イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年の育児の目標

・・・ってなんちゅうタイトルだと思うでしょ?
「育児の目標」ゆうて。しかも「今年の」て何やの、て。

ある育児のニュースレターに「今年の育児の目標を立ててみてはいかがですか」って書かれてたんですよね。
それでなんとなく「私の今年の育児の目標ってなんだろう」って考えてみたんです。

結局のところ、今年の育児の目標は決められませんでした。。。
だって、第一、今年が終わった頃(2歳1ヶ月頃になりますが)、どのくらいゆきごんが成長してるか知らないんだもん。
知らなきゃ調べろ、って話かもしれないけど、毎日、今のゆきごんに対応するのが精一杯で、来年の今時点のことまで対応していられません。

でも、一応、育児の目標、みたいなものは持ってるんですよ。
で、今日は、その話を書いてみます。


まず、一番大枠の話ですが、育児の成功って何?っていうところ。
まあ、子どもを育てるのに、成功だの失敗だの、勝ち組だの負け組だの、勝ち犬だの負け犬だの、言いたくないのですが、でも、やっぱり最終的に子どもがどうなっているのがGoodで、どうなっているのがBadか、という判断基準は持ってた方が、日々の育児方針も立てやすいと思うので。

で、私が考えたのは。
「彼がが死ぬときに『生まれてきて良かった』と思ってくれること」。
いや、本音は、『お母さん、産んでくれてありがとう』なんだけどね(苦笑)。そこまでは望むまい。
いろいろ考えたんだけど、これに尽きると思っています。

で、そのために、今、しなきゃいけないことは何かというと、「生きる力」を身につけてあげることだと思うのね。
どういう状況になっても、何とか生きていける基礎能力、と言いましょうか。

その「生きる力」って何かというのが、また難しかったりするのですが、今、私が思ってるのは、こんなとこ。
・精神面での前向きさ、タフさ
・正しい生活習慣(規則正しい生活、自分の身の回りのことができること)
・コミュニケーション能力(自分の言いたいことを他人に伝えられること、必要な情報を理解できるリテラシー)
・・・ということで、こういうことが身につけるようにしてあげるのが、私の育児の目標、ということになるのかな。

このうち、今、特に大事だと思うのが、「精神面での前向きさ、タフさ」です。
この世に生まれて歩み始めたばかりの生命にとって、日々の刺激が精神面の根っこのところを育んでるんだろうと思うから。
まあ、生まれ持った性質と言うのも確かにあると思いますが、環境による影響もあると思うので、母親としては、彼の精神が伸びやかに育つように環境作りを整えてあげたいところ。

私自身が日々接する態度だったり、彼の意思を尊重するのびのびした方針の保育施設だったり、彼を愛してやたらとかわいがる親バカとも言える父だったり。
そういう環境に囲まれて、明るく伸びやかに育ってほしいなあ、と思う。

(そんな私自身は、日々、ちゃんと彼と向き合って、それなりの態度で接してるか、そんなに自信があるわけではなくて、これ日々反省、なのですけど^^;)

ということで、今日のテーマは、育児の目標についてこう思う、なのでした♪


**************************:
ちなみに、以前、早期教育に興味があったころもあったのですが、今はそれほどでもなくなりました。
ただ、機会を見つけて、「働きかけ」は続けたいなあ、と思っていますが。

早期教育に対する興味のきっかけになった本と、早期教育に興味が減ったきっかけになった本を紹介しておきますね。


興味のきっかけになった本はこちら。
幼稚園では遅すぎる―人生は三歳までにつくられる! 幼稚園では遅すぎる―人生は三歳までにつくられる!
井深 大 (1999/09)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る


興味が減ったきっかけになった本はこちら。
警告!早期教育が危ない―臨床現場からの報告 警告!早期教育が危ない―臨床現場からの報告
高良 聖 (1996/09)
日本評論社

この商品の詳細を見る

ただし、早い時期に働きかけをすること自体が悪いという記述はどこにもありません。良くないのは、親が入れ込むあまり、結果がでないことで子にあたったり、他の子との競争をあおったりすることが良くないみたい。


今の私自身の育児について、大きな影響を受けている本は、こちら。

子どもの心の基礎づくり―乳幼児期の5つのチェックポイント 子どもの心の基礎づくり―乳幼児期の5つのチェックポイント
石田 一宏 (1993/10)
大月書店

この商品の詳細を見る


5つのチェックポイントは、次のとおりです(目次より抜粋)。
1.好奇心、育ってますか?
2.子どもに安心感与えていますか?
3.感動できる子どもにしたい
4.自分の頭で考える子に
5.生活者として自立させたい

この5つのチェックポイント、そうなのよ~、そういうことなのよ~、と思ってるのですが、みなさまはどう思われます?

あと、シアーズ博士の考え方も共感しましたね~。

シアーズ博士夫妻のベビーブック シアーズ博士夫妻のベビーブック
ウイリアム シアーズ、マーサ シアーズ 他 (2000/10)
主婦の友社

この商品の詳細を見る


シアーズ博士のことは、gooベビーの中の記事「シアーズ博士夫妻からママへのメッセージ」で勉強しました。
赤ちゃんとの絆作りを大事とする考え方です。
【 2007/01/26 (金) 】 教育について話そう | TB(0) | CM(7)
「彼がが死ぬときに『生まれてきて良かった』と思ってくれること」。

そうですね
ほんとそう思います
少しでもそう思って欲しい

そう思えるということは
幸せ って事ですよね

息子には息子のじんせいがあり
私はそのお手伝いを途中まで
することが出来る

あまり過保護にならずに・・・・

色々あるんだろうな これからきっと
と思う今日この頃です

【 2007/01/27 (土) 】 編集
ekoさんへ
>息子には息子のじんせいがあり
私はそのお手伝いを途中まで
することが出来る

↑この言葉、素敵ですね。
子どもを育ててる、と思ってても、実は彼自身が勝手に育っちゃってると言うか。彼自身が自分の人生を歩めるように手助けすることしかできないんですよね。母は。

「彼がが死ぬときに『生まれてきて良かった』と思ってくれること」。というのは、彼が自分の人生を幸せに感じてるということもありますし、彼がさまざまな岐路で主体的に自分の人生を選択し、納得のいく生き方をしてほしい、という意味も含んでるかなー。
【 2007/01/28 (日) 】 編集
すごいいろいろ考え、本とか読んでるんですね~。
私なんて全然何も考えてなくって取り合えず息子に一番望むのは
「人の気持ちがわかる子になって欲しい」です。

それ以外のことって。。まだまだこれから先たくさん悩むだろうから
今はいいかなと何も考えてません・・(^▽^;)
習い事なんかも全然・・。母親失格かしら?(;^_^A
【 2007/01/28 (日) 】 編集
私も正直、子供の1年後が想像つきません。
1歳から9ヶ月でもかなりめまぐるしく成長したので
まったく分からないですよね。

「精神面での前向きさ、タフさ」
↑うーん、まさにそうだなぁと思います。
会社でのストレスに立ち向かうにも
必要ですよね。

私はもう、無事に大きくなってくれればいいです。
未熟児で生まれたとき、それだけを思ったので。
英語は早めにはじめたいけれど
それも教育というより遊び感覚でやりたいなと思っています。


【 2007/01/29 (月) 】 編集
Aquamarineさんへ
そっかー。
私の周りはいろいろ勉強してらっしゃる人が多くて、私なんかあんまり考えてない方かなーと思ってました。
習い事もなんかしてあげたほうがいいかな、と考えてはいるのですが、実際時間が捻出できる自信がなく、何にもやらないまま時間だけが過ぎて行く・・・ということになっちゃうかもしれません。

「人の気持ちがわかる」っていうのも大事ですよね。
最近は変な事件が多いですけど、それって他人の気持ちに対する想像力が欠けてることが一因ですもんね。

【 2007/02/02 (金) 】 編集
くまななさんへ
「精神面での前向きさ、タフさ」
本当にねー。これがあれば、海外で生活しようが、金銭上の困難にあおうが、他にもハハが想像する以上の環境下におかれることもあろうかと思うのですが、なんとかやっていけると思うんですよねー。会社のストレスもそうですよね。
これからの世の中、何があるかわからないので、スキルを身につけてあげるよりもまずマインド面のたくましさを育んであげた方がいいような気がしてるのです。

きっと本当に大変な出産だったのでしょうね。
無事に大きくなってくれればいい、という言葉に、くまななさんの強い想いを感じます。

私も英語、やってあげたいと思ってます。
英語をなんらかの形でやってあげてるご家庭、結構多いですよね。
【 2007/02/02 (金) 】 編集
2009年10月、現在の思い
過去記事にセルフコメントです。

「彼がが死ぬときに『生まれてきて良かった』と思ってくれること」。
このことを考えたことはすごくよくって、その後もずっと育児の指針になっています。

ただ、そのために何が必要か、という点は、現時点では、少し変わってきていて、今は
「自分の頭で考えられること」
と思っています。
だから、与えすぎないことが大事、と思っているかも。

この記事で書いている3点については、
・精神面での前向きさ、タフさ
 →これは、ある程度、育ってるかな、と思っています。何より「自分のことが好き」で、「パパとママとミッフィちゃんとプーさんとずっと仲良くしようね!」と言うような子なので、そんなに後ろ向きではないですし。精神的にタフかどうかはわかりませんが、言われたこと、やられたことにいちいち折れるような子じゃないので、まあいいかな、と。
・正しい生活習慣(規則正しい生活、自分の身の回りのことができること)
→うーん、イマイチかも。夜は10時就寝になっちゃってますし。自分の身の回りのこともそんなにできてないような。甘えん坊だしなー。
・コミュニケーション能力(自分の言いたいことを他人に伝えられること、必要な情報を理解できるリテラシー)
→これはそれなりに身につきつつあるように思います。今の時期(4歳前)は、子どもの話すことを子どもの目線にたってよく聞いてあげればいいのかも、という気がしています。
【 2009/10/25 (日) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。