イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幼児教室、3ヶ月経ちました。

上の子(5歳男児)の話。3記事、連続で行かせていただきます!
(*2011/2/17 記事内容を追加しました。)

最近、blogでは上の子のネタは少ない。が、それは書くことがないからではなく、ネタが多くて、あんまりいろいろあるのでまとめきれず、記事にしてるヒマがない、という状態。twitterでは結構つぶやいているのだが、つぶやきっぱなしな感じだ。

さて、上の子が幼児教室に行き始めて、3ヵ月以上が経ちました。
(行き始めたときの決意は「不安ながらも第一歩」という記事で)

現時点では、行かせてよかったなあ、と思ってます。


1つは、「課題を与えられる」という幼稚園チックな経験ができること。
うちの子の通っているのは保育園で、課題を与えてやらせる機会は少ないので・・・。そうすると、苦手なことは苦手なままだったりするんですよね。
でも、課題を与えられると、一応、やらなきゃいけませんから。
例えば、そのおかげで、塗り絵とか折り紙とか、なぞり書きとか、形を真似して書いてみるとか、最近は自主的にすることもでてきました。
うちの子、そういったことを、4歳10ヶ月の時点でほとんどやろうとしなかったものですから、この3ヶ月の成長ぶりには本当にびっくりしている母だったりします。

2つめは、うちの子が他の子に比べて、どんな特徴を持つ子なのか観察できること。
この幼児教室は、授業を保護者が見学できるので。それは、授業で教え方を知って、家庭学習にも役立ててもらいたい、って趣旨だと思うのですけど、副次的に、集団の中でのうちの子ってどんな感じの子なのか、とか、よその子はどんな印象なのか、とか、そういうことも観察できるんですよね~。(やっぱ、どの子もかわいいですよ。5歳児。ちなみに、保育園のおともだちに比べると、全体に育ちがよさそうというか、かわいらしい子が多いです。)
子どもが年中の今の時期、小学校に入って、うちの子は授業を聞けるのだろうか、と親御さんが心配になるものだと思いますが、幼児教室で様子を見てれば、きっと小学校でもこんな感じだろうな、と推測がつきます。
・・・それで、うちの子の落ち着きのなさに、発達障害疑惑がでてきたりしたんですけどね(汗)(→関連記事)。たぶん、幼児教室に行っていなければ、うちの子のこの落ち着きのなさに気づかないまま進学してたと思う。

で、わかってきたこと。
うちの子は、知的好奇心が強いタイプの子なんだなあ、ということ。
いわゆる"ペーパー"に強い子のようです。

(うちの子の具体的な様子は、次の記事で。
 閲覧者限定の記事にいたします。
 
 FCブログのブロガーさんは、ブロともになっていただくと閲覧できます。
 mixiのマイミクさんには、パスワードを公開します。
 twitterの相互フォロワーさんは、DMでパスワードをお問い合わせくださいませ。

 私の閲覧者限定記事は、インターネットで育児情報発信されてる方限定で見てほしいなあ、って考えてる記事です。)

************************

すみません、記事公開した後で、もっと書きたかったことを思い出したので、以下、追加します。(2011/2/17追加)

行かせてよかったと思うこと、3つめ。
改めて入学準備のことを気にしなくていいこと。

こないだ保育園の懇談会に参加して気づいたのですが、年中さんの終わりである今の時期、親御さんたちは、「あと1年で小学生。うちの子は小学生になってちゃんとやっていけるか。小学生までに何をできるようにしておいたらいいか」に高い関心を持つようになるようです。
で、改めて考えてみると、幼児教室で教えていただいてることって、まさにそれ、なんですよね。
で、翻って考えてみると、小学校受験で、学校が問うてくることって、まさにそれ、っていうことなんですよね。受験内容って、ペーパーや体操のように、能力そのものを問うものばかりでなく、巧緻性や行動観察、面接のように、小学生になったら当然にできているべきことや、社会性の発達っていうところまで問うて来る(但し、試験内容は、学校ごとに違います)。
お受験っていうと特別な準備が必要な世界のように思われがちですけど、学校側にしてみたら、特別に準備した子が欲しいわけは全くなく、あたりまえのことが普通にできる子(学校によっては、特別な訓練をしなくてもポテンシャルの高い子)が欲しいってことなんだと思います。

なので、別に私立小学校に行かせたいという希望が強くなくても、幼児教室に通わせて見るのも、いい入学準備になると思います(小学校受験を全く考えてない人には、さすがにお勧めしませんが)。
いろいろ習い事がある中で、知育・運動・巧緻性・社会性といったものを総合的に強化してくれるものは他にないって気がしますしね。
親としても、自分の育児を見直すいい機会になりますよ。

【 2011/02/15 (火) 】 小学校入学準備 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

幼児教室でのうちの子
さて、幼児教室での、うちの子の具体的な様子ですが。 ・わりと楽しそう、にこにこしてる。 ・ペーパーは早く終わらせて、机の上に寝そべったりする ・ペーパーを早く終わらせても、「先生、できましたー...
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。