イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「保育園、私設基準緩和、定員増へ」

日経新聞12/9付記事より。
ツイッターで発信しようと思ったが、140文字で収まる自信がないので、こちらで綴ります。

<ココカラ、新聞記事より抜粋>
待機児童問題が都市部で深刻化している。
東京都内の待機児童数は2002年以来咲いたの8千人近くに上り、「シングルマザーなら入れてもらえる」と離婚を思い詰める母親も。
厚生労働省は私設の面積基準を弾力化し、同じ広さでより多く受け入れる苦肉の策を打ち出したが、保育の質の低下を心配する声もあがる。
<ココマデ>


私は以前、こんなツイートをしてました。



@kaorisasaki 佐々木さんの一元化の意図が伝わらなかったのですが、一元化自体には賛成の立場です。http://sachimaneki.blog50.fc2.com/blog-entry-271.html


posted at 07:17:46


@kaorisasaki ビルの上でも駅の中でもいい(他にオプションがないのなら)、という人もいるのでは。品質は重要ですが、それにはコストがかかります。待機児童を解消するために、品質が落ちることはやむをえないかと。もちろん、創意工夫は必要ですが。


posted at 07:16:56



これは、佐々木かをりさんのブログで、「幼稚園と保育園の連携」という記事を読んだことによる感想ツイートなのですが。

以下、その佐々木さんのブログ記事からの抜粋なのですが。
<ココカラ>
保育園は、生まれてから小学校入学までの6~7年間、1日10時間くらい過ごす場所。人生の始まりの、ほとんどの時間を過ごすのです。どんな景色を見て育つのか、どんな音を聴いて育つのか、どんな光を浴びて育つのか、何を食べて育つのか。保育園の品質が重要なのです。子どもの心や体がまっすぐ育つような環境であってほしいと思います。ビルの上はいやだ。駅の中はいやだと、私は、自分の子供が生まれて初めて、便利より優先すべきことがあると感じました。
<ココマデ>

大好きな佐々木かをりさんですが、私は実はこの文章を読んで、少し、イラッとしました。

それは価値観の問題です。
それだけの環境を買える人は、自分でお金を出して、買えばいいじゃん、と思いました。


子どもを預ける場合、自分が育てる場合の環境と、比較して環境を設定することが必要だと思います。
例えば、駅の近くの狭いアパートに住んでいる母親がいたとしましょう。その母親が、働く必要があって子どもを預けるときに、ビルの上はいやだ、駅の中はいやだ、家の近くで、園庭があって、保育料も安い預け先がいい、と言って、それがすべて叶ったらどうでしょう。
そりゃ、育児の社会コストは増大しますよね。

ワーキングマザーの私が言うのもなんですが、やっぱり、こういうときの基本は家庭で育てることを基準に考え始めるものだと思います。
それよりはベターな環境であれば、それでいいような。

というのは、今、認可保育園、という比較先があるから、こういう議論になっていると思うんです。

仮に認可保育園がない、あっても入れない、という前提から入ったとしましょう。
そうすると、シッターさんを雇って、自分の家で替わりに面倒を見てもらう、あたりが出発点だと思うのですね。
そうすると、シッターさんを雇うだけで相当なコストになると思います。例えば、(安く設定して)時給1500円として、一日10時間、月に20日働いてもらったとして・・・、300,000円ですよね。まあ、それで、ワーキングマザー3人集めて、一人のシッターさんに見てもらいましょう、という話になっても、人件費分だけで、一人1ヶ月100,000円の負担は必要です。
そこで、場所を借りてやるとなると、さらにその値段がオンされますよね。イメージをつかむために、家賃7.5万円の部屋を借りて、運営することにしたとしましょうか。そうすると、一人あたり負担は、さらに25,000円増えます。
部屋さえあれば育児ができるというわけではありませんから、さらに、育児用品もいろいろ必要になってきますよね。
そして、この時点では、給食もありません。給食サービスをつければ、その分、費用負担があがります。
もちろん、園庭なんてありませんから、近所の公園で遊ばせることになります。
そんな、最小限のスペックでも、125,000円です。

(上は、0歳児をシッター会社にお願いしたイメージです(0歳児は3人で見るのが規制基準だったと思うので)。
知り合いのおばちゃんに頼むとか、もっと言えば、自分の母親に頼むとかすれば、お礼代くらいで済むのかもしれませんが、それだと社会コストということを計算できないので、シッター会社のシッターさんを仮定しました。)

で、認可保育園だと、仮に保育料の平均が30,000円だったとしましょう。(たぶん、実際のレンジは、所得に応じ、0円~50000円程度だと思います。)
すると、一人あたり、毎月95,000円くらいは補助金で負担しているという計算になるんじゃないでしょうか。年間114万円ですね。
自腹でやったら、年間150万円(=125,000×12ヶ月)かかるものを、自己負担36万円、補助金114万円でやってもらう、という話。

それを、数を増やせ、質を落とすな、と言うワーキングマザーさんたち。

・・・どっちも同時には、無理でしょ。と、単純に思いますね。

まずは、保育所の数を増やしてもらう。
そして、サービスの質に疑問を感じる保育室しかないのだったら、預けなきゃいいんじゃないでしょうか。
そうすれば、自然淘汰していくんじゃないか、と。
もし、サービスの質に疑問を感じても、預けざるを得ない状況だから、泣く泣く預けてる、という話もあるかもしれません。
でも、それは、そこまでして預かってもらう先が必要、という状況なのだから、しようがないのでは?と思いますね。
そして、十分に数が足りてきたら、今度は、質の改善の話が現実的に始められるのだと思います。


あと、もうひとつ、イラッとしたのは、ワーキングマザーさんたちが目が向くのが行政への批判ばかり、というのはどういうことだろう、ということ。
私が先にシッターさんを雇った場合、という例を出してみましたが、本当に子どもを預けて働きたかったら、求人広告でもなんでも出して、シッターさんを探してみるとか、ワーキングマザー同士で保育所を立ち上げてみるとか、行政を頼らなくても始められることがあるように思うのです。
(私がそういう成り立ちの保育所を選んでいるから余計にそう思うのだと思います)
・・・ま、気持ちはわからないでもないですけどね。それだけ、ご近所の結びつきとか、地域力とかが、弱くなってるということなのではないかと。だから、力をかける矛先が行政にしか向かないんじゃないかと。

とはいえ、これは、佐々木さんくらい影響力のある人なら、行政への働きかけをしてくださっているのはありがたい話だと思っていますが。


読み返すと完全に佐々木さん批判記事になってしまいましたが。
好きな人の書いたことだからこそ、こんな書き方になっちゃったところはあります。ごめんなさいm(__)m。


ただ、ワーキングマザーさんたちの不満が、自分の立場だけから見た一方的な要求ばかりに見える・・・のは、本当の気持ちです。
【 2009/12/21 (月) 】 両立生活supporter | TB(0) | CM(2)
No title
考えてしまいますね。
さちまねきさんが書いていることはごもっともと思うんですが。
今のご時勢、質よりも数なんじゃないかと思います。預けられなかったら仕事もできないですし。
むしろ、預けなくても仕事ができる環境だったら、気にしなくていいんでしょうけれど。
保育園に望むとしたら、安全で安心な環境であれば、それ以上はオプションでしかないような気がします。
【 2009/12/24 (木) 】 編集
ななこさんへ
コメント、ありがとうございます。
この記事は、どちらかというと、つぶやきのようなもの、として書き始めたんですけど、書きながら、結果として、自分ってこんなことを思ってたんだな、なんかイライラする原因というのがこれだったんだな、というのが、わかった文章なんです。だから、私も考えてしまってる感じです(苦笑)。
質も無視していいわけじゃないのはわかってるんですけどね・・・。
(安全・安心も最低限の「質」なわけですから。)
【 2009/12/25 (金) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。