イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

育児をしながら仕事をすると、こんなにいいこと♪

先日の「選択の日」という記事を書いたとき、コメントをくださったみなさん、本当にありがとうございました(m(__)m)。
自分自身がどうしたいかを考えるいいきっかけになりました。

まあ、一方で、子どもを長時間預けるのはどうかという悩みがありつつも、一方では、ワーキングマザーっていう選択肢も悪くないぞ!っていう思いもあるんですよね。
・・・みなさんのコメントを読んでるうちに、むくむくとそんな気持ちが沸き起こってきました。
で。今日は、ワーキングマザーのメリットについて、書いてみようと思います。

「お母さんが働いてちゃ、赤ちゃん(子ども)がかわいそう」なーんて発言、しばしば聞かれますが、内心ワタシが思ってる「そんなこともないよん」というおはなし。


★赤ちゃんと離れる時間を持つことで、お母さんの気持ちに余裕ができる
 赤ちゃんはかわいいけれども、おっぱいだの抱っこだの欲求を言い続ける存在でもありますので、状況によってはとてもかわいく思えないときってありますよね。 そのうえ、そんな赤ちゃんとしじゅうべったりとなると、相当ストレスがたまると思う。
 でも、赤ちゃんを預けて、仕事をしながら育児、だと、そんな赤ちゃんと離れる時間を持つことができ、気持ちに余裕ができます。それに、ちょっと負い目も手伝って、いっしょにいる時間は目いっぱい遊んであげよう、なんて思えちゃう。
 案外、これが1番のメリットなのではないでしょうか。

★お母さん、赤ちゃんとも規則正しい生活ができる
 これは毎日同じリズムで生活することを余儀なくされるからで、「忙しい、時間が取れない、かまってあげられない」と表裏一体だったりします。だから、メリットともいえるし、デメリットともいえると思うのですが。
 ただ、思うのは、なまじ時間に余裕があると、赤ちゃんの欲求をつい受け止めて、抱っこしてあげたりしちゃうんですよねー。それは、赤ちゃんの情緒を安定させてあげるために、とってもいいことだとは思うのだけど、反面、あんまり赤ちゃんの欲求を聞きすぎちゃうのは、規則正しい生活習慣の点からよくないと思ってます。(実際、気がつくと、時間が過ぎてて、後悔しちゃったりするし)
 働いてて忙しく、かまってあげる時間が少ないのは、本当に申し訳ないと思うのですが、毎日規則的な生活ができるのはありがたいと思っています。

★赤ちゃんにもうひとつの生活の場を作ってあげられる(早くからいろんな人と触れ合える。)
 私がよく不思議に思うのは、「四六時中お母さんが子どもを育てるという状況が、果たして子どもにとって本当にいいことなんだろうか?」ということ。
 っていうか、私は、自分が常時赤ちゃんの相手をするよりは、いろんな人が赤ちゃんの相手をする方が、赤ちゃんにとってよいと思うんだよねー。(情けない話ですが、自分が赤ちゃんのお世話係に向いているとは思えないところもあって^^;)
 保育所という環境は、月齢の近い赤ちゃんもいるし、子どものお兄ちゃん・お姉ちゃんもいるし。うちの子は兄弟がいないから、そういうところの方が適度な刺激があって楽しいし、いろいろ経験できると思うんです。もちろん、楽しいばかりじゃないでしょうけど、昔の大家族だったら当たり前に経験できたような、成長に必要なステップを自然に経験できると思う。それに、保育のベテラン、保育士さんが見守ってくれてるから、安心ですよね。
 いろんな子どもがいる環境っていいですよー♪保育所生活を始めて、うちの子もかわいいけど、よその子だってかわいくておもしろいってことがわかるようになりました。

★保育士さんや他のお母さん等、育児の同志と会話ができる
 これも、ストレス発散には効果的^^
 いろいろ大変なことがあっても、自分だけじゃない、って思えるのもいいですよね。


ほーら、こんなにメリット(笑)。


注意:
だからと言って、どんなお母さんも働くべきよ、と言ってるわけじゃないですよ。
こんなことを書いていても、ちゃんとお母さんをやってる素敵な専業主婦を見ると、まぶしく、うらやましく見えてしまうワタシです。


時短勤務の件、後日談です。
2週間定時退社でやってみて、やってやれないことはないと思ったのですが、結構パッツンパッツンだったんですよねー。
結局10:00~17:00勤務に落ち着きそうです。
【 2006/10/23 (月) 】 両立生活supporter | TB(0) | CM(6)
うーん、納得ですね。
私も預けるまでは
「こんなに小さいのに保育園に預けるなんてっ」
て思ってました。
子供預けてまで働かなくっちゃいけないのって自問自答したこと、何度もあります。

私は1年の誕生日まで育児休暇でしたが、仕事復帰した後
スカーっと「解放感」みたいなものがありました。
知らぬ間に育児ストレスたまってたんですねぇ・・・

保育園でたくさんのお友達がいて
いろんな先生方に見ていただいて・・・
朝別れるとき泣かれるのが辛いですが
いいこともたくさんありますよね。

10:00~17:00良いですね。
私は9:00~16:00(時々残業)でやってます。
3歳までこれでいこうかなって思う今日この頃です。
【 2006/10/28 (土) 】 編集
まったく一緒!
私も入園前にまったく同じことを考えましたよ。やっぱり目上の方とかに、「かわいそう」的なことも言われたことあります。子どもと離れるさびしさもあって、「あれ?かわいそう?」と悩んだ日もありました。けど、親の私がかわいそうと思っているのに、子どもを預けるなんてしたくなかったので、すっごく悩みに悩みました。そのときにおんなじようなことを思いましたよ。で、結局、かわいそうじゃないと結論がでたので今に至ります。

10時から17時、同じです!私もそのつどよい方法を考えていこうと思っていますよ。
【 2006/10/29 (日) 】 編集
ななさんへ
1歳の誕生日めいっぱいまで育児休暇をとるママは多いそうですね。
私は、4月付けでないと預け先の確保が難しいという事情もあったのですが、さっさと5ヶ月で復帰してしまったので、周囲に「もったいない」「まだ小さいのに!?」等等、言われてました。
赤ちゃんの成長を丸ごと見れないのは残念かも、と時々思いますが、でも、一日中お世話してると、疲労困憊して赤ちゃんを可愛く思えなくなってたんじゃないかとも思います。

保育所生活はなかなか良いですよね。
朝泣かれちゃうのも、日々のドラマっぽくて良いですよね。
・・・っていうか、うちの子、いまだにほとんど泣かなくて、毎朝の別れのドラマ、盛り上がりに欠けるんです(笑)。

時短勤務は、なるべく子どもに都合の良い時間帯で続けていきたいですね。
【 2006/10/30 (月) 】 編集
わおさんへ
直接「かわいそう」と言われたことはないのですが(ワーキングマザーになるつもり満々だったので、「かわいそう」とは言わせない雰囲気だったのかも^^;)、でも、暗に言われますよね。。。
私は、「(そんな私ってば)ひどい親なのかも」、と悩むことは時々ありました。
でも、やっぱり預けて働いてるからってかわいそうだとは、どうしても思えないんですよね。逆に、いろいろな人に育ててもらえて、うらやましいくらい。

時短勤務に関しては、わおさんの柔軟な考え方、とっても参考になりました^^ありがとうございました。
【 2006/10/30 (月) 】 編集
なんだかうれしい。
参考になっただなんて言ってもらえて、うれしいです。私は先日面談があったんだけどね。ボーナスの査定の時期にあるの。「当分時短勤務は続けます!」と張り切って宣言してきました。その考えもまた変わるかもしれないけど・・・^^;
今はスケジュールどおり仕事をこなすだけで精一杯で、大きな目標を持って仕事をするってところにかけてるなぁ~って面談ではふと思っちゃいました。
【 2006/11/02 (木) 】 編集
わおさんへ
面談の季節になったんですね。

スケジュールどおり仕事をこなすっていうのも大切ですよね。
私の方は時間制限のない仕事ばかりまわってくるので、それだけでもエライと思っちゃいます。

大きな目標・・・。いつか育児にひと段落ついたら、大いなる野望を持って働きたいのですが(笑)、しばらくはそんなこと考えられないですね~。

【 2006/11/03 (金) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。