イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アトピーっ子の母によるレシピ本紹介(その1)

今まで「実録☆アトピー赤ちゃんの母の食生活」と題する記事をシリーズで綴ってきましたが、今度は、私の料理のセンセともいえるレシピ本を紹介したいと思います。

子どもが食物アレルギーと判明して、除去食を指導されたときに最初に思うのは「え?何を作ればいいの?」ということ。その後も「どうすればレパートリーが増えるの?」「どうすればよりおいしくできるの?」等、料理に関する疑問・悩みは、ずっとつきまといます。
私自身、まだまだ研究途上ですが、これまで参考にしてきたレシピ本を紹介することで、これから除去食を始める方や、すでに除去食生活を始めた方の参考になればと思います。

<参考記事>
実録☆アトピー赤ちゃんの母の食生活(その3) 【野菜】・【果物】・【調味料】
実録☆アトピー赤ちゃんの母の食生活(その2) 【肉】・【魚介類】
実録☆アトピー赤ちゃんの母の食生活(その1) 【卵】・【乳製品】・【小麦】・【大豆】・【米】・【油】

卵・牛乳・油を使わないおかず 卵・牛乳・油を使わないおかず
東 佳子、中島 えつ子 他 (2000/09)
ジャパンマシニスト社

この商品の詳細を見る

【さちまねき評価】
全体評価           :★★★★
食アレレシピとしてのお役立ち度:☆☆☆☆☆
料理のセンセとしてのお役立ち度:☆☆
【コメント】
さて、初めて除去食指導をされたときに購入した本がこちらです。
アレルギーの先生の最初の指導が「卵」・「牛乳」を抜くように、ということと、それから、皮膚科の先生の指導が「油」料理をやめるように(揚げ物はやめる。炒め物は控える)、ということだったので。
食アレっ子のお母さん3人の知恵の蓄積を公開したもので、内容も手書きっぽさを残しており、手作り感がたまりません。私も一時この本のまねをして、自分の作れる料理を増やそうと情報カードにレシピを記録した時期があります。
この頃は何より私自身が食アレレシピ初心者だったものですから、最初にまとめられている料理のコツも参考になりました。
入門編として役に立ちました。毎日、電車の中でこの本と首っ引きで、今日は何を作ろうか考えたものです。
でも、最近はほとんど使ってません。卒業したというわけじゃないけど、他の使えるレシピ本に目が移るようになったからかな。

アトピーっ子も安心の離乳食―ママから取り分ける簡単レシピ アトピーっ子も安心の離乳食―ママから取り分ける簡単レシピ
梅崎 和子 (2005/07)
家の光協会

この商品の詳細を見る

【さちまねき評価】
全体評価           :★★★★★
食アレレシピとしてのお役立ち度:☆☆☆☆☆
料理のセンセとしてのお役立ち度:☆☆☆☆☆
【コメント】
また、「卵・牛乳・油を使わないおかず」とほぼ同時に入手したのがこちら。
この本は、梅崎和子先生の重ね煮・陰陽調理法というのがあると聞いて、それを知りたくて入手しました。
鍋に、切っただけの具材を重ねて、蓋をして、火にかけるだけでできあがる簡単さが受けて、載ってるレシピを片っ端からつくってみたものです。
重ね煮料理って重ね方にはルールがありますが、具の組み合わせに制約がないので、幅広く応用が聞くところが魅力。
最近はあんまり参考にすることもなくなりましたが、たまに見ると、また作りたくなっちゃいます。
巻末のアトピーっ子の食べていいもの、食べない方がいいものの紹介も、その頃私が感じてた「食べていいもの」、「食べない方がいいもの」と一致してて、よっしゃあ、と思った覚えがあります。
同時に「旬を丸ごと生かす食卓―体にやさしい重ね煮料理」も買いましたが、こちらはほとんど使いませんでした(最近見直すと大人向けマクロビオティックな感じでええ感じだと思ったのですが、食アレ対策初心者向けではなかったということですね)。


アレルギーっ子の食卓 アレルギーっ子の食卓
佐藤 のり子 (2000/05)
東京新聞出版局

この商品の詳細を見る

【さちまねき評価】
全体評価           :★★★
食アレレシピとしてのお役立ち度:☆☆☆☆
料理のセンセとしてのお役立ち度:☆☆
【コメント】
これは、上2冊に少し遅れて入手した本です。
ご自身も食物アレルギーを持ち、息子さん2人も食物アレルギーを持つ佐藤のり子さんの書かれたレシピ集。
原材料のところに代替材料がいっぱい紹介されているのが特徴。子どもによって食べられるものの異なる、食物アレルギーっ子にとっては親切ですね!
ただ、情報が文字ばかりなのと、料理ごとに改頁されていないため、他のレシピ本に比べると見にくいのが難点。あと、紹介されている料理のいくつかが、自分の口に合わなかったこともあって、あんまり積極的には利用しませんでした。
でも、圧倒的な情報量につき、持っていてもソンはないと思います。時々、思い出したように開くと、何か料理のアイディアをくれる本♪
【 2006/10/02 (月) 】 主婦として&家事のこと | TB(0) | CM(2)
レシピ本
梅崎さんと佐藤さんの本は私も読みました。
図書館で「アレルギー」とか「アトピー」で検索して出てきた本のタイトルから使えそうな本を選んで、片っ端から読む!というようなことを一時期してたので。(^^;
「卵・牛乳・油を使わないおかず」も予約入れて読んでみますね!
【 2006/10/09 (月) 】 編集
片っ端から読む!なんてすごいですね。
興味があっても消化する時間がなかなかないので、うらやましい^^

「卵・牛乳・油を使わないおかず」は同じシリーズで「卵・牛乳・油を使わないおやつ」もでていますよ!
「おかず」はハハの除去食から活用してましたが、「おやつ」はこれからうちの子が食べる用に役立ちそうだと思っています。
【 2006/10/10 (火) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。