イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

我が家の折り紙遊び

私は手先が不器用で、巧緻性に関することは全面的に苦手意識あり、なんで、当然のように折り紙もちゃっちゃとできるような感じではありません。
イベントで、お母さんが折り紙遊びを子ども達に披露しているのを見ると、つい眩しいような気持ちになってしまう私^^;

しかし、4歳くらいになると、お子さんと折り紙を楽しみ始めるご家庭も多いと聞きます。
っていうか、折り紙っていかにも推奨されてる遊び、って感じがするのよね~。
なんで、ずいぶん前から、本は購入していたのですよ。

頭がよくなるこどものおりがみ―脳力アップ頭がよくなるこどものおりがみ―脳力アップ
(2008/03)
小林 一夫澤口 俊之

商品詳細を見る

この本は、生協で企画されていて衝動買い。
内容の方ですが、2~3歳/5歳/小学校低学年/小学校中学年と年齢別に分けて、できそうな折り紙が紹介されています。
ということで、長く利用できそうだったことも購入のポイントでした。

で、買った当初は、2~3歳、というところを見ながら、折っていたのですが、この頃の定番は、「さかな」と「バス」。
特にお気に入りだったのは「バス」なのですが、これ、折り紙を並行に3回折るだけのもの。タイヤやドア・窓は、クレヨンなどで書くのですね。うちの子の場合、それに行き先をきっちり書かないとダメでした。

まあ、実際に、2~3歳の頃はそれでも良かったのですが、4歳になってくると「バス」は結構きつい。
もちっと、折り紙らしい折り紙をしたい。(親の方が)

それで、レパートリーを増やそうと、同書を見ながら、練習。
子どもにリクエストされて、「かぶと」なんかも作ってみましたが。

その後、「かえる」、「紙ヒコーキ」、「しゅりけん」を折ることが増えました。
おかげさまで、この3つは本を見なくても作れるようになりました^^

「しゅりけん」は、保育園でも折り紙しているのをよく見ます。
うちの子は、作って作って、と10個程度作り、すべて大事にコレクションしています。
たまに、ばらばらと一気に投げて、楽しんでいるようです。

「紙ヒコーキ」は、やっぱり実際に飛ばせるのが嬉しいらしい。
よく考えると、これは、私が小さいときに習った作り方と全く同じ。

「かえる」は、お尻をおさえると、ちょこっとジャンプするのよね~。
私が作ったかえるは普通に上にジャンプするだけですが、うちの子が作ったカエルはジャンプするといつもひっくり返ってしまいます。不思議~。

あと、「アイスクリーム」は、簡単なので、子どもも作ってみようという気がするみたい。

基本的には、私が作りますが、たまに、子どもも自分で作ろうとするみたいですね。
やっぱり親が見本を見せることが大事なのね。
失われた子ども時代を取り戻すつもりでがんばってみます^^;

それから、最初に書いたように、自分は巧緻性に関すること、全面的に苦手、という意識があるのですが、これ、親に植え付けられたことかもしれない、という気はします。
もちろん、実際に、子どもの頃、こういったことは苦手だったので、親がそう言ったのでしょうが、幼い時に不器用だったとしても、一生不器用とは限らないですもんね。・・・ていうか、私に関しては、いまだに不器用は不器用なのですけど、それでも、大きくなるにつれてできることは増えているはずなので、気持ちのうえで制約がある、っていうのは、もったいなかった気がします。
・・・ということで、自分は子どもにはそういうレッテルを貼らないように気をつけようと思う次第です。

ちなみに、うちの子の巧緻性。
運筆も興味を示さないし、折り紙も自分からやろうとしないことは、これまでにblogで書いているとおりなのですが、パパが買い集めたシンケンジャーのプラモデルについては、難しめのものも、挑戦しようとしてるみたい。(実際に作ってパパに見せている)
最近は、パジャマのボタンも、自分で留めて見せてくれたしね。・・・とか言って、お箸を使ったりはまだやる気がないのですが。
ということで、すごく不器用、ということではなさそう。
幼子は何事も興味から、という気がします。



***********
以下、関連ツイートです。(webからは削除済み。twilogには残しています)

うちの子がリクエストする折り紙が、並行に折るだけの「バス」ばかりで閉口していたが、昨日から「カエル」になった(^O^)。こちらは、ちゃんとジャンプもできる折り紙。ちなみに、「ピパ、作って~」と言ってくる。
8:37 AM Jan 27th from movatwitter

子どもと折り紙遊びをした。初めて、自分から、自分で、折り紙をしようとしていた。
1:17 PM Jan 4th from movatwitter

子どもと折り紙をして遊びながら、私が本を読んでいて、気がつくと、ダンナが子どもに、シンケンジャーの折神のプラモで遊ぶのに付き合わされていた。冬休み中、ずっと子どもの相手をしていたダンナをいたわるつもりだったのに…。申し訳なく思う。
9:26 AM Jan 4th from movatwitter


【 2010/02/18 (木) 】 教育について話そう | TB(0) | CM(2)
折り紙の歴史
折り紙、本当にずいぶん「推奨された」経緯があるみたいです。
以前、折り紙の歴史を調べる必要があったとき、
ある時期に幼児教育に取り入れられてここまで発展した、
というのを読んで納得、でした。
なんか中途半端な情報でスミマセン。
【 2010/02/23 (火) 】 編集
イノシシさんへ
コメントありがとうございます。
推奨された経緯があったのですか!
今で言う「早寝早起き朝ごはん」運動みたいなものでしょうかね。
勉強になりました^^
いずれにせよ、折り紙が子どもに良い影響を与えるものだろうという気はするので、続けていきたいとは思っていますが。
【 2010/02/23 (火) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。