イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お兄ちゃんのときに買ったおもちゃ

上の子のときには、それなりに「いいおもちゃ」を買ってあげてたなあ、と思います。
この子の才能をどう見出して、伸ばしていけばいいのか。
育児系・教育系の情報収集も自分なりに頑張りました。
で、ネットの評判を見て、これはいいらしい、というおもちゃを買ってみたけど、子どもの反応はイマイチ…。
そんなものも多かったなあ、と思います。
費用対効果で考えると、そんなにコスパがよいと思うものは少なかったかも…。

そんなだから、私は、教育投資に即効性をあまり求めてないんですよね~。
とにかく子どものいる環境を教育に向いた環境に整えてあげることが大事だと思っていて、いつか芽吹くときが来ればいいなあ、来てほしいなあ、本当に来るのかなあ…、くらいの。

そして、上の子が5歳にのときにやってきた下の子。
この子に対しても、もちろん、この子のためだけに本を買ってあげたり、教材を買ってきてあげたりもしますけど、上の子のときに比べると、パワーダウンしてるなあ、と思います。





まあ、大きな理由としては、上の子のときの資産があるので、ある程度はすでに揃ってる、ということもあります。

もうひとつの理由ですが、キャラクターの違い、ということも。
下の子(娘)は、「反応がいい」んですよ。比べてみると、上の子(息子)は「受け身キャラ」かも、と思います。(ちなみに、上の子も自分の興味のある特定の分野に対しては、好奇心旺盛なんですよ。ただ、生活全般、という意味では、あまり興味を強く示すことがなかったかなあ。)
お兄ちゃんがいるせいか、「自分でやる!」とかいう気持ちが強い。(お兄ちゃんができることくらいはできる!という気持ちがあるのかも…)
そして、私が上の子に対する心配が強いこともあって、ついついそちらに時間を割いちゃうせいか、多少ほったらかしにされても自分で楽しむことを見つけることのできる「たくましさ」。

そんな下の子のキャラも手伝ってか、私が上の子のために買ったおもちゃ。
今ではインテリア?って感じのものも多いんですけど、それを目ざとく見つけて、遊びたがるのが下の子。
例えば、最近は数種類ある「おはじき」を見つけられてしまいました。チェーンリングや、花はじき、ガラス製のもの。
遊び方も何も教えていませんが、出して~、とお願いしてくるので、出してあげています。
こういうの、お兄ちゃんのときは買ってあげただけだったなあ…、と。

他には、上の子のときに、どなたかにいただいたカラーペンのセット。こんなのもらっても使わないのに…、とおもちゃ箱に入れっぱなしになってたのですが。
それも下の子が見つけて、お絵かきに使用。
よっぽど気に入ったのか、紙を見ると何か描きたがり、ホットカーペットにまで何か描こうとしているので止めたら「だって、かみがなかったんだもん・・・」と言い訳する始末。さらに最近では新聞紙にならお絵かきをしても怒られないことに気づいたらしく、リビングに散らばった新聞紙に何やらカラフルな落書きが施されているし…。
おかげで、3歳児のわりには、何を描いているかわかる絵を描いてると思います。
上の子のときは、年長さんの頃、本当、絵が描けなくて、教えるのが大変だったんですけど…。
下の子を見てると、上の子のとき幼児教室の先生に「どうすれば描けるようになるんでしょう…」と深刻な顔で相談しに行った、あれは何だったんだ、と脱力しそうになります。

それで思うのは、教育投資って、家庭に対してしてるものなのかもなあ、ということ。
上の子には多く、下の子には少なく、配分しちゃってる感じになっていますが、案外、下の子の方がその恩恵に預かってたりするような気がするので…。
下の子に申し訳ないと思うのではなく、トータルで考えればOKなのかと。

あと、上の子に力を入れるのは、あながち間違ってないかも、と思ったり。
というのは、下の子は上の子の真似をしたがるので。上の子ができることは自分もできるようになりたい、と思ったり、上の子が興味を持っていることには自然に興味を持ったり(お兄ちゃんと遊びたい!という動機があるのかもしれません。女の子の割には男の子の好きそうなものに興味を示す子に育ってます)。お勉強なんかも、むしろ、したがります。

だから、子どもが複数いる場合、どの子も同じように育てなきゃ、と思わなくてもいいのかもしれないと思ったりします。
ただ、うちは年も離れてて、性別も違うから、そう思えるのかもしれませんが。
我が家では、上の子の育児と下の子の育児は別物になりそうです。
【 2014/02/08 (土) 】 教育について話そう | TB(0) | CM(2)
はじめまして^_^
今秋、娘の小学校受験をサラリーマン家庭で控えている(笑)kyumiと申します^_^
受験についての内容はもちろん、他の記事についても意味深く考察されており、とても勉強になります。
場所見知りが強い娘の受験準備の段階で弱気になってしまう出来事が続き、暗中模索状態でした。そんな時にこちらのブログと出会い、道筋を立てられたような安堵感がありました。本当に感謝しています。
ご子息の成長される姿、取り繕わない自然なお姿や考え方、これからも更新を楽しみにしております^_^
時節柄、寒暖差がございますのでお体を大切にお過ごし下さいませ。
【 2014/04/06 (日) 】 編集
kyumiさまへ
はじめまして。丁寧なコメントをありがとうございます。
身辺のことを書き散らしているだけのブログですが、後進の方が少しでも参考にしていただけているのでしたら、嬉しくなってしまいます。

小学校受験は親の受験でもありますので、極度の心労もつきものかと思います。
無理をなさる必要はありませんが、自分なりの精いっぱいを尽くすことが、長い目で見ると後悔なく、家族の良い思い出にもなると思います。
感受性の強い娘さんが、お受験の経験とご家族の温かい見守りの中で力強く成長していかれますように。
【 2014/04/06 (日) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。