イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

WMが働く本当の理由

ツイッターで、「#WMが働く本当の理由」ハッシュタグが盛り上がっていまして。
共感できることがいっぱいだったので、公式RTしたりもしてみたのですが。
ただ、そういうのを「うんうん」とうなづくだけでは終われない自分がいたので。
自分の「働く本当の理由」を考えてみました~。

いろいろでてきたんだけど、<自分の生き方として><今さらやめられない事情><子どものため、という観点では>の3つにまとめてみました。


<自分の生き方として>

・もともと働ける人は働くもんだと思ってた
・ダンナとは対等な関係でいたい(養ってやってるとか言われたら、きっとキレる)
 →自分が生活費を稼ぐから、嫁には遊ぶお金を稼いでほしいという人とパートナーに
  →結婚当初から今まで、我が家では「夫婦で働くこと」が当たり前になっている
    (ちなみに、ダンナは家事もそこそこしてくれますよ)
  ・・・離婚とかは考えたことないですねえ。相性が良かったんでしょうかね。

・夫婦二人とも、外で働いて、家の仕事をして、だと、相手を思いやりやすいように思います。
 完全分業だと、相手の身になって考える、ということはやりにくいんじゃないかと。

・私のように家事能力が低い人間は、外で働いた方が、世の中の経済性を高めると思う

・社会とつながっていたい、という気持ちはやっぱりあります
 →専業主婦でも社会活動はできますけどね。
  でも、いただけるならお金もいただきたいし、対価があるから評価も気になるし、そんな中で自分を磨く必要も出るし、わかりやすい成長機会もあるので。


<今さらやめられない事情>

・経済的な余裕はないよりあった方がいい
 →固定費を作ったので、今さら収入を減らせない(住宅ローン、教育費)
  →しかも、私が大黒柱になる可能性もでてきたとゆう・・・

・かつて無職の時代があって、恐ろしく非生産的な毎日を過ごしてたことがあったのだが、
 あの虚しい時代に戻りたくない、という恐怖心
 →でも、昨年1年間休職してみて、家事というのもバカにできない仕事だと実感(特に育児中の家事)
  →今は、きちんと主婦業をこなす専業主婦を尊敬しつつも、他事情により仕事を辞められない

・仕事より育児の方が大変(←第一子の時に思ってた)
 →今は部署異動で不慣れな仕事&ラクな第二子のため、仕事の方が大変になってきた・・・が、他事情により仕事を辞められない

・正社員なので、ここでふんばっておかないともったいない、という気持ちもあります



<子どものため、という観点では>

・息子には、「男も家事をするのがあたりまえ」な感覚になってほしい
 「かあちゃん=家事をする人」という感覚になられちゃ困る

・社会とつながりを持ちつつ育児をする方が、社会でどう活躍してほしいかまで見据えて、子どもを育てられると思う

・朝学校に行くとき、布団の中から「いってらっしゃい」を言う母を見て、
 「自分はああはなりたくない、毎日しゃきっと働いたりしたい」と思ってた小学生時代(←原点)




うーん。もともとは、第一子復帰後の頃は、環境に恵まれて、仕事の方が自己実現できるという感じだったのですが、第二子復帰後の今は、環境が大きく変わって、今さら辞められない、って感じですかね。
今は仕事がしんどいし、辞めれるなら辞めても、なんて頭をよぎることもありますが、でも、こういうときこそが成長の機会だと一応知っているし、ここまで続けてきたのに今辞める選択するのは馬鹿らしいという気もあります。

まあ、働く理由は、人それぞれ。
できることを頑張ります。これからも。
働く理由
ある意味、さちまねきさんと近い部分が私にもあります。

>・もともと働ける人は働くもんだと思ってた
これはすごくわかる。
親に働けと言われていたし(笑)

>・経済的な余裕はないよりあった方がいい
ですね。これ今身につまされてます。
中学以降の教育費の高騰は半端ないです。まじで。
うちなんて結局高校は私立に入っちゃったので私が専業主婦では正直キツかっただろうな、とも思う。
愛知県は私学助成が割と手厚い方なので、なんとか通わせられています(偏差値とは別の部分で環境的にいい学校、進学指導に熱心な学校も多い)が、それも2馬力だからだし。

働くのが当たり前(病気や介護など、できない人はともかく)だと思っていたのですが、世の中には働きたくないという人もいるんですね。
私なんてぱっと見、専門を活かして、マイペースで仕事できてるように見えるけど内情は大変ですよ。もともとやりたい!!っと思って始めた仕事ではなかったので。とはいえ、25年もやってくると、もうこれは私の天職としか言えないなと思います。自営だからこそユルくしないようにと思う部分も大きいですしね。

子どものため、というと、うちは2人とも娘なので、「どんな形でもいいので仕事は続けるべし」というのを、身をもって伝えるというところでしょうか。

ペースダウンしなければならなかった時期もあるし、今本業がありがたいことに徐々に忙しくなってきてるし、迫り来る老いと戦いながら今できることの最大限をやっていこうと考えています。
【 2012/08/01 (水) 】 編集
ことなりままっちさんへ
コメントありがとうございます。
共感していただけて、嬉しいです^^

教育費負担のことは、二子の母になって、今から気になっているところです。
うちも、小学校私立に入れちゃって、学校には満足していますが、こっちのふところ事情は今後持つのかな、って不安はあります。
何があるかわからない世の中ですしね。

娘に仕事のことをどう考えてもらうか、っていうのは、うちは今のところ、ノーアイディアだったかも。

「今できることの最大限」という言葉には、共感します。
時間も能力も限られてる、大したことはできないんだけど、でも、その中でベストを尽くしていきたい、という気持ちです。
【 2012/08/03 (金) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。