イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

私立小学校検討につき (その8:私の価値観と今の考え)

さて、前記事までで書いたのは、通学区域の公立小学校に対して、悪くない印象を持っていることと、家から通えるお気に入りの私立小学校を見つけてしまった、ということです。
仮に、通学区域の公立小学校を公立A小、お気に入りの私立小学校を私立B小、と呼びましょう。

で、うちの子をどちらに進学させるのがベターなのか。
これは、本当に悩んでいます。
おそらくそのときになるまで決められないでしょう。

公立A小に通わせることは、本当に魅力的です。
まず、家から近い安心感。しかも、集団で登校しているようだし。
近所のワーキングマザーさんから学童情報も入りますが、1年生はほぼ入れるということですし。
今の栄養士さんから得た情報だと、給食でも、アレルギー対応をしてくれそうです。また、給食に使う素材にもこだわりが見られて、そこも魅力。
見学した感じでも、私立小学校とそんなに授業が変わる感じもないですし。(但し、生徒さんの中には、将来のヤンキー候補のようなやんちゃさんもいて、それは私立には見られない光景だったかな)
また、母としては、近所のお母さんの知り合いが増えるのも嬉しいことです。もしかすると、ずっとこの地域に住む可能性があるので、老後のことを考えると、近所の顔見知りはそれなりにいる方がいい。

それに何より教育費負担ということ。
私立は、学費負担はもちろんですが、学費以外にもお金がかかること。寄付金や旅行積立金等、学校に対して払うものもありますが、付き合い費にかかるという指摘もあります。
付き合い費というのは、私立小学校に行く子はもともと生活水準が高いので、おともだちとのお付き合いや、母親同士の付き合いで、公立以上の負担がかかる、というもの。また、私服の学校だと、服飾代にもお金がかかっちゃうかもしれませんね。
うちに、本当に経済力があるのかということから、家計管理の本や節約指南本を数冊読んでみたのですが、よくでてくるのが、「子どもを公立小学校に入れる(私立小学校に行かせない)」というもの。子を公立小学校に入れるのは、もう基本中の基本、という取り扱いです(^^;)。
そもそも教育費が本当にかかるのは、高校・大学(だそう)です。子どもを私立小学校に入れて、金銭面で息切れしてしまい、大学は本人将来返済の奨学金でとなるのも、本人にとって幸せなのかとも思います。それに、子ども自身が選択できないときにお金を使ってしまい、例えば、留学したいとか、大学院に行きたいとか、本人が自分の意思で選択したときに、親として支援できなかったりすると、それはそれで情けなく思っちゃいそうですし。

まあ、公立小学校に行かせても私立中学校受験のときに通塾費がかかるのだから、それなら、私立小学校でしっかり私立中学校受験対策までやってくれるところを選んでもそれほど負担額は変わらない、という考え方もあるようですが。
(が。私が気に入っている私立小は、そんなにばりばりの教育校ではないので、通塾する子も多いと聞いており、その点でのメリットはありません。なお、私立小学校で、中学進学以降の不安が小さい学校(系列校がある、系列校はなくても有名中学への進学率が高い、等)は、人気も高いので、小学校受験の段階で出費も含む相当の準備が必要と認識しています。)


じゃあ、そもそも私立受験なんか考えなくていいのでは?という声が聞こえてきそうですが、


公立A小に通わせることに不安がないわけではないのです。
うちの子は、アレルギーっ子だから、普通の子は全く気にしなくていいようなシチュエーションで、引け目を感じることがあるだろう、ということ(内容の詳細は前記事)。そこの不安が何より大きいのですが。
公立小学校の栄養士さんでも、アレルギー対応食に対する意識にはばらつきがあります。で、異動というものがあるでしょう。だから、今いらっしゃる栄養士さんなら大丈夫、と思っていても、うちの子が入学するときにはいないかもしれない(その可能性は高そうな・・・)。
また、前の校長先生が評判のいい校長先生だったのですが、今はすでにその校長は異動になっており、その後、校風に影響があったかどうか、という評判も耳にしていません。

あと、ご近所コミュニティに関わるのは、本当にいいことなのか、という不安もあります。
私立小学校だと、家庭における教育方針の似たご家庭が集まるのでしょうけど、公立小学校のそれはばらつきが大きいはずです。
それを通じて母親は成長するんだ、なんて意見もあるでしょうけど、そこは価値観の問題で。衝突は避けられるものなら避けたい、という考え方もありでしょう。
(今、自分が現実的にどうかな、と思っているのは、近所の男の子が戸外でDSで遊んでいることを目撃する機会が、非常に多いこと。。。)

また、私は保育園選びの時点で、最も近い保育園を選んでいないこともあり、同じ小学校に進学するママ友が少ないんですよね(男の子ママではゼロです)。
それは子ども自身も同じで、だから、子どもにとって、私立に行っても、公立に行っても、おともだちをほとんど一から作る、という状況には変わりがないのです。

そして、入ってみなくちゃわからない、という不安。
私立小学校だって入ってみなくちゃわからない、と言われそうですが、公立小学校ほどじゃないと思うのです。
第一、私立小学校は、学校説明会等説明して、外部への理解を求めて、広報活動をするじゃないですか(それは生徒募集という目的があるからですね)。公立小学校には、それがあまりない。
確かに、私立に比べればご近所さんに話を聞く機会は豊富にあるわけですが、それはリアルといっても断片的な情報で、全体像っていうのは見えないですよね。


で、私が現時点で惚れ込んでいる私立B小。
ここは、入ってみなくちゃわからない、という不安が、なぜかほとんどないのです。
というのは、私がこれまで入っている保育所と、育児方針というか教育方針に共通する部分が多くありまして。
ここなら、子どももすくすく育ってくれるだろう!という確信のようなものがあり。
自分が、これまでの保育所選びが正しかった、と思っていて、その経験に基づく自信、みたいなものですね。

ただし、金銭面の不安はあります。
小学校時点では大丈夫だと思うけど、中学・高校・大学と進学していった際に、息切れしたらどうしよう、という。


今、なんとなく思っているのは、公立A小に進学させることはそれほど悪い選択肢ではないし、そちらを基本として公立A小と今後もコンタクトをとっていくこと。
しかし、進学するまで数年の時間がありますし、その間に、公立A小に行かせるのをやめたい、と思うような情報が入らないとも限らない。それに、話をしていくにあたって、公立A小に入らなくてもすむオプションをこっちが持っている、ということを匂わせながら話を進めていくことは有効だと思います。
そのオプションとして、私立小学校への進学も併せて、可能なようにしておきたい。しかし、そのためには、入学試験をクリアする必要があります。
そういうわけで、公立A小を進学することを前提としつつも、私立B小をターゲットとして、私立小学校の入学準備も併せて、進めていきたい、と現在考えているのです。


<補足>
このblogの記事、私立小学校検討につき(その2)~(その8)まで綴ってきましたが、これらは、実は私にとって、「私立小学校検討につき (その1:きっかけ)」に書いたものを、丁寧に綴りなおしたものに過ぎないんです。
「私立小学校検討につき (その1)」の後から本題にすぐ移る予定だったのですが、そこでいただいたコメントにより、「私立小学校」という言葉に世間の固定されたイメージがくっついていることに気づかされ、私が考えている私立小学校受験の話はそれとはちょっと異なるものだと思ったので、自分の考えた過程を理解してもらえるように綴り直したわけです。
(その1)を読み直していただければわかりますが、私が使っている言葉は「私立小学校の受験を検討中」というもので、「私立小学校の進学を希望」ではありません。(もちろん、それが誤解を招きやすい表現であることは否定しませんが。ただ、私にしても、本題に早く入りたかったわけで、(きっかけ)を綴る段階でそこまで説明する必要があると思わなかったのです)
(その2)~(その8)を読者さんがお読みになることで、私が、セレブでもなく、見栄でもプライドでもなく、公立小学校に不信感を持っているわけでもなく、私立小学校進学に対する負担というのをわかっていないわけでもなく、食物アレルギーっ子の母親としての不安から、私立小学校受験をオプションとして検討している、という状況であるに過ぎないことが、伝わればよいと思います。

【 2009/12/17 (木) 】 小学校入学準備 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

私立小学校検討につき (その9:「小学校」受験の特殊性)
さて、昨年から書き始めた同タイトルの記事。 前回の記事で、受験準備を始める決意をするに至るまでを綴ったつもりです。 私立小学校への進...
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。