イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アトピーと診断されて1年

この記事が公開される頃には、ゆきごんがアトピー性皮膚炎と診断されて1周年の頃となっています。
ということで、今回の記事は、この1年間をふりかえってみて、という内容で書いてみたいと思います。

(アトピーと診断された時の、お先真っ暗な気持ちの記事はこちら。)

ふりかえってみて、この1年間でハハとしてがんばったこと、それはなんといっても食事です。
毎日キッチンに立って、朝・昼・晩の食事を準備する。
それが1年間ほとんど休みなく続けることができるとは、ゆきごんが生まれる前の私には想像もできなかったことです。

実践しているのは除去食&回転食(授乳中につき、母子とも)。
ゆきごんのアレルゲンと疑われるものは口にしない。また一般にアレルゲンになりやすいもの(抗原度の高い食材)はなるべく口にしない。それからゆきごんが食べて大丈夫な食材でも、新たなアレルゲンになることを防ぐため、毎日は食べない(例えば、ある食材を1日食べたら、次回は数日空けてから食べる)。
はっきり言って、粗食です。卵・牛乳は一切使いません。肉も、週に一度登場するかしないかの頻度しか使いません。小麦もNGです。必然的に和食、それも最近の和食ではなく、日本の伝統的な和食です。(改めて和食のレシピ本を見るとわかるのですが、最近の和食は卵や肉を利用する料理が多いですから。)

そんな生活ってかわいそうなのかしら?

おじいちゃんなんかは「かわいそうになー」と言います。「いろいろおいしいものを食べられなくて」。
社交的には、ちょっとつらいと思います。もう少し大きくなってからいろいろな問題に直面することと思います。大人の私ですら、時々さみしいと思いますから。

食べるの大好きっ子の我が子が、食物アレルギーなんてかわいそう、と思うことも正直あります。
が。それは私の思い違い。
アトピー体質&食物アレルギーのゆきごんは、かわいそうなのではなく、
ゼータク
なのです。
だってだって、汚染されていないこだわりの安全食材を調達させ、母親を自らの専属のコックにさせ(それも1日たりとも休みなしの)、環境も整わせ(天然素材の服、タオルとか、せっけんとか)、一昔前の不便だけど安全な生活を余儀なくさせる・・・、現代のニッポンでここまで安全にこだわって生活するなんて、アトピー等の病気持ちか、さもなくば、純正な健康マニアでなければできません(笑)。

この間、保育園の栄養士さんとお話してて気づいたのですが、うちの子、偏食がないの。どうしても食べれない野菜ってないんですよね。
にんじんもピーマンも玉ねぎも食べるし、まあ、青菜はあんまり好きじゃなさそうですけど、でも食べないっていうことはない。
魚・肉は大好きだし、きのこ・豆・いもなんかは大概好き(回転食の対象となっている範囲で、ですが)。
びっくりなのは、ぬかづけや納豆が好きなこと。この辺は、大人にならないとその魅力がわからない食材かと思っていましたが、意外と好きなのね。
それってなんでかというと、フルーツや市販の甘いおやつを食べさせてないことかなー、と思うんですよね。要は、普通の子どもさんが好きな甘味を口にさせてないからじゃないか、と。おじいちゃん・おばあちゃんが来ても、お菓子、拒否ですからねー。
逆説的ですが、食物アレルギーであることによって、彼は健康面と味覚のまともさが守られている、のだと思います。
「食は命なり」ってCMもありましたが、確かに人間の体は摂取する食物からできあがっているのであって、日々の食事の質を確保することは健康に直結しますからね。

ゆきごんのアトピー体質には私も感謝しなければならないかもしれません。
それは、母の食事をまともなものにしてくれたわけですから。先ほどから、「粗食」と書いてますが、それは決して貧食ではなく、むしろ自然の恵みをダイレクトに感じられる豊かな食生活と言ってもよいと思うのです。
それまで普通と思っていた食生活が実は毒された食生活だったということ、そのことをゆきごんがアトピー性皮膚炎という症状を通じて、体をはって教えてくれたのだと思っています。

というわけで。
アトピー性皮膚炎と診断されて、いろいろ大変な目にあっていますが、それは必ずしも悪いことばかりではなく、健康と生活の問題に目を向ける大きなきっかけとなったわけで、そういう意味では、良いところもあったかな、と思うのでありました。

皮膚症状の方は、ずいぶん落ち着きました。
でも、まだ少し残っています。
それに症状が落ち着いてもアトピー体質であることには変わりがないので、今後とも慎重に生活をしていかなければなりません。
これからアレルギーマーチということもあると思うんですけど、まあ、そこはこの体質と気楽に気長におつきあいしていかなきゃなーと思う今日この頃です。
【 2007/03/30 (金) 】 アレルギー&生活改善 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。