イクジな日々、おシゴトな時間。

「会社での仕事」そして「育児」という2つのおシゴトに追われながらも、「子の成長」そして「私自身の成長(いわゆる「育自」^^)」を楽しんでいきたいと考えている、Working Motherが綴るblogです。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女の子の愛情、男の子の愛情

時に「ママ、だいすき~」を連呼するわが娘。
小さい子に「だいすき~」と言われると、それだけでとろけて背骨がぐにゃりとしてしまいそうですが。
そんな娘を見てると、自分の娘時代も、そうやって愛情いっぱいだった時代があったかなあ、と思ったり、いろいろ考えます。

女の子の方が、男の子に比べて、生まれつき、愛情深いかもしれないなあ、と思いました。
誰かを好きにならないと生きていけない、っていうのはあるかもしれない。
私も、大好きな家族がいてくれるから、生きていけるのかなあ、ってよく思う。
それを声にするかどうかはともかく。

でも、女の子の愛情っていうのは、計算高いかも、とも思いました。
計算高いんだけど、それは本能的な計算高さかも、と。
例えば、「何か買ってくれる」とか、「優しくしてくれる」とか、相手が持っているものを含めての「好き」なのかもしれないなあ、と。
男の子は、それを「計算高い」と言って、批判するかもしれないけど。
でも、それは計算ずくでやってる計算ではなくて、女の子が本能でやってる計算なのよね。いちいち計算機にメリットを入力して、なにかと比べて得点の高い方を選んでる、という打算的な感じじゃなくて、天秤にメリットを載せていくうちに好きという気持ちに自然とバランスが振れちゃうようなイメージなんじゃないか、と。

言語能力も、基本的に女の子の方が高いような気がするものね。
男の子だって、いろいろなことを思ったり、考えたりしてるけど、それは、女の子に比べれば、とってもユニークでオリジナリティあふれるものだったりするけれど、それを表現する能力に欠けてるのよね…(わが息子)。あと、結構、ワンパターンだったり(こだわり?)。
うまく表現できないから、マグマを溜めてるようなところはあるかもしれないけど…(時に、不必要に大声出したりとか)。
うちの上の男の子も、機会があれば、いまだにベタベタしてきますが、本当はスキンシップ大好きなのに、成長するにつれてだんだん恥ずかしいことみたいになってくるから、「好き」という気持ちを伝えるのに、ますます躊躇しちゃうのが男の子の性なのかもしれません。

いやいや。女の子も男の子もかわいいですよん。

【 2015/09/03 (木) 】 ハハの気持ち | TB(0) | CM(0)

男の子はすぐ叩く?

年中さんくらいの男の子って、結構、すぐ他の子を叩いたりするものなのかしら。

最近のある日、娘の保育園に早めにお迎えに行ったのですが。
その時だけで、娘のクラスの男の子が他の子を叩くところを3回目撃しまして。
(全部別の子です。また、全部違う状況です。)

驚きました。。。
いや、この年頃の子は、言葉がうまく使えないから、すぐ手が出る、とか、保護者懇談会のときに説明は聞いていましたけど。。。
【 2015/08/29 (土) 】 女の子ママとして | TB(0) | CM(0)

中学受験塾に行かせるべきか否か(矛盾する思い)

小学校3~5年生を持つ親御さん(特に近隣に国私立中がある地域)は、「中学受験」という言葉に心がざわざわする方が多いのではないかと思う。私もそうです。

ただ、中学受験準備をしようと思えば、年間百万円は受験対策塾に支払う必要があるとの通説のようで。
「年間百万円」が家計に痛くないご家庭は、中学受験への道を躊躇なく選んでいただければ、と思うのですが、うちの家計から見ると、これは高い負担だが不可能ではない、という認識。だから、心がざわざわするんでしょうね。

さて、「中学受験」という言葉に、心がざわざわするのは、私のように「中学受験」準備の世界に飛び込んでいない親であって、もう覚悟が決まっている親御さんは、それとは違う心もちで日々を送られていることと思います。本当にそれは邁進していただければよいと思っていて、それに対して口出しをする気は全くありませんし、むしろ尊敬しているくらいだということを先に明記しておきます。これから書きますことは、私が置かれた環境において、自分がどう選択すべきか、ということについて考えを整理するつもりで書いているのであって、そうでない選択をした方たちへの批判ではないですので、ご承知おきを…。
【 2015/08/25 (火) 】 教育について話そう | TB(0) | CM(0)

兄妹でかける教育費が違うこと

今年の夏は暑かったですね~。やっと落ち着いてきたころでしょうか。
久しぶりに記事書きます。

うちは、兄妹でかける教育費に差が出てしまいそうな気配です。
まあ、大学卒業までのトータルではわかりませんが、少なくとも小学校くらいまでは。。。

時々ネットの掲示板とかで見るのですが、教育費に差をつけるのはよくない、って考えは結構あるようですね。
それについて、思うこと…。


【 2015/08/20 (木) 】 教育について話そう | TB(0) | CM(0)

小学4年生、夏。

うちの子、小学4年生男児ですが、最近、順調に成長してるかも、と思います。
学童保育所が3年生までなので、4年生の夏休みのことをすごく心配してきました。
いや、そのことはまだ今も心配なのですが、でも、やっぱり3年生までとは違うかもしれない、と思う。

ひとつは、お手伝いをしたり、自分で自分のことをすることをあたりまえと思うようになってくれたような気がします。
【 2015/07/25 (土) 】 教育について話そう | TB(0) | CM(0)

弱気なこのごろ

最近、体力が衰えてきているな、と思います。
年齢的なものもあると思いますし、一時的なところもあるかもしれない。
ただ、体力が衰えてきていると感じると、精神力も弱くなってくることを実感しています。
私はいつまで生きているのかしら、なんて思う。
でも、2人の子どものことを考えると、この子たちが大きくなるまでは死ねない、とも思う。
子どもたちを出産していて良かったな、と思う。あなたが私たちのところに来てくれてありがとう、と思う。私のために。

そういう言葉の綴り方は概念的に知っていて、それに従って、今、私は文章を紡いているだけなのかな、とも思うけど、でも、目の前に実際に子がいると、実感も伴う。
私は、母親として、他の女性と比べればスキル的に大したことはないかもしれないけど、それでも、やっぱり自分の子どものことは誰とも違うことまで知っているはずで、愛情、というものかどうかわからないけど、思い入れが誰よりもあることは間違いないわけで、やっぱり彼・彼女たちの根っこのところに私がいた方がいいと客観的に思うし、私もそこにいたいと主観的にも思う。

仕事もし、育児もしていると、また家事のこともあるのですが、毎日いろいろやらなければならないことがあり、でも、思い通りに時間がとれず、また、貴重な時間を非効率に使ってしまう、自分の無力さに落ち込み、他の人の私に対する態度に落ち込んだり、または何かの一言に嬉しくなったり、そういうふうに簡単に他人に感情をアップダウンされたり、いろんなタイプの人に接して、そういう見方もあるかとか、ああはなるまいとか、気づきをもらったり、場合によっては感激させられたり。
たぶんそういう忙しさは、誰からも求められていないことよりも、何倍も幸せなことだと思いもしますが、やっぱり疲れますし、ふと落ち込んでしまうこともある。
今は、ちょっと落ち込み気味な感じです。

それでも、自分なりに頑張っていかなきゃいけないんですよね
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

さちまねき

Author:さちまねき
地味系ワーキングマザーが、ハハとしての想いや、お仕事との両立のこと、子供の成長レポート等、身のまわりの話を背伸びせず書き綴っています。

家族構成
★私(42歳♀)
  :事務職のフルタイムワーカー。2005年に男児、2010年に女児を出産。
★ダンナorパパ(4?歳♂)
  :外のお仕事も家のお仕事も頑張ってくれています。
★息子(8歳♂)
  :2005年生。食アレっ子ですが、食べられるものは増えてきました。
★娘(3歳♀)
  :2010年生。いつのまにか成長している我が家のお姫様。

良い記事がありましたら、"拍手"ボタンをクリックください。
励みになります。

---------------------------
twitterやってます。

日常生活からのつぶやきは
@sachimanekiで。
twilog(sachimaneki)

ニュース等に対するつぶやきは
@scmnk_clipで。
twilog(scmnk_clip)

最近は気軽さから、twitterが投稿の中心になっているような。
---------------------------
別blogで気まぐれに料理メモを残しています。
手料理/一期一会2





検索フォーム
ブクログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。