その存在の美しさに出会えただけでも夢のような体験だし、その仕事に対する真摯さは、私もそうありたいと思わされるものでした。

きっと、あまりの才能と、そして、あまりの純粋さが引き起こしたものとはいえ、彼は多くの人に誤解されてきたように思います。
実際、ゴシップになってもしようがない行動や見かけの変化もありましたし。
彼自身は、本当はあまり幸福の人生を送っているとは言えない気がします。

しかし、彼は、歴史に名を残す、最高のパフォーマーであることは間違いないですよね。

コンサートで会いたかった、という人も多いでしょうけど、私のような、同時代を生きていた、あなたの存在が気になっていた、というだけのファンでは、コンサートに足を踏み入れることはできなかったでしょう。
だから、映画で公開してくれたからこそ、この映像を見ることができたのだと思う。

こんな形になって残念だけど、私は、あなたに会えて、良かった。
心からご冥福をお祈りします。

キング・オブ・ポップ-ジャパン・エディションキング・オブ・ポップ-ジャパン・エディション
(2008/09/24)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る


ベスト・オブ・マイケル・ジャクソン+1ベスト・オブ・マイケル・ジャクソン+1
(2009/07/29)
マイケル・ジャクソンジャクソン5

商品詳細を見る
【 2009/11/08 (日) 】 tea break | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。