イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「子どもの声は騒音か?」

先日(7月30日)の日経新聞の夕刊の生活面の記事に怒りを覚えたのは、私だけだろうか。
「子どもの声は騒音か?」とした記事である。
子どもというのは、騒ぎながら、健全に成長するものではないのか?
映画館で騒ぐのがうるさい、落ち着いた雰囲気のレストランで騒ぐのが場違いだ、というような場を区切ったうえで、子どもの騒ぐ声を騒音とするなら、そのとおりだと思う。
しかし、子どもが普通に生活している場でそれを騒音というのは、了見が狭いと言わないか?

もっと恐ろしいのは、この記事が、日経新聞のこのページに掲載されたことだ。このページは、ワークライフバランスのことや、子どもと育つ等の記事が載っている、中立的な立場の生活欄だと認識している。その欄に子どもが騒音だと感じる人もいるのだということを知っておかなければならない、と呼びかけているのだ。
これには参った。
これは、子どもと子どもを育てる環境を、マイノリティと捉えているゆえの提言だと思う。

誰かが子どもをうるさいと感じるのは自由だ。事実、うるさい。私だってそう思う。

しかし、拡声器を使って騒いでいるとかならともかく、普通の住宅街で、地声で、子どもたちが遊んでいる声を、とやかくしたいと思うものだろうか?

この記事の締めは、「ある児童館が立て直しに際し、外に音が漏れないように緊急時以外は窓を閉め切ることで、運営する自治体と住民の意見が一致。子どもが冷房が聞いた部屋でドッジボールを楽しみ、苦情も全くない」というもの。そして、「子どもの声は『天使の声だ』と押し通すのではなく、周囲の住民に配慮することが結果的に子どもの遊ぶ環境を守ることになる」という識者のコメントで終わっている。

子どもを隔離して問題を解決しているということだ。
【 2008/08/01 (金) 】 ハハもお勉強 | TB(0) | CM(6)

子育てに関する名言

「おばあちゃんに聞いたらくらく名言集」という本を読んでみました。

おばあちゃんに聞いたらくらく子育て名言集おばあちゃんに聞いたらくらく子育て名言集
(2008/02)
城ノ内 まつ子

商品詳細を見る


この本は、子育てに関する名言を紹介しつつ綴るエッセイ。
知らない名言がいろいろあって勉強になりました。
そして、育児のことって、奥が深いんだな、(一人しか育てていない)私の知らない苦労がいろいろあるんだな、あったんだな、ということがわかりました。

これは覚えとこう、と思った名言は、
・三ヶ月は乳親に
・子持ち夜半分
・髪の薄いは丈夫な子
・垢に食われて死んだ者はいない
・抱けば抱きぐせ、泣けば泣きぐせ
・猫払うより皿を引け
・知恵の早すぎる子は短命
・子宝すねが細る
・3人育てて初めてわかる
・子は三歳までに親孝行しつくす
・千の蔵より子は宝
・時旬を待て
・子は神様が育ててくださる
・まずは心、次に体、最後に頭
・米作りは八十八度手がかかる
・親ほど勝手なものはない
・しつけはしつけ糸
・子にすることを親にせよ
・・・ですかね。
(多いですね~。目次の3分の1以上抜粋してしまいました・・・^^;)

私は育児友達も少ないし、情報通ではないし、いろんなことを知らないな~、なんて思いました。

以下、名言ごとに、思いつくままコメント。
【 2008/06/07 (土) 】 ハハもお勉強 | TB(0) | CM(4)

うちの子、吃音か?

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【 2008/05/31 (土) 】 ハハもお勉強 | TB(-) | CM(-)

「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」

※2008年4月17日追記しました。
**********************************
環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks)環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks)
(2007/02)
武田 邦彦

商品詳細を見る


同僚が雑談で、そういう本があって、結構環境問題っていわれてる通りのことじゃないこともあるらしいですよー、なんてしゃべってたので、気になってた本です。
タイトルも「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」とえらい挑発的ですしね。

著者のプロフィールは「中部大学総合工学研究所教授」、「日本工学アカデミー理事」、「内閣府原子力安全委員会専門委員」、「文部科学省科学技術審議会専門委員」。
・・・素人の私にはどれだけすごいのかさっぱりわからないのですが^^;、きっとそれなりの権威がある方なんでしょうね。

で、感想ですが、本当に私が知らないことがいろいろ載っていて、勉強になりました。
表題の「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」の答えは、はしょって言うと、「地球にやさしい」という名目には誰も反対できないから、ということらしい。
そして、「環境問題」をより問題視するためにマスコミがでっちあげてきたことや、「地球にやさしい」という名目で行われている意味のない行為のこと、そして、その行為の裏で利益を得ている人たちのことを紹介しています。

著者いわく、「環境問題」の本当の問題は、「石油の枯渇」および「食糧問題」ということです。
【 2008/04/12 (土) 】 ハハもお勉強 | TB(0) | CM(5)

気持ち悪かった食品のおはなし

以前もこのblogで食品添加物をテーマにした記事を書きましたが、最近、食品添加物をテーマにした勉強会に参加する機会があり、行ってまいりました。

以前、勉強してたこともあり、内容自体はおおむね聞いたことのあることだったのですが、今回、初めて、「食品添加物を使って無果汁ジュースを作る」過程を拝見することに。

「これは水です」
「ここにクエン酸を入れます」
「ここに保存を良くするためにリン酸塩(だったかな、覚えで書いているので違う添加物だったかも)を入れます」
と、試験管に白い粉を次々と入れていきます。
「ここで砂糖を入れます」
と入れたのは、砂糖。粉類の中で一番多量だったのが、この砂糖でした。
「ここでXXX(名前忘れた。赤色X号とかそんなヤツだったかも)を入れます」
と茶色っぽい粉を少量入れると・・・、あらあら、水が、黄色と言うかオレンジ色に変色。
「そして最後に香料を入れます」
と、ごくごく微量の香料を入れてました。

そして、できあがり♪

「誰か飲んでみます~?」と言われて、結局全員のところに少量ずつ紙コップが回ってきたのですが、製造過程を見せられて、これを飲む気はしないですよね。

だって、これはどう考えても、「色付き香りつき砂糖水」ですから。

もっというと、「人工着色料付き、人工香料付き、よくわからない保存料付き、砂糖どっさり砂糖水」ですから。

見た目、味は、炭酸抜きファ○○です。

えーん、気持ち悪い、気持ち悪いものみちゃったよー。


で、ビジュアルを見て、気持ち悪くなって、行動できなくなった話をもうひとつ。
【 2008/02/29 (金) 】 ハハもお勉強 | TB(1) | CM(0)

「おいしいハンバーガーのこわい話/Chew on This」

おいしいハンバーガーのこわい話おいしいハンバーガーのこわい話
(2007/04/24)
エリック シュローサー

商品詳細を見る


授乳中のわが子が食物アレルギーだったため、外食生活ができなかった私。
(食物日誌をつけて、口にしたものをすべて原材料ベースで記録していました。外食すると、卵等のアレルギー食品を知らずに口にする恐れがあるし、原材料がすべてはわからないので、外食ができなかったのです)

もともと苦手だった自炊生活を続けるため動機付けのためにも、この手の「便利な食卓はこんなにこわい!」的テーマの本を、時々読むようにしています。

さて、本書は、もともと「ファストフードが世界を食いつくす/Fast Food Nation」という著書を全米ベストセラーにしたエリック・シュローサーさんが、その後の最新情報もふまえて、子供向けにわかりやすく書き直したものだということ。
まあ、最新情報も盛り込まれてて、子供向けなら、本書さえ読んでおけば、ワタシ的には足りるかな、と思いつつ、読み始めました。
【 2007/12/21 (金) 】 ハハもお勉強 | TB(0) | CM(0)
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。