イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

怒らないわけじゃないよ

産後の2週間、私の母(子どもたちから見たら「おばあちゃん」)が、身の回りのことを手伝いに来てくれました。

私と母との関係と言うか、私の母への思いというのは、blogやtwitterで、これまでもいろいろ綴ってきましたが。
それについて、少し変化が見られたことは、機会があれば、また綴るとして。

えーっとですね。我々の育児観が少し違うな、というところで。

うちの母、「しつけ派」といいますか。「悪いことはすぐ叱る派」といいますか。
私に比べると、「こらっ」と言いだすまでの時間が、えらく短いのですよ。

そんな母から見ると、私の育児のやり方は、「優しい」「怒らない」というふうに見えるらしい。
つまり、言いたいことは・・・、「甘やかしてる」、と。

そーんなことはないですよ。
確かに、甘えさせてはおりますが、甘やかしているつもりはございません。

・・・ということで、母への反論記事でございます^^;



似たようなことは、過去記事「子どもを叱らないコツ」にも書いているので、繰り返しになっちゃうかも、ですが。

まず、うちの母に比べると、瞬間湯沸かし器的な怒り方はいたしません。
唐突に声を荒げて叱る、というやり方ですね。
理由は、そのやり方では子どもをびっくりさせるだけで、子どもを納得させられないと思うから。
そのやり方で子どもが言うことを聞くようになったとしても、お母さんにびびって言うことを聞いているだけで、ちゃんと理解して言うことを聞くようになったわけじゃないと思うのよね。

子どもがやってほしくないことをやった場合は、「そんなことをしていいと思ってるの?」と、まず聞くようにしています。
あるいは、「どうしてそんなことをしたの?」、「同じことをおともだちにされたら自分はどう思う?」等。
私はこの時点では、怒り口調を使いません。
まずは、自分がやったことの何がまずかったのか、それを理解してもらうように努めます。

それでわかってくれた場合は、それ以上、叱りません。
「次からもうしないでね」、で、おしまいです。

わかってくれない場合は、わかってくれるまで、説明します。(大概はすぐわかってくれますが)
今、大事なのは、善悪の区別というか基準というかを正しく持てることだと思うのです。
それは私だって、大人が見て好ましいと思う行動をとってくれるように、いずれはなってほしいと思いますよ。
でも、それは、今言って、すぐできることではないのかもしれない。
子どもの価値観は刻々と形成されていると思うので、伝えるべきことは伝えますけど、だんだんそのように行動できるようになってくれればそれでいいと思うんです。

ただ、すでに「できるはず」のことを、サボってた場合は、別です。この場合は、怒ります。
でも、すぐには怒りません。
まずは、普通の口調で、「やってください」、「できるでしょ?」と、促すところから始めます。
それでも、やってくれないときは、だんだん脅迫口調^^;にします。
それでもやらないときは、初めて、怒り口調に移行します。

うちの子に関して言えば、私が怒り口調になってきたら、結構言うこと聞いてくれますね。
理由は、①自分でもそれをやらなきゃいけないことはわかっている、②普段それほど怒らない人が怒っているのでこれはヤバいと感じている、の2つかな、と思います。

日常的に怒らないからこそ、「怒る」というカードは有効になるし、普段から受容的に接しているからこそ、最悪の時につきはなせば、かなり効きます。
そういう手段は、本当に必要な時に限って取るだけで、瑣末なことやしようがないことでは使わないようにしてる、というだけです。

人によっては、「優しいよね」と言われると、「甘いお母さんだよね」みたいにバカにされてるのかな、と思うこともあるのですけど、別に、そんなに甘いつもりはないですわよ、という内容でした。
【 2010/11/06 (土) 】 教育について話そう | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。