イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

私がwebで匿名で生きている理由

私がwebで匿名で活動しているのには、理由がある。
っていうか、古傷がある。

他の方の意見も聞けたら聞いてみたいので、ここに記事にしてみるけど。
あまり愉快な記事ではないので、興味なかったらスルーしてね。長文だし。

最近、facebookがよく話題になってる。
twitterも結局のってしまった私としては、話題になるものはやっぱり気になる体質らしい。


あんまり世の中がfacebook、フェイスブックとうるさいので、でたらめなアカウントで登録して、覗いてみた。

で、結論。私はやっぱ、ダメ。

理由1、知り合いに学歴とか教えたいと思わない(その辺、ミステリアスでいたい^^;)。
理由2、あまり趣味のない人間なので、面白くない人なのがリアルにバレちゃう。
理由3、昔の知り合いは昔のままでいい(古傷と一緒にほじくりかえしたくない)。

今の私は、家族のことくらいしか話題がないのよね。
まあ、実際に生活してる分にはそれで困らないんだけど。webの世界では匿名のつながりで十分だわ。

フリーランスや営業系の仕事をしてる人にはfacebookいいかもね。

あと、性格にもよるんだろうな。
私みたいな他人からの攻撃に弱い人、自分に自信を持てない人はやるべきでなさそうな。
なんていうか、他人に対して常にアピールできる体質の人にはfacebook合ってるよね。自分に対していつも都合のいい言い訳をできる人とかさ。


・・・などと、twitterでつぶやいてみた私ですが(@scmnk_clip)。

まずは、私の性格なんでしょうね。1にも、2にも。
マイペースというか、他人に対してアピールしたいって欲が薄いというか。
他人とつながっていたいという欲も、かなり薄い方だと思う(今の現実の生活におおむね満足してるってこともある)。

(ヨコだけど、そういや、なんで、ご近所づきあいなんかはしたくない人たちが、ネットでは濃く交わりたがるのか、不思議だったりする。
結局は、ネットでも自分のことを濃く知ってもらう人に出会うなんて、不可能なのにね。
そりゃ、興味の一部がすごく重なりあって、盛り上がるってことは往々にあるし、そういうことはご近所づきあいじゃなかなかないことだろうけどさ。
そういう瞬間を時々経験することで寂しさを紛らせてる部分ってのがあるのかもね。
ま、そう考えれば、私自身も、そういう部分、あるしね。
でも、そういう盛り上がった瞬間を経験した後って、誰からもとりあってもらえないことが続くと、それがまた寂しかったりするんだよね。
そういうことが絡み合って、ネットつながりの魔力ってヤツに引きずり込まれちゃうものなのかしら)


で、私の場合は、最初に書いた古傷ってものがあったりする。


[古傷その1]

実は私、まだblogが流行る前、自分のホームページってものを作ってた時代があるのですよ。
趣味のことを書いたホームページなんですけど。

で、ある日、私の携帯電話に電話がかかってきまして。
男性の声で「XXXXさん?(私の当時のハンドルネーム)」と。

はっきり言います。すっっっっごく、こわかった。
それは誰だったかというと、同僚でした。一緒に研修を受けただけで、一緒に仕事をしたことはなかった人ですけど。まあ、よくコンタクトとってくださる人なんで、正体がわかってみれば、なあんだ、という感じの人ですけど。
偶然にもホームページを見つけてくれたとか。
で、どこにも本名を載せてなかったのですけど、写真を見て、私だとわかったのだとか。
なんで?いや、確かに、私自身を撮った写真、載せてました。顔の一部は隠してたんだけどね。

でも、怖いですよ。
当時の私、一応匿名でやってたし、webの世界は広いと思ってたから、知り合いに見つかるはずはないと思ってたんだけど、あっさり見つかっちゃったから。
「あの写真、良く撮れすぎ。違うから」って言われたのは、大きなお世話じゃ、と思ったけど。

で、自分の考えていることが、知らない人に思いっきりばれてるってのは、恥ずかしいことだと思ったんですね。
いや、彼、どうせ顔写真見ただけで、内容なんて大して読んじゃいなかったんだろうな、と今にして思うんですけど。
私、その辺、堂々としていないっていうか、自分で好きなこと書いてて、それでいて、そんな自分のことを恥ずかしいっていうか、あまり自信がないってところがあるのですわ。


[古傷その2]

その後、私は別のHPを立ち上げました。
それも、趣味のHPなんですけど(古傷その1とは別の趣味です)、そのHPのことは、リアルの趣味仲間に教えていました。
写真や日記を載せていたんですけど。

で、やっぱり、趣味仲間の方、いろいろ絡んでくださったんですけど。

なんか違う、と思ったのは、リアルで親しい人が私のHPを見てくれてるわけじゃないってことです。
こちらがそれほど親しいと思ってない人が、結構熱心に見てくださって、私が日記で書いたこととかを話題にしてくださると、それはそれで嬉しいんですけど、その頻度があんまり多いと、逆に気持ち悪い、と思ったりしちゃうんですよねー。
友人との距離感というのは、リアルでの距離感の方が正常な距離感だと思ってるし、多少はネットで補われるのもありだと思うんですけど、それがリアルの距離感を凌駕するようだと無気味に感じちゃうっていうことだと思うんです。

それからもうひとつは、こっちがHPに書いておいて、すっかり忘れてしまったことを、話題にされることが時々あったこと。
「こういうふうに書いてたよね」とか言われたことが、結構本質に迫るような話だったりすると、自分のことを自分以上に知ってる人が現れたみたいな気がして、怖くて。
私、リアルではそんなに誰とでも仲良くできるわけでもないし、本音の話も相手を選んでしてるつもりだったんだけど、ネット上に書いたことは自分の本音なわけで、それが誰でも読める状態って怖い、と思ったんです。
私の中ではこの人ならここまで話してもいい、っていうラインって、友人一人一人に対して持ってるわけだけど、HPで何かを書いてると、それが自分で管理できなくなっちゃうって思いました。

いいこともあったんですけどね。
そのHPにリンクを貼ってくださった趣味仲間の方が、私を紹介してくださったときの紹介文が結構素敵だったり。
(話題ちょっとそれますが、blogやtwitterをしてても、こちらが思っている以上に素敵なコメントをくださって、嬉しいやら赤面しちゃうやら、ってことがありますよね^^; 見守ってくださる方がいるっていうのはありがたいものです)


[古傷その3]

さらに、別の話で。
私、趣味の話を語り合うMLに入ってたことがあるんですよ。
それなりに盛り上がったMLでして。
それで、オフ会をすることになったんです。

で、会ってみましたところ、なんていうか、リアルで顔を見たときの印象と、MLでのメールの印象、まあ、合う人もいれば、合わない人もいたんですけど。
その後、MLでメールをいただいた時に、実際に会った時の印象がかぶるようになったんですね(あたりまえですが)。
実際にお会いすると、その人のいろんな情報が入ってくるわけじゃないですか。顔・体型・声・しゃべり方・年齢・服のセンス等々。それまでは、そんな特性は気にならず、純粋に文面だけ見たその人の印象だったのが、そういう余計な情報までついて回ったものだから、なんていうか面倒で。
確か、その後もそのMLのオフ会があったんですけど、2回目以降に行った時は、なんとなく人間関係ができてたりして、ま、グループってほどじゃないにしても、人気のある人はこの人、みたいな、まあ、そうなってくると、普通のリアルな人の集まりと同じなんで、言ってみれば、MLをきっかけに友達を増やしました、みたいな?
私は、MLで共通の趣味の話をしてればよかったんで、別にコンパに参加して知り合い増やしたかったわけじゃなかったんで、そういう展開はしんどかったです。

あと、そのオフ会で知り合った女性、私より年下できれいな子だったのですが、たまたまご近所さんだったことがわかりまして。
後日、たまたま出会ったことがあるんですけど・・・。
話題が思い浮かばない!
MLではなかなか絡まなかった女性だから、しようがないんですけど。
私の中では「きれいな子」という印象だけしかなくてで、実は、MLで投稿してるのを見ても、あまり興味が持てなかったものですから。

ということで。
私、オフ会に興味ないんです。
いや、そのオフ会は、男女混合(独身多数含む)だったので、そんなだったので、例えばママ仲間のオフ会はそんなことはないのかもしれないですけど。
ただ、やっぱり、blog等のイメージが素敵だなと思う人ほど、会うのが怖い、ってのはあります。会うことによってイメージって変わりますから。その人がwebで発信しているイメージを(私が勝手に)大事にしたいっていうか。

とはいえ、好意的なコメントをくださる方なんかには、一度お会いしてみたいって気持ちになることもありますけどね。
(↑どっちやねん!)


私の古傷の紹介(?)は以上なんですけど。

まあ、いずれの話も若い時の話、10年以上前の話なので。
なんというか、絡んでくる人がヒマだったのかもしれません(今は、子育て世代真っ盛りの方が中心に絡んでくださってるのでしょうから、私が自意識過剰なほど、興味を持っていただいてもいないような気もします)。
それから、今に比べれば、インターネット人口も少なかったでしょうから、知り合いに見つかってしまう可能性も高かったのかもしれません(今は、ブロガーさんもごろごろいますから、よほどの偶然でなければ見つからないかもしれません)。

ま、そういう古傷があるんで、私、web上で、自分のリアルなところを晒そうっていう気になれないんですよ。

自分の気持ちをまとめると。
・ネットの知り合いとリアルの知り合いの距離感は違う。リアルでの距離が遠い人に、リアルで近い人以上の自分の情報を知らせたいと思わない。
・ネットで知り合った人とは、ネットで完結する関係でいい。
・私がネットで綴っているのは、私自身の心の中のこと。同じ興味の人、考えに同調する人が、アクセスしてくださるのは嬉しいけど、例えば、私の見た目とか特性(職業とか住所とか)とかそういうことにだけ興味を持つ人にはアクセスされたいわけではない(営業系のアクセスとかね)。
・そもそも知り合いを増やしたいと思わない。知り合いが増えれば、それだけ気にかかる人、つまりチェックすべき人が増えるということだと思う。私はそこまで他人に興味が持てる人ではないので、管理しきれない。
そんな感じでしょうか。

facebookで、過去とつながれておもしろいよ、という感想を、複数目撃して、そういうもんかな、とも思うのですけど、ヘンな感じだろうと思いますよ。つまり、リアルでの距離が遠い人の今の写真とか趣味とか興味とかを見るのって。
私にとっては、過去は過去ですね。過去の知り合いで、こちらから、つながりたいという人もいなくはないけど、たぶん、そういう人とつながることのできるツールではないだろうと予想します。たぶん、過去の知り合いだけど、どうでもよかった人とか、下手すると、見つかりたくない人に見つかっちゃうこともあるだろうし。っていうか、過去の自分を知ってる人とつながるのって恥ずかしくないのかな、とか。
逆に、過去の特性だけでつながっても、例えば出身校が同じとかね、それってそれだけのつながりですよね。そんな知り合いを増やしても、管理が大変なだけじゃないかっていう。

結局のところ、facebookで過去とつながらなくても、過去とつながりたければ、単に同窓会を企画すればいいんじゃないかと思うんです。
過去つながったことのある人と、(facebookを使ってない状態で)現在つながっていない、っていうことは、そもそもそれだけの縁だったってことじゃないかと思うんです。

facebookって、例えば趣味とか愛読書とか好きな映画とかいろいろ掲載できますけど、そういうところで書く趣味って、結局、他人にアピールするってことでしょ。
自分がどう見られるかってことを考えながら、そういったことを記載していくってことですよね。
そうじゃなければ、自分によっぽど自信があるか?
自分にあまり自信が持てず、かと言って、他人にアピールするには何を持っていればいいかというような客観視できるバランス感覚もない私としては、とても、知らない人に対して、そんなことを書いてみる気にはなりません。
趣味、変わるしね。10代に好きだったものはこっぱずかしいし、20代に好きだったものは時代遅れ感あるし(結構今も好きだったりするけど)、30代になると生活が忙しくて趣味に費やす時間がなくなるしね(何が流行ってるかの情報収集すらできやしない)。今は、そういう変わりうるものを「自分」として表現したくない気分なんです。

なーんか、ここまでいろいろ書くと、よっぽど気にしてるみたいね、私。
実はそのとおりだったりして(笑)。
私がおばあちゃんになって、新しい人と知り合う機会がなくなってきたりしたら、始めてみようかしら、なーんて^^;。
No title
私は実際そういうことはほとんどなくて、逆にリアルで知っている人はほとんどネットなんかやってない状態が長かったです。
ただし、さちまねきさんみたいな話は聞いた事がありますよ。

そういえば私、結構ネット歴長くって、個人サイト作ってました。(今は必要ないので作ってません。そのときの知識が教室サイトに生きている)そこで書いたこととか、ブログでの記事、私は一応自分の中で完結したことの続きを促されてしまったり、ちょっと重いな、みたいなことはやっぱ、あったわけです。
(ホンネをいうと、それはすごーくいやでした)

まぁ私の場合、サイトは仕事用ですし、本名出しているのも仕事ガラミですので、ふつ~にネットを楽しんでいる方とはまた違う部分があるのですが。というか、出さなきゃ仕事こないじゃんというのが現実ですからね~。

40過ぎると変わるよ~なんちゃって。
さちまねきさんが感じてることって、5~6年前の私と近いもの。今は過渡期だから、それでいいと思うし。楽しみ方は人それぞれだもん。
私はネットで出会った方とリアルでもいい付き合いを出来ているのですが、勿論嫌な経験もしていますので、こういうことも言えるのかも。
(あ、リンク先はうちの教室のほうのブログです。たまたまFC2で作っちゃったもんで)
【 2011/03/04 (金) 】 編集
ことなりままっちさんへ
コメントありがとうございます。

>私は実際そういうことはほとんどなくて、逆にリアルで知っている人はほとんどネットなんかやってない状態が長かったです。
わかる気がします~。
やっぱりネットをしてる人って、私より上の世代では、IT系のお仕事経験があったり、新しもの好きだったりの人が多いような(特に10年前くらいは)。
だから、ままっちさんのように、ピアノの先生で個人サイト作れるって方は、珍しく感じてしまいます^^;

あと、フリーランスの方や自営業の方が、本名を出すっていうのは、わかります。
自分はサラリーマンなんで、本名を出したり、不特定多数が見る場で自己アピールする必要も、そもそもないんでしょうね。
でも、最近、twitterでも書籍でも、Facebookを勧める声が多いので、「えー、なにゆえ?本気で?」って思っちゃって。
最近は、0歳児ママを多くフォローしているのですが、一部でオフ会とかしてらっしゃるようで(いわゆるツイママオフ)、「へー、そういうのも面白そう、でも怖くないのかな」みたいに思っちゃうんですね。上で書いたような古傷ゆえ。
だから、今の、顔出しOK、本名OKみたいな、ネットの流れに、ちょっとした理解できなさがあります。

40過ぎると変わる、っていうのも、薄々気づいているかも(笑)。
さあ、どう変わるんでしょう。楽しみにしてますね~♪
【 2011/03/05 (土) 】 編集
わかります!
私もまったく同じことを思っていました!
古くからの親友にはブログのアドレスを教えていますが、彼女達はブログはあまり読ないので、メールで直接やりとりすることの方が多いです。
会社の人や保育園のママ友(と言えるのかな?あまり深い付き合いもしていないので)には、古傷もあり(苦笑)教えていません。

facebookもアカウント作成してしまいましたが、繋がっているのは夫だけですし。友達を探すのも、芋づる式に知りたくないことまで何かでてくるのではないかと臆病になってしまい、そのまま放置しています。

私は、色々あるけれど、今は十分幸せだし、なにせ日々いっぱいいっぱいなので、余計なことをして今の生活を他人に壊されたくない、という感じでしょうか。独身時代は個人が特定されてしまっても良いような内容をブログに書けていましたが、家庭という守るべきものができてからは、だいぶ保守的になりました。子供達が自立してきたら、また「個人が特定されても構わない」という気持ちになるかもしれませんね。
【 2011/03/08 (火) 】 編集
MEさんへ
コメントありがとうございます。
同意してくださって嬉しいです。
古傷・・・ある人はありますよね。まあ、古傷があってこそ、成長した自分がいるともいえるわけですし^^;

>今は十分幸せだし、なにせ日々いっぱいいっぱい
この言葉が一言で代弁してくださってる気がします。
今はどちらかというと誰かとつながるためにwebを利用しているというより、自分自身を確かめる作業としてwebに足跡を残しているような感じですね。

言われてみれば、独身か既婚かってことで、スタンスも変わるかもしれませんね。
私は、インターネット始めた頃はもう既婚だったのですけど、子どものいなかった20代の頃は気分は独身に近かったかも^^;
【 2011/03/09 (水) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。