イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シャトルシェフの利用; うちの場合

この2月にシャトルシェフという調理器を買いまして。

このblogの読者さんにはおなじみの調理器かもしれないんですけど、あらためて紹介をすると、シャトルシェフというのはサーモス社の製品で、「調理鍋」とそれを保温する「保温容器」から構成される保温調理器具です。
短時間火にかけた後に保温して、余熱のチカラで食材に火を通す、保温調理という方法で料理ができる、というもの。

ほしいかも、と思って、実際に買うまでは結構時間がかかったのですが(実際に買ったときの経緯はこちら^^;)。
買ってみると、結構、便利なことがわかりました。
以前、シャトルシェフ、持ってるけど、使いこなしてない、というコメントをいただいたこともありましたので、うちでどういう感じで使ってるか紹介してみたいと思います。

★ディナーのおかずを昼食後にささっと仕込む (or ランチのおかずを朝から仕込む)
 例えば、午後外出する場合。帰宅してから、夕食の準備をするのはおっくうだぞ、という見込みが立っている場合。
 適当に切った野菜と適量の水を調理鍋に入れ、軽く味付し、火にかけます。沸騰して5~10分して、保温容器にセットするところまでやっておいて、外出。帰宅する頃には、とろとろに煮込まれたおかずが1品下ごしらえされてる、という按配です。カレーやシチュー、ポトフなんかが素敵かと思います。
 主に週末の利用です。シャトルシェフの保温時間は6時間くらいまで(それ以上の時間だと、腐敗が始まるので、朝仕込んだものを夜まで持たせるということはしない方がいいらしい)。ワタシもワーキングマザーなので、平日はこういう利用法はできないのですが。
 
★ごはんを炊く
 付属のレシピブックにごはんの炊き方が載っていたので、それに忠実に作っています(沸騰8分+保温15分+蒸らし15分)。量は1カップとか、少なめですが。
 おいしく炊ける時と、失敗する時と両方ありました。火にかけるのはちょっと難しい。レシピどおりに作ろうとしても、強火すぎるとオコゲができてしまうし、水分が早くなくなってしまって芯が残ってしまう時もあるし。だから、ほったらかしにしとけばOKというシャトルシェフのメリットはあまり生かせないのですが、うまくいけばふっくら仕上がります。
 臨時的に炊飯器を使わずにごはんを炊く、というときに、知っておいても良い使い方です。調理鍋のふたが透明なので、ごはんの炊き上がる様子を観察できるのも、楽しいっちゃ楽しい。
 子ども用のごはん(我が家の場合、低アレルギー米のごはんを親用とは別に用意する必要があるのです)に使っていました(過去形なのは、保育園に毎日持参する必要ができてきたので、今は、子どものごはん用に炊飯器を購入したからなのです)。 

★長時間煮込む方がおいしい料理を作る
 おすすめは、ふろふき大根。普通に40~60分煮込みをすればやわらか~いふろふき大根ができあがってくれますが、赤ちゃんのいる家庭なんかでは、そんなに長時間火にかけっぱなしにしている間に、赤ちゃんがどんな事件を起こしてくれるかわかりません。こういう場合、普通に作るよりも、火にかける時間が短く、あとはほおったらかしておいてもどんどんやわらかくなる保温調理が断然おすすめです。
 他にも、肉じゃがとかもおいし~く作れます。
 シャトルシェフ、煮込み料理は失敗知らずです。

★一度に多品目の料理を作るときに使う
 うちでは、平日は普通、朝のうちにその日一日の料理を全部作ってしまいます。
 日によっては、いっぱい作りたい料理があるけど、コンロが足りない、という見込みが立ちますので、その場合は、煮物・汁物などにシャトルシェフを使います。早い段階で、シャトルシェフで仕込みをしておいて、保温容器にセット。そうすると、コンロで煮込み続けなくても良いので、別の料理にコンロを使えます。
 それに、火から離しておいても、食べる時にあったかい料理が準備できているのも、ありがたいです。

【 2007/04/30 (月) 】 主婦として&家事のこと | TB(0) | CM(2)
シャトルシェフ、使ってみたいと思えど
使いこなせるか不安で躊躇してます。
保温時間6時間なんですか。
もうちょっと持つと平日も使えそうですが、休日にしか使えないと厳しいかなぁ。
でも煮込み料理が簡単にかつ美味しくできるのは魅力ですよね!

さちまねきさん、朝、全ての料理されているんですか。
すばらしい・・・
【 2007/05/01 (火) 】 編集
ななさんへ
私も買うまで躊躇しました(笑)。

保温時間6時間、というのは、人から聞きかじった情報だったので、改めて手元の取扱説明書で確かめてみたところ、8時間、とのことでした。

休日しか使えないのはもったいないですけど、あったらあったでいざというとき役に立つツールだとは思いますよ!

以下、参考までに取扱説明書の記述です。

長時間の保温はしない
料理が腐敗する恐れがあります。
8時間を目安にもう一度火を通すか、調理鍋の料理を冷蔵庫へ移してください。
【 2007/05/02 (水) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。